人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
ビジネスマナー
社内の話を、社外で話してはいけない。
ビジネスマナー
失敗は、して落ち込むのではない。
して、飛躍するのだ。

かれるになる
30方法

お気に入り2 読んだ
22

投資めるなら、
まずをしていい金額めること

投資を始めるなら、まず損をしていい金額を決めること。 | お金に好かれる人になる30の方法

とたび投資を始めると、いかに冷静を保つかの戦いです。

得をしたり損をしたりなど、感情を揺さぶられる連続です。

得をしているときはまだいいのですが、問題は、損をしているときです。

損をしていい金額を決めずに投資を始めると、損を続けたとき、やめていいポイントが分からなくなります。

人の心は不思議なもので、損が出ると、何とか取り戻したい気持ちが発生します。

「何とか取り戻したい」と思い始めたら、冷静さが失われつつある前兆です。

「もう少し、あと少し」と思っているうちに、損がどんどん膨らみます。

やめたほうがいいのではないかと思っても、悔しい気持ちがそれを遮ります。

気づけば、巨額の損失に陥っているのです。

投資を始めるなら、まず損をしていい金額を決めておきましょう。

冷静であるうちに決めておくから意味があります。

損をしていい金額を決めていないなら、投資を始めてはいけません。

そして、損が目安の金額まで達したら、感情は抜きにして、投資を終了します。

どんなに悔しくても、やめます。

損切りでいいのです。

自分の判断が誤っていたことを認めることはつらいことですが、必ず守り抜きましょう。

損をしていい金額さえ決めておけば、投資に失敗することはあっても、大失敗だけは避けられます。

安全に投資をするための、基本ルールです。

お金に好かれる人になる方法 その22

  • 投資めるなら、
    まずをしていい金額めておく
無駄な保険に入っているなら、間接的に浪費しているのと同じ。

もくじ
(お金に好かれる人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品