金銭感覚

お金に好かれる人になる
30の方法

お気に入り2 読んだ
22

投資を始めるなら、
まず損をしていい金額を決めること。

投資を始めるなら、まず損をしていい金額を決めること。 | お金に好かれる人になる30の方法

ひとたび投資を始めると、いかに冷静を保つかの戦いです。

得をしたり損をしたりなど、感情を揺さぶられる連続です。

得をしているときはまだいいのですが、問題は、損をしているときです。

損をしていい金額を決めずに投資を始めると、損を続けたとき、やめていいポイントが分からなくなります。

人の心は不思議なもので、損が出ると、何とか取り戻したい気持ちが発生します。

「何とか取り戻したい」と思い始めたら、冷静さが失われつつある前兆です。

「もう少し、あと少し」と思っているうちに、損がどんどん膨らみます。

やめたほうがいいのではないかと思っても、悔しい気持ちがそれを遮ります。

気づけば、巨額の損失に陥っているのです。

投資を始めるなら、まず損をしていい金額を決めておきましょう。

冷静であるうちに決めておくから意味があります。

損をしていい金額を決めていないなら、投資を始めてはいけません。

そして、損が目安の金額まで達したら、感情は抜きにして、投資を終了します。

どんなに悔しくても、やめます。

損切りでいいのです。

自分の判断が誤っていたことを認めることはつらいことですが、必ず守り抜きましょう。

損をしていい金額さえ決めておけば、投資に失敗することはあっても、大失敗だけは避けられます。

安全に投資をするための、基本ルールです。

まとめ

お金に好かれる人になる方法 その22
  • 投資を始めるなら、まず損をしていい金額を決めておく。
無駄な保険に入っているなら、間接的に浪費しているのと同じ。

もくじ
お金に好かれる人になる30の方法
投資を始めるなら、まず損をしていい金額を決めること。 | お金に好かれる人になる30の方法

  1. 最初からお金を最重要に考えると、かえってお金を稼ぎにくくなる。
  2. 「絶対儲かる」を避けるだけで、金銭トラブルのリスクを1つ減らせる。
  3. お礼にお金を出し惜しみする人は、お金持ちでも、心は貧乏。
  4. お金を払う立場でも、偉そうにならない。
  5. お金持ちには、人と違うことをする習慣がある。
  6. 孤独に強い人は、もともとお金持ちになる素質がある。
  7. お金持ちを悪い人だと誤解しない。
  8. お金を持つのが悪いのではない。
    お金を持ったまま使わないのが悪いのだ。
  9. 特典に惑わされると、正常な思考で買い物しにくくなる。
  10. 一生賃貸であっても、自分の価値観に合っていれば、素晴らしい選択。
  11. お金に好かれる人は、長財布を持つ。
  12. お札を取り出すとき、指をなめる癖はやめたほうがいい。
  13. お札の入れ方を見れば、お金に対する考え方も見える。
  14. 働けるうちは、働く。
  15. 1円を大事にできない人は、お金持ちにはなれない。
  16. 道ばたに1円が落ちていても、堂々と拾う人がお金に好かれる。
  17. トイレットペーパーを切らす人は、お金持ちにはなれない。
  18. カードの利用限度額を、即答できますか。
  19. クレジットカードで使う金額の、1カ月の目安とは。
  20. 小さな金額でも借用書を作る姿勢と習慣が、信用を生む。
  21. 貯金より自己投資にお金を使う人ほど、将来出世する。
  22. 投資を始めるなら、まず損をしていい金額を決めること。
  23. 無駄な保険に入っているなら、間接的に浪費しているのと同じ。
  24. 感情のコントロールができない人は、お金のコントロールもできない。
  25. お付き合いで保険に入るのは、失敗しに行くようなもの。
  26. 本業を手抜きしてまで副業に手を出すと、共倒れになるだろう。
  27. この世で最もローリスク・ハイリターンの投資先とは。
  28. 100分の1の人間になる方法。
  29. 10000分の1の人間になる方法。
  30. 1000000分の1の人間になる方法。

同じカテゴリーの作品