勉強法

勉強が好きになる
30の方法

読んだ お気に入り9
7

どんなに勉強嫌いの人も、
社会人になれば勉強がしたくなる。

どんなに勉強嫌いの人も、社会人になれば勉強がしたくなる。 | 勉強が好きになる30の方法

学校の勉強は、強制です。

小学生の勉強では社会で必要な基本的な勉強ですから、まだ分かります。

 

しかし、大学で勉強するような難解な学問が、本当に社会で必要なのかというとはなはだ疑問が残ります。

学生時代は、学校のルールに従わなくてはならないので、やむなく勉強をするしかありません。

興味のある勉強だけでなく、興味のない勉強までしなくてはならず、できるだけ高得点を目指すため、精神的な苦痛が伴います。

できなければ叱られる。

できればもっと高得点を取るようにと言われる。

終わりがなく、常に苦しみが付きまといます。

 

しかし、学生のころにどんなに勉強嫌いの人でも、社会人になれば、必ず勉強がしたくなります。

学生のころは、アレルギーが出るほど嫌いだった勉強も、社会人になれば不思議と勉強が好きになってしまうのです。

社会人になってからの勉強は、直接自分の身に跳ね返ってくるからです。

勉強すれば、それだけ物事が分かるようになり、その恩恵が直接自分に返ってくることが肌で感じられます。

また勉強すれば、事前に起こるであろう危険を察知したり、避けたりすることができるようになります。

だから勉強が面白くなり、好きになってしまうのです。

どんなに勉強が大嫌いな女の子でも、結婚をして子供を産めば、必ず進んで勉強するようになります。

本屋に行って、育児書を自分のお金で支払って購入し、必死で勉強するようになります。

自分の身に関わることであり、子供の成長のために直接必要な知識になりますから、親は勉強がしたくなるのです。

社会人になれば、とにかくたくさん勉強したくなります。

育児だけでなく、お金や社会、仕事の勉強など、自分に関わることは、内容が自分に跳ね返ってくるため、学びたくなるのです。

まとめ

勉強が好きになる方法 その7
  • 社会人になり、勉強好きになる。
学校での勉強は、無駄にはならない。

もくじ
勉強が好きになる30の方法
どんなに勉強嫌いの人も、社会人になれば勉強がしたくなる。 | 勉強が好きになる30の方法

  1. 勉強の面白さを見つけることが、最初の1歩。
  2. 「生活に生かすため」と考えると、勉強も楽しくなる。
  3. 友達を相手にするより、自分を相手にしたほうが、勉強は楽しくなる。
  4. 勉強は、ゲームとして考えると楽しくなる。
  5. 勉強は、自分を知るチャンス。
  6. できなかった理由を、自分のせいにするほうが、楽しくなる。
  7. どんなに勉強嫌いの人も、社会人になれば勉強がしたくなる。
  8. 学校での勉強は、無駄にはならない。
  9. 学校ほど、学びを凝縮させた場所はない。
  10. 自分の天職は、学校のどこかでやっている。
  11. 本当の自分を見つけて、ありのままの自分を生かす生き方をしよう。
  12. 難関を攻略するすべは、社会を攻略するすべに通ずる。
  13. 勉強をして、友達と仲良くなる。
  14. 勉強は、人生の近道。
  15. お金儲けは、宝くじより、勉強に頼るほうがいい。
  16. 宝くじは、当たらなければ儲からないが、当たっても儲からない。
  17. 進んでする勉強は面白い。
    強いる勉強はつまらなくなる。
  18. 暗記は、すぐ忘れる。
    理解は、一生忘れない。
  19. 勉強をしておかないと、親として示しがつかなくなる。
  20. お化粧だけではない。
    勉強をすると、表情が明るくなる。
  21. 体力も精神力もない人は、勉強で補えばいい。
  22. 勉強をすれば、昇進も早くなる。
  23. 体験や経験という勉強は、心の掛け橋を作る。
  24. 才のある人ほど、努力が必要。
  25. すべての人に勉強は、必要。
  26. 「確率の世界」ではなく「努力の世界」で勝負しよう。
  27. 強制させるから、勉強が嫌いになる。
  28. 自分の才能を伸ばす勉強ほど、有意義な学問はない。
  29. 知識と体験の両方があって、初めてうまくいく。
  30. 「知識実践派」になれば、問題は解決する。

同じカテゴリーの作品