説得力を高める
30の方法

7
18

相手の話を3度受け入れてから、
Butで反論。

相手の話を3度受け入れてから、Butで反論。 | 説得力を高める30の方法

相手の話を聞いていると「それはちょっと違うな」と思うことがあります。

特に自分の話に自信を持っている人は、当たり前であるかのように話を進めます。

しかし、納得できないあなたは、こう言います。

「でも、違うと思う」

「でも」を使って言い返します。

言い返すと相手の話を否定していることになり、多少ながらも、雰囲気が悪くなるものです。

「でも」で言い返した会話は、また「でも」と言い返されます。

一触即発の雰囲気です。

子供じみたコミュニケーションになります。

一般的なコミュニケーションの上達本では、次のような会話を薦めています。

『「そうですね」と受け入れてから「でも」と言い返せばいい』

相手の話を、まず一度受け入れて、肯定することがポイントです。

「そうですね。でも」という話し方は「Yes→But」という流れです。

一度、相手の話を受け入れています。

私も多くのコミュニケーションの本を読んできましたが、共通しています。

悪くない話し方だと思います。

しかし、これだけでは物足りません。

私はさまざまな体験を通して、さらに効果的な説得力のある話し方を見つけました。

Yesを1回ではなく、3回言います。

Yesを3回言った後に、Butと言い返す話し方のほうが、さらに相手に聞いてもらいやすくなります。

「そうですね(Yes1回目)。

たしかにそのとおりです(Yes2回目)。

私の知人も同じことを言っていました(Yes3回目)。

しかし、~(But)」。

こうしたYesを3回繰り返した話し方に変えるのです。

Yesを3回も言えば、相手の話を肯定していることを強調しますから「この人は私の話をわかってくれている」と思ってくれます。

その後にくるButも、聞いてもらいやすくなります。

もう1つ会話例を挙げます。

「勉強は難しいけれど、でもやはり大切だ」という内容を伝えたいときです。

「いやあ、たしかに勉強は難しいし、面白くないですよね(Yes1回目)。

私も子供のころは、勉強と聞くだけで、元気がなくなってしまいました(Yes2回目)。

夏休みの宿題は、いつも後回しでしたよ(Yes3回目)。

しかし、そのように育ってきたから、今、苦労しているんです(But)」。

どうでしょう。

このように言われると「たしかにそうだな」と思いますし、なかなか説得力がありますね。

相手の話を肯定しつつ、柔らかく言い返すのが、上手な会話術です。

Butという反論でさえ、説得力が出てくるのです。

説得力を高める方法(7)
  • Yesを1回ではなく、3回言ってから、Butと言い返す。
相手の心に突き刺さる話し方のほうが、メッセージ性は高くなる。

説得力を高める30の方法
説得力を高める30の方法

  1. 説得力があると、話を聞いてもらえるようになる。
    説得力があると、話を聞いてもらえるようになる。
  2. 話の面白さは、話す内容より話し方。
    話の面白さは、話す内容より話し方。
  3. 「事実だけを述べる話し方」より「イメージのできる話し方」。
    「事実だけを述べる話し方」より「イメージのできる話し方」。
  4. 体験談は、何でも面白い。
    体験談は、何でも面白い。
  5. 表情は、言葉より語る。
    表情は、言葉より語る。
  6. わかりやすい例を挙げると、説得力が増す。
    わかりやすい例を挙げると、説得力が増す。
  7. 相手の話を3度受け入れてから、Butで反論。
    相手の話を3度受け入れてから、Butで反論。
  8. 相手の心に突き刺さる話し方のほうが、メッセージ性は高くなる。
    相手の心に突き刺さる話し方のほうが、メッセージ性は高くなる。
  9. 説得力のある言葉は、短い。
    説得力のある言葉は、短い。
  10. 説得力のある人は、経験が豊富な人。
    説得力のある人は、経験が豊富な人。
  11. 納得させるために、わかりやすい例を出そう。
    納得させるために、わかりやすい例を出そう。
  12. あらゆる話に、善も悪もない。<br>説得しだいの話である。
    あらゆる話に、善も悪もない。
    説得しだいの話である。
  13. 比べると、説得力が生まれる。
    比べると、説得力が生まれる。
  14. 逃げ道があると、逃げたくなくなるのが人間。
    逃げ道があると、逃げたくなくなるのが人間。
  15. 精神論で語らない。<br>方法論で説得する。
    精神論で語らない。
    方法論で説得する。
  16. 「ここだけ」「今だけ」限定を設けると説得できる。
    「ここだけ」「今だけ」限定を設けると説得できる。
  17. 相手を認める表現を使うと、説得ができる。
    相手を認める表現を使うと、説得ができる。
  18. 褒められて、悪い気分になる人はいない。
    褒められて、悪い気分になる人はいない。
  19. 相手のところへ出向くと、お願いも通りやすくなる。
    相手のところへ出向くと、お願いも通りやすくなる。
  20. 説得するときの服装は、重要。
    説得するときの服装は、重要。
  21. 丁寧な言葉を使う人のお願いを、聞きたくなる。
    丁寧な言葉を使う人のお願いを、聞きたくなる。
  22. 「あなたじゃないといけない!」
    「あなたじゃないといけない!」
  23. お世話をする側に立つから、お世話をされるようになる。
    お世話をする側に立つから、お世話をされるようになる。
  24. 元気という燃料で、今日も明るく突っ走る。
    元気という燃料で、今日も明るく突っ走る。
  25. 説得させるために、まず自分が元気であるところを見てもらおう。
    説得させるために、まず自分が元気であるところを見てもらおう。
  26. 大事な話・お願い・説得ほど、直接会うのがベター。
    大事な話・お願い・説得ほど、直接会うのがベター。
  27. 説得は、午前10時前にしよう。
    説得は、午前10時前にしよう。
  28. 人の数が説得力に変わる。
    人の数が説得力に変わる。
  29. 相手の目を見ないと、説得ができない。
    相手の目を見ないと、説得ができない。
  30. 「見つめる」「にらむ」「凝視」は、敵対のサイン。
    「見つめる」「にらむ」「凝視」は、敵対のサイン。

同じカテゴリーの作品

3:32
related

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION