勉強法

勉強が好きになる
30の方法

読んだ お気に入り25
24

才のある人ほど、
努力が必要。

才のある人ほど、努力が必要。 | 勉強が好きになる30の方法

生まれつき、運動神経がいい人。

生まれつき、音楽の才がある人。

生まれつき、話をするのがうまい人。

運動神経がいい人は、スポーツ選手として活躍できる素質があります。

音楽の才がある人は、将来ミュージシャン、作曲家、作詞家として活躍する可能性があります。

話をするのがうまい人は、お笑い芸人、落語家、アナウンサーといった道もあるでしょう。

先天的な能力を、私たちは一般的に「才能」と呼びます。

才能と聞くと、努力や勉強もせずに、何でもできるというふうに思う人がいます。

ここを勘違いしている人が多いのです。

本来、才能がある人は、社会と人とが活用できるために、普通の人以上に勉強と努力をしなければならない宿命が待ち受けています。

生まれつきの才というだけで「楽でいいな。運がいいな。羨ましい」と思うのは、早合点です。

才能とは「ほかの人より少し伸びが早い」というだけの話です。

さらに、人と社会のために活用できるくらい伸ばすには、膨大な勉強と努力が必要です。

本当に大変な人とは、才を持った人のことなのです。

世界的に有名な、元世界ヘビー級チャンピオンであるモハメド・アリは、ボクシング史上屈指の偉大な人物の1人です。

「チョウのように舞い、ハチのように刺す」言葉は、モハメド・アリの華麗なボクシングスタイルを形容してできた言葉です。

アリは、自分が人一倍恵まれた才能を持っているからこそ、努力が必要だといいました。

素早いフットワークと強さに恵まれた才能を持っていたアリですが、素晴らしい点は、才を眠らせなかったことです。

才があるからこそ、社会と人のために伸ばし、生かせたため、人一倍の努力と苦しみの道を歩んだのです。

まとめ

勉強が好きになる方法 その24
  • 才能がある人ほど、伸ばして生かすために、人一倍、努力をする。
すべての人に勉強は、必要。

もくじ
勉強が好きになる30の方法
才のある人ほど、努力が必要。 | 勉強が好きになる30の方法

  1. 勉強の面白さを見つけることが、最初の1歩。
  2. 「生活に生かすため」と考えると、勉強も楽しくなる。
  3. 友達を相手にするより、自分を相手にしたほうが、勉強は楽しくなる。
  4. 勉強は、ゲームとして考えると楽しくなる。
  5. 勉強は、自分を知るチャンス。
  6. できなかった理由を、自分のせいにするほうが、楽しくなる。
  7. どんなに勉強嫌いの人も、社会人になれば勉強がしたくなる。
  8. 学校での勉強は、無駄にはならない。
  9. 学校ほど、学びを凝縮させた場所はない。
  10. 自分の天職は、学校のどこかでやっている。
  11. 本当の自分を見つけて、ありのままの自分を生かす生き方をしよう。
  12. 難関を攻略するすべは、社会を攻略するすべに通ずる。
  13. 勉強をして、友達と仲良くなる。
  14. 勉強は、人生の近道。
  15. お金儲けは、宝くじより、勉強に頼るほうがいい。
  16. 宝くじは、当たらなければ儲からないが、当たっても儲からない。
  17. 進んでする勉強は面白い。
    強いる勉強はつまらなくなる。
  18. 暗記は、すぐ忘れる。
    理解は、一生忘れない。
  19. 勉強をしておかないと、親として示しがつかなくなる。
  20. お化粧だけではない。
    勉強をすると、表情が明るくなる。
  21. 体力も精神力もない人は、勉強で補えばいい。
  22. 勉強をすれば、昇進も早くなる。
  23. 体験や経験という勉強は、心の掛け橋を作る。
  24. 才のある人ほど、努力が必要。
  25. すべての人に勉強は、必要。
  26. 「確率の世界」ではなく「努力の世界」で勝負しよう。
  27. 強制させるから、勉強が嫌いになる。
  28. 自分の才能を伸ばす勉強ほど、有意義な学問はない。
  29. 知識と体験の両方があって、初めてうまくいく。
  30. 「知識実践派」になれば、問題は解決する。

同じカテゴリーの作品