出会い

話しかけるきっかけを作る
30の方法

  • 出会い方の勉強をして、
    仲良しを増やそう。
話しかけるきっかけを作る30の方法

もくじ

出会い方の勉強をして、仲良しを増やそう。

出会い方の勉強をして、仲良しを増やそう。

「あの人と仲良くなりたい」
あなたも生活をしていれば、一度はこう考えたことがあるのではないでしょうか。
気になる異性かもしれませんし、人気者かもしれません。

一番のタイミングは、出会ってすぐ。

一番のタイミングは、出会ってすぐ。

初めての人に話しかけるタイミングは、出会ってすぐです。
「おはようございます」や「よろしくお願いします」など、何でもいいから話しかけます。
お互いに話しかけないままに時間が経ち、あらためて話しかけると「この人は急に何だろう」と相手を驚かせます。

友達ができないのは、かっこつけていることが原因だった。

友達ができないのは、かっこつけていることが原因だった。

世の中には、友達を作るのが上手な人と、下手な人がいます。
上手な人と下手な人はどこが違うのでしょうか。
隣り合わせにして見比べれば、すぐわかります。

話しかける人は、10倍以上も速く、仲良くなれる。

話しかける人は、10倍以上も速く、仲良くなれる。

話しかけられるまで待つ人と、自分から話しかけていく人とでは、仲良くなるまでの時間に圧倒的な差があります。
話しかける人のほうが、仲良くなる速さが10倍も速くなります。
いえ、10倍以上といっても過言ではありません。

あなたから話しかけないから、知り合えない。

あなたから話しかけないから、知り合えない。

気になる人がいるのに、知り合えないのはなぜでしょうか。
簡単なことです。
あなたから話しかけないからです。

「話しかける理由」を、いかに見つけることができるかがポイント。

「話しかける理由」を、いかに見つけることができるかがポイント。

話しかけるきっかけを作るときの基本は「話しかける理由」をいかに見つけることができるかにかかっています。
話しかける理由をどのくらい自然にたくさん見つけることができるかが、知り合うチャンスの多さと比例しています。
もちろんこちらから話しかけることは当然です。

知らないことは、話しかけるきっかけに変える。

知らないことは、話しかけるきっかけに変える。

わからないことがたくさんあるほど、相手に話しかけるきっかけになります。
知らないことやわからないことがたくさんあると、頭が悪い人だと思い込んでいませんか。
とんでもありません。

わざと知らないふりをして、話しかけよう。

わざと知らないふりをして、話しかけよう。

話しかけるきっかけを、うまく作り出す方法があります。
「教えていただけませんか」というお願いです。
受付のお姉さん、気になるウエイター、憧れの先輩には「教えてください」という言葉をきっかけに、話しかければいいのです。

「あっ!」という驚きから、話しかける。

「あっ!」という驚きから、話しかける。

相手をたたえる言葉は、話しかけるための立派な言葉の1つです。
驚きとしてリアクションをすることは、自然で相手も聞き入れやすい言葉です。
「おや」「へえ」「あっ」という驚きから話が始まると、相手も「何だろう」と不思議に思い、話を聞いてくれます。

あなたは、お礼を言い忘れていませんか。

あなたは、お礼を言い忘れていませんか。

あなたは、友達と会ったとき、初めに何を思いますか。
「挨拶」はもちろんですが、大切なことがもう1つあります。
「何かお礼を言うことはないか」と思い出すことです。

「心配」から話しかけると、印象がよくなる。

「心配」から話しかけると、印象がよくなる。

「そういえば、この前のテスト大丈夫だった?」
「体調のほうは大丈夫?」
「気をつけてね」

「前から気になっていた」という言葉には、熟成された思いが感じられる。

「前から気になっていた」という言葉には、熟成された思いが感じられる。

先日、私は次のようなメッセージをお客様からいただきました。
何気ない言葉ですが、嬉しい感情が隠れています。
「前から気になっていたサイトです。

出会いを待っている人には、いい出会いがない。
出会いに行く人には、いい出会いがある。

出会いを待っている人には、いい出会いがない。出会いに行く人には、いい出会いがある。

人生、人はどのくらいの人と出会うのでしょうか。
10万人でしょうか。
100万人でしょうか。

デートの理想は今すぐ。
1週間以上あけないこと。

デートの理想は今すぐ。1週間以上あけないこと。

初めてあった人と、うまくデートをする話まで持っていくことができたとき、あなたは「いつ」日時を選択するでしょうか。
一番の理想的な答えは、実は1つしかありません。
「今すぐ」です。

