散歩の楽しみ方に気づく
30のポイント

12
4

博物館は、
歩かされる散歩スポット。

博物館は、歩かされる散歩スポット。 | 散歩の楽しみ方に気づく30のポイント

私は、昔から博物館が大好きです。

東京にはたくさんの博物館があるので、週末には博物館巡りに出かけます。

人にもよると思いますが、私だけでしょうか。

普段の生活では、まずお目にかかれないような一品が、数多く並べられていることに興味を引かれませんか。

場合によっては、何百年前もの大変古い歴史的な一品を見ることがあります。

妙に、わくわくします。

私だけでなく、知的好奇心が旺盛な人には、たまらない魅力があるはずです。

そんな博物館巡りで、気づくことがあります。

歩かされることです。

博物館は小さな箱物というイメージですが、歩かされます。

多くの博物館では、1つのフロアにいくつもの展示物が並べられている形式になっています。

すると、室内をくねくね曲がりながら歩くことになります。

部屋の広さはさほど大きくなくても、くねくね曲がりながら歩いていると、歩きます。

一つ一つの展示物を丁寧に見ながら歩いているので、立っている時間も長い。

また博物館によっては、2階建てや3階建てというところもあります。

しかも私の場合、後から気になった展示物を見返すために、後戻りすることはしばしばです。

博物館を出口から入り口にかけて、よく逆走し、警備員に変な顔をされます。

すると、歩数がさらに増えます。

しかし、です。

不思議なことに館内にいる間に限って「たくさん歩いている」という感覚は気になりません。

博物館から出た後、気づきます。

館内で展示品を見て回っている間は、珍しい展示物に夢中で釘付けになっているので、足の疲れはどこかに消えてしまっています。

意外な発想ですが、散歩の一環として、博物館に行ってみるのはどうでしょうか。

「博物館へ歩きに行く」という発想です。

歩いているという気はしませんが、自然と歩かされる場所です。

しかも自分の興味が引かれる博物館なら、歩く疲れも気にならなくなるはずです。

健康にいいばかりだけでなく、知的好奇心も満足させられるのです。

散歩の楽しみ方に気づくポイント(12)
  • 博物館へ、散歩に行く。
散歩を「メイン」にしない。
「サブ」にしたほうがいい。

散歩の楽しみ方に気づく30のポイント
散歩の楽しみ方に気づく30のポイント

  1. なぜ歩くと、疲れが取れて、元気が出てくるのか。
    なぜ歩くと、疲れが取れて、元気が出てくるのか。
  2. 歩くことは、若々しい体と脳を保つ方法である。
    歩くことは、若々しい体と脳を保つ方法である。
  3. 大都会の中の散歩だからこそ、若返りの効果も高い。
    大都会の中の散歩だからこそ、若返りの効果も高い。
  4. マスクをせざるを得ない状況で気づいた、意外な効用。
    マスクをせざるを得ない状況で気づいた、意外な効用。
  5. 「歩いている」より「歩かせてもらっている」と考える。
    「歩いている」より「歩かせてもらっている」と考える。
  6. 時と場合によって、散歩は睡眠薬の代わりになる。
    時と場合によって、散歩は睡眠薬の代わりになる。
  7. 散歩の達人は、後ろを確認してから曲がり角を曲がる。
    散歩の達人は、後ろを確認してから曲がり角を曲がる。
  8. 散歩の達人は、指を差すのがうまい。
    散歩の達人は、指を差すのがうまい。
  9. 散歩の達人のポケットには、紙とペンが入っている。
    散歩の達人のポケットには、紙とペンが入っている。
  10. 都会なら、自然による刺激を求めよ。<br>田舎なら、人工による刺激を求めよ。
    都会なら、自然による刺激を求めよ。
    田舎なら、人工による刺激を求めよ。
  11. 散歩の準備体操は、映画のオープニングと同じ。<br>省略したくてもしないほうがいい。
    散歩の準備体操は、映画のオープニングと同じ。
    省略したくてもしないほうがいい。
  12. 博物館は、歩かされる散歩スポット。
    博物館は、歩かされる散歩スポット。
  13. 散歩を「メイン」にしない。<br>「サブ」にしたほうがいい。
    散歩を「メイン」にしない。
    「サブ」にしたほうがいい。
  14. 散歩の達人は、目的に応じて歩くスピードを使い分けるのがうまい。
    散歩の達人は、目的に応じて歩くスピードを使い分けるのがうまい。
  15. 散歩の達人は、大自然と対話ができることに気づいている。
    散歩の達人は、大自然と対話ができることに気づいている。
  16. 歩きたくなるためには、歩くメリットを考えればいい。
    歩きたくなるためには、歩くメリットを考えればいい。
  17. 散歩の達人は、歩かなくていいところより、歩けるところを探す。
    散歩の達人は、歩かなくていいところより、歩けるところを探す。
  18. 散歩の達人がウォーキング・シューズにお金をかける、本当の理由。
    散歩の達人がウォーキング・シューズにお金をかける、本当の理由。
  19. 無理をしてまで歩かないのが、楽しく散歩を続けるコツ。
    無理をしてまで歩かないのが、楽しく散歩を続けるコツ。
  20. 目線を上げたり下げたりするだけで、同じ道でも変わって見えてくる。
    目線を上げたり下げたりするだけで、同じ道でも変わって見えてくる。
  21. 音楽は、テンションを最高潮まで一気に押し上げてくれる。
    音楽は、テンションを最高潮まで一気に押し上げてくれる。
  22. 冒険心をくすぐる上手な歩き方。
    冒険心をくすぐる上手な歩き方。
  23. 意外なところに見つけた、夫婦円満の神様。
    意外なところに見つけた、夫婦円満の神様。
  24. 無邪気な犬と散歩していると、自然と長距離を歩きやすい。
    無邪気な犬と散歩していると、自然と長距離を歩きやすい。
  25. 同じ時間、同じ道で、同じ人を大切にする。
    同じ時間、同じ道で、同じ人を大切にする。
  26. 「階段」と思うから疲れが出る。<br>「散歩コース」と思うと、疲れが快感になる。
    「階段」と思うから疲れが出る。
    「散歩コース」と思うと、疲れが快感になる。
  27. タオルが大げさなら、せめてハンカチを持参しよう。
    タオルが大げさなら、せめてハンカチを持参しよう。
  28. 散歩の達人は、ぶつぶつしゃべりながら歩く。
    散歩の達人は、ぶつぶつしゃべりながら歩く。
  29. 散歩の達人は、手を使って生命力を感じ取る。
    散歩の達人は、手を使って生命力を感じ取る。
  30. 散歩の達人は、いい年して迷子になることを恐れない。
    散歩の達人は、いい年して迷子になることを恐れない。

同じカテゴリーの作品

2:51

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION