勉強法

勉強が好きになる
30の方法

読んだ お気に入り24
11

本当の自分を見つけて、
ありのままの自分を生かす生き方をしよう。

本当の自分を見つけて、ありのままの自分を生かす生き方をしよう。 | 勉強が好きになる30の方法

花のタネは生まれたその瞬間から、将来なるべきであろう姿があらかじめ決められています。

バラのタネからは、将来バラの花が咲くことがあらかじめ決められています。

ヒマワリのタネからは、将来ヒマワリの花が咲くことがあらかじめ決められています。

もともとある性質を変えることはできません。

バラのタネからヒマワリの花が咲くことはあり得ません。

ヒマワリのタネからバラの花が咲くこともあり得ません。

これが「宿命」です。

宿る命です。

花は、本来の自分に従って、ありのままの自分を最大限に発揮しようとします。

宿命を生かした生き方は、本当の自分ですから、美しく輝いています。

花のタネと同じように、人間にも、生まれた瞬間から与えられている性質があります。

「性別、身長、性格、家族構成」などです。

これらは生まれた瞬間から、決められています。

後から変えることはできません。

変えようとするのではなく、それに従った生き方をしようとすればいいのです。

本来の自分を見つけて、最大限に発揮すれば、才能になります。

花のように自然に美しい生き方ができます。

 

しかし、植物は間違えませんが、人間は間違えるのです。

欲が働いているからです。

「かっこよくなりたい」

「お金持ちになりたい」

「私はきれいになりたい」

人間は、本来の自分を無視して、自分ではない自分になろうとします。

 

しかし、絶対に自分は自分以外にはなれないのです。

バラがヒマワリに憧れ、似せたり真似たりすることはできても、本物のヒマワリになってしまうことはあり得ません。

バラは本来の自分を見失わず、ありのままの自分を十分に生かして生きようとするから美しいのです。

人間も、花に見習わなければならない。

本当の生き方をするために、必要です。

美しい生き方をするためには、人間もまず欲を捨て、本来の自分どおりの生き方が必要なのです。

まとめ

勉強が好きになる方法 その11
  • 本来の自分を見つけて、生かす生き方をする。
難関を攻略するすべは、社会を攻略するすべに通ずる。

もくじ
勉強が好きになる30の方法
本当の自分を見つけて、ありのままの自分を生かす生き方をしよう。 | 勉強が好きになる30の方法

  1. 勉強の面白さを見つけることが、最初の1歩。
  2. 「生活に生かすため」と考えると、勉強も楽しくなる。
  3. 友達を相手にするより、自分を相手にしたほうが、勉強は楽しくなる。
  4. 勉強は、ゲームとして考えると楽しくなる。
  5. 勉強は、自分を知るチャンス。
  6. できなかった理由を、自分のせいにするほうが、楽しくなる。
  7. どんなに勉強嫌いの人も、社会人になれば勉強がしたくなる。
  8. 学校での勉強は、無駄にはならない。
  9. 学校ほど、学びを凝縮させた場所はない。
  10. 自分の天職は、学校のどこかでやっている。
  11. 本当の自分を見つけて、ありのままの自分を生かす生き方をしよう。
  12. 難関を攻略するすべは、社会を攻略するすべに通ずる。
  13. 勉強をして、友達と仲良くなる。
  14. 勉強は、人生の近道。
  15. お金儲けは、宝くじより、勉強に頼るほうがいい。
  16. 宝くじは、当たらなければ儲からないが、当たっても儲からない。
  17. 進んでする勉強は面白い。
    強いる勉強はつまらなくなる。
  18. 暗記は、すぐ忘れる。
    理解は、一生忘れない。
  19. 勉強をしておかないと、親として示しがつかなくなる。
  20. お化粧だけではない。
    勉強をすると、表情が明るくなる。
  21. 体力も精神力もない人は、勉強で補えばいい。
  22. 勉強をすれば、昇進も早くなる。
  23. 体験や経験という勉強は、心の掛け橋を作る。
  24. 才のある人ほど、努力が必要。
  25. すべての人に勉強は、必要。
  26. 「確率の世界」ではなく「努力の世界」で勝負しよう。
  27. 強制させるから、勉強が嫌いになる。
  28. 自分の才能を伸ばす勉強ほど、有意義な学問はない。
  29. 知識と体験の両方があって、初めてうまくいく。
  30. 「知識実践派」になれば、問題は解決する。

同じカテゴリーの作品