挨拶ほど、話しかける自然な言葉はない。

挨拶ほど、話しかける自然な言葉はない。

挨拶は、知り合いにだけするものではありません。
知らない人にもするものです。
知らない人に挨拶をするから、出会いが生まれ、新たな人間関係を生み出すきっかけにつながります。

無視は、何もしないことではない。
相手に攻撃している姿勢となる。

無視は、何もしないことではない。相手に攻撃している姿勢となる。

挨拶を、知っている人にだけして、知らない人には無視をする人がいます。
「知っている人にだけ挨拶をすればいい」
「知らない人に挨拶をしても意味がない」

「教えてもらう」という姿勢を使って、上手に話しかける。

「教えてもらう」という姿勢を使って、上手に話しかける。

「わからないので、教えてください」
学生なら、勉強について、友達に教わります。
社会人なら仕事について、先輩に教わります。

「お手伝いしましょうか」と話しかける。

「お手伝いしましょうか」と話しかける。

「お手伝い」という言葉には、人間の温かい心が込められています。
仕事が忙しいときに「お手伝いしましょうか」と言われると、嬉しくなります。
重い荷物を運んでいるときに「お手伝いしましょうか」と話しかけてもらえると「優しい人だな」と印象がよくなります。

あなたが話しかければ、人生が変わる。

あなたが話しかければ、人生が変わる。

あなたが、誰か知らない人に話しかけることは、新しい出会いを作るということです。
新しい出会いを作るということは、知り合いを増やし、友達を増やします。
友達が変わると、生活の雰囲気が変わり、毎日が変わります。

自分のセールスポイントを通して、話しかけよう。

自分のセールスポイントを通して、話しかけよう。

あなたの得意技は何でしょうか。
「これが私の売りだ」といえるセールスポイントです。
得意な科目、持っている資格、得意なスポーツを生かして、相手にアピールすることも大切です。

自慢話は嫌われる。
ばか話は好かれる。

自慢話は嫌われる。ばか話は好かれる。

「侮辱されたくない」
普通はそう考え、自分のかっこいい話はするけれど、ばかな話をしようとしません。
変な人だと思われたくないため、他人をばかにすることはあっても、自分をばかにしようとしません。

心の扉は、まず自分から開けよう。

心の扉は、まず自分から開けよう。

私が学生時代の話です。
「おはよう」と先に話しかけてくれる女の子がいました。
私は昔から人見知りなので、挨拶はつい控えめになります。

異性への関心は、爆発的なパワーを生み出す。

異性への関心は、爆発的なパワーを生み出す。

「何てきれいな人なんだろう」
「一言でいいから、話をしてみたいな」
あなたには、憧れの人はいますか。

暗い話題をするくらいなら、しないほうがいい。

暗い話題をするくらいなら、しないほうがいい。

私が昔、仕事で出会った男性のお話です。
一緒に仕事をする人だと紹介されて初めてあったとき、初めに出た言葉は暗い話題ばかりでした。
「今日はだるいね」

面白い話や楽しい話が、いい話だとは限らない。

面白い話や楽しい話が、いい話だとは限らない。

面白い話や楽しい話が、いい話だと思っていませんか。
たしかに面白い話、楽しい話は、人を明るくさせますね。
ただし、必ずとは限りません。

腰を低くして話しかけよう。

腰を低くして話しかけよう。

これからお話しすることは、特に男性の方にむけたメッセージです。
男性は、心して聞いていただきたい。
初めての人に話しかけるとき、自然と印象がよくなるポイントは言うまでもなく「腰を低くすること」です。

単刀直入に話しかける手もあり。

単刀直入に話しかける手もあり。

私が高校生のころ、知り合いにアキラという男子生徒がいました。
アキラは、大の女好きで、いつも女性の話ばかり。
同じ部活でしたから、放課後はいつもアキラと会うことになり、そのたびによく女子の話を耳にしました。

「これ、いいね」と話しかけられると、嬉しくなる。

「これ、いいね」と話しかけられると、嬉しくなる。

「これ、いいね」という言葉は、幅広く使える褒め言葉です。
それも男性にも女性にも、子供から大人まで使えます。
不思議と「これ、いいね」と話しかけられて、不快になる人はいません。

面倒な人間関係だからこそ、数多くの学びがある。

面倒な人間関係だからこそ、数多くの学びがある。

面倒なしがらみは避けたいからあまり話しかけない人も、中にはいることでしょう。
「人間関係は、面倒」
「連絡を取るのが、面倒」

1人との出会いは、本100冊以上の価値がある。

1人との出会いは、本100冊以上の価値がある。

人と人との出会いは、化学反応のようです。
ある液体に、別の液体が混ざると、新しい液体が出来上がります。
赤い液体に、青い液体が混ざると、紫になります。

同じカテゴリーの作品