出会い

出会いを大切にする
30の方法

お気に入り4 読んだ
4

面白くないジョークにも笑えば、
人との距離が縮まる。

面白くないジョークにも笑えば、人との距離が縮まる。 | 出会いを大切にする30の方法

「面白いことだけ笑ってやろう」

これは、友達ができない人の考え方です。

「笑ってしまえば自分が軽く見られる。そんなつまらないジョークに笑うほど、自分はレベルが低くない」

そういう横柄さが漂っています。

面白いジョークしか笑えない人は、面白い人としか付き合えません。

面白ければ笑う。

面白くなければ笑わない。

そんな考え方を持っていませんか。

「好かれるためには面白いことを言わなければいけない」というプレッシャーさえ、相手に与えてしまいかねません。

そこで人間関係の差が出てしまいます。

人間関係を1つも無駄にしないためには、面白いジョークだけでなく、面白くないジョークにも笑うことです。

面白くないけど、笑ってしまえば面白くなります。

相手との距離が近づき、すべての人と仲良くできます。

「ジョークが面白い、面白くない」という判断基準は、そもそも捨ててしまうことです。

子供は「うんこ」だけでも、10分は笑います。

大人から見れば「うんこ」という言葉は、別に面白いことではありません。

 

しかし、そんなささいなことでも面白がっている子供だからこそ、友達をたくさん作れます。

面白くないジョークにも笑えるから、友達の輪が広がるのです。

まとめ

出会いを大切にする方法 その4
  • 面白くないジョークにも、笑う。
理解できない話をする人こそ、あなたに必要な人。

もくじ
出会いを大切にする30の方法
面白くないジョークにも笑えば、人との距離が縮まる。 | 出会いを大切にする30の方法

  1. 余命1日と思えば、すべての人が輝いて見えるはずだ。
  2. ニックネームを付けると、堅苦しさがなくなる。
  3. すべての人に好かれようとすると、逆に嫌われる。
  4. 面白くないジョークにも笑えば、人との距離が縮まる。
  5. 理解できない話をする人こそ、あなたに必要な人。
  6. 話しかける理由を難しく考えない。
    思ったことを話しかけるだけでいい。
  7. いきなり肩書から紹介をしない。
  8. 鬼のように見える人ほど、実は話しかけてもらいたがっている。
  9. 出会った瞬間ほど、話しかけるベストタイミングはない。
  10. 興味は、人に話しかけてから出てくるもの。
  11. なまりを気にして隠そうとする人は、ご先祖様に失礼だ。
  12. 夜に出会った人とはその場で終わり、朝に出会った人とは一生つながる。
  13. 100点満点のコミュニケーションを目指さなくてもいい。
  14. 割り勘より、おごったほうが、人間関係は長続きする。
  15. 電話番号とメールアドレスをもらったら、その日のうちに連絡するのがマナー。
  16. トイレ掃除のおじさんとごみ掃除のおばさんを無視する人は、成功できない。
  17. 言葉遣いが悪い人は、悪い人に思われやすい。
  18. あなたの元気は、周りの人に影響を与える。
  19. レストランの注文のとき、どこを見て注文していますか。
  20. 「何を言うか」より「何を言わないか」。
  21. ゆっくり火をつけ、じっくり温めるのが人間関係。
  22. 見方を変えれば、人も変わって見えてくる。
  23. 相手の事情を考えると、自然と人に優しくなれる。
  24. 現実の世界は、ファッションショーそのものだった。
  25. 「いつでもいい」より「あなたに合わせます」。
  26. 人付き合いが上手な人は、借りた量より多く返す。
  27. 堅苦しい雰囲気が抜けない人は、食事に誘えばいい。
  28. 用事がないとはいえ、お辞儀くらいはできるはずだ。
  29. 人それぞれの違いがあるからこそ、摩擦熱で私たちのハートが温まる。
  30. 人を評価すると、いい人と出会えなくなる。

同じカテゴリーの作品