自分磨き

気品と美しさを身につける
30の方法

68
30

むかっとした出来事を反面教師にできる人が、
立派になる。

むかっとした出来事を反面教師にできる人が、立派になる。 | 気品と美しさを身につける30の方法

あなたは、むかっとした出来事があったとき、何を思いますか。

ほとんどの人が、単に「むかつくなあ」と思って、それで終わらせてしまうパターンがほとんどのはずです。

深い意味も考えず、そんな出来事は、次の瞬間には忘れてしまおうとしてしまいます。

 

しかし、むかっとする出来事は、人生では大切な出来事です。

実は、自分の品を高めるために必要な出来事なのです。

怒りやいらいらを感じたときには、感情を高ぶらせて終わるのではなく「自分はやめておこう」と反面教師に変えてしまうのです。

むかつく出来事は、自分を高めるチャンスです。

あなたをむかつかせる人は、すべてが先生です。

反面教師なのです。

ひどいことを言ってくる人や、いらいらさせることをしてくる人は、すべて遠回しにあなたへのメッセージが込められています。

「私のような性格の悪い人になってはいけません。悪い見本です。私のようにならないで」

このように、あなたに対して教えてくれているのです。

立派な反面教師が、あなたのためにわざわざ嫌われ役になり、真剣に教えてくれているということに気づけば、愛が感じられます。

自分が向上することに、一役買っているからです。

品性のある人は、迷惑になるような出来事があったとき「自分はこうならないようにしよう」と反面教師にできています。

ですから、品を身につけることができたのです。

品は、学校では教えてくれませんが、生活する上では大切なことです。

品をどこで学ぶのかというと、日常のむかつく出来事から、学ぶのです。

反面教師に変え、学びとっていくことが「学び」です。

気品と美しさを身につける方法(30)
  • むかつく出来事、むかつく人は、反面教師と考える。
まとめ

もくじ
気品と美しさを身につける30の方法
むかっとした出来事を反面教師にできる人が、立派になる。 | 気品と美しさを身につける30の方法

  1. 本当のかっこよさは、品のある雰囲気から生まれる。
    本当のかっこよさは、品のある雰囲気から生まれる。
  2. 顔をきれいにする前に、部屋をきれいにする。
    顔をきれいにする前に、部屋をきれいにする。
  3. 人目のないときでも、整理整頓、できていますか。
    人目のないときでも、整理整頓、できていますか。
  4. 品というオーラの根源は「きれいにしたい」という気持ち。
    品というオーラの根源は「きれいにしたい」という気持ち。
  5. 足元からも、オーラが出る。
    足元からも、オーラが出る。
  6. 着信メロディーは、迷惑の元。
    着信メロディーは、迷惑の元。
  7. 品性とは「余裕」のことである。
    品性とは「余裕」のことである。
  8. ごみ箱は、心の中の表れ。
    ごみ箱は、心の中の表れ。
  9. 経験数が増えることで、品性が向上する。
    経験数が増えることで、品性が向上する。
  10. 緊張することで、品性が養われる。
    緊張することで、品性が養われる。
  11. ささいなことほど、丁寧に扱う。
    ささいなことほど、丁寧に扱う。
  12. ため息をつかない。
    ため息をつかない。
  13. 電話をかける側が、腰を低くすることが品のあるマナー。
    電話をかける側が、腰を低くすることが品のあるマナー。
  14. 「落ち着き」は、品格のある印象を醸し出す。
    「落ち着き」は、品格のある印象を醸し出す。
  15. 気になる態度も、ほかの人から見れば小さな迷惑として映る。
    気になる態度も、ほかの人から見れば小さな迷惑として映る。
  16. がははと笑うと、品が下がる。<br>にっこり笑うと、品が上がる。
    がははと笑うと、品が下がる。
    にっこり笑うと、品が上がる。
  17. 拾わない、もらわない。
    拾わない、もらわない。
  18. 明日の準備をしてから、帰る。
    明日の準備をしてから、帰る。
  19. いらない物は、徹底的に捨てる。
    いらない物は、徹底的に捨てる。
  20. 余裕のある生活を送ろう。
    余裕のある生活を送ろう。
  21. 毎日使う日用品は、精神状態に大きく関わりを持つパートナー。
    毎日使う日用品は、精神状態に大きく関わりを持つパートナー。
  22. 「まあいいか」と思うところほど、まめに行動する。
    「まあいいか」と思うところほど、まめに行動する。
  23. 個性を表現し、さらに引き出していくために、ファッションがある。
    個性を表現し、さらに引き出していくために、ファッションがある。
  24. 知識は、気品があってこそ、引き立つ。
    知識は、気品があってこそ、引き立つ。
  25. お金がなくても楽しめるセンスを、品という。
    お金がなくても楽しめるセンスを、品という。
  26. 五感を通して感じることを、感動という。
    五感を通して感じることを、感動という。
  27. 愛を感じるために、愛を削っていませんか。
    愛を感じるために、愛を削っていませんか。
  28. 部屋の物が少ないほど、生活に品が出る。
    部屋の物が少ないほど、生活に品が出る。
  29. 品性のある人は、背中にも目がついている。
    品性のある人は、背中にも目がついている。
  30. むかっとした出来事を反面教師にできる人が、立派になる。
    むかっとした出来事を反面教師にできる人が、立派になる。

同じカテゴリーの作品