公開日:2024年5月20日
執筆者:水口貴博

とことん趣味を楽しむ30の方法

10

自分の趣味のメリットをノートに書き出してみよう。

自分の趣味のメリットをノートに書き出してみよう。 | とことん趣味を楽しむ30の方法

自分の趣味をもっと好きになるにはどうすればいいのでしょうか。

自分の趣味のメリットをノートに書き出してみましょう。

「私の趣味にはメリットなんて1つもない」と思っているなら誤解です。

メリットのない趣味は1つもありません。

どんな趣味でも、必ずポジティブな側面があり、得られるものがあります。

たとえば、読書なら「知識が増える」「視野が広がる」「語彙ごい力が身につく」といったメリットがあります。

ランニングなら「体力がつく」「ストレス解消になる」「ダイエットになる」といったメリットがあります。

掃除なら「部屋がきれいになる」「適度な運動になる」「精神の安定につながる」といったメリットがあります。

料理なら「料理の腕が上がる」「気分転換になる」「食費の節約になる」といったメリットがあります。

おしゃべりなら「元気になる」「お互いの理解が深まる」「たくさん笑顔になれる」といったメリットがあります。

創作活動なら「自己表現ができる」「自分の作品ができる」「想像力が鍛えられる」といったメリットがあります。

もちろんこれらのメリットは一例で、実際はまだまだたくさんあります。

どんな趣味でも必ずメリットがあるので、思いつくだけどんどんメリットを書き出してください。

書き出す時間もなかなか楽しいものです。

書き出したノートをあらためて見直すと「私の趣味にはこんなにメリットがたくさんあるね!」と再認識できます。

思った以上にたくさんのメリットが見つかって、自分でも驚かされることも少なくありません。

頭の中ではわかっていても、あらためて文字にしてみると、その理解・認識が深まります。

ますます自分の趣味が好きになれ、趣味のやる気やモチベーションもアップするのです。

とことん趣味を楽しむ方法(10)
  • 趣味のメリットをノートに書き出してみる。
趣味のために会社を休むのは、特別なことではなく、普通のこと。

とことん趣味を楽しむ30の方法

  1. これからは一生懸命趣味を楽しむ人が評価・尊敬される時代。
  2. 趣味で一番大切なこととは。
  3. 趣味を楽しむコツは「記録をつけること」にある。
  4. 趣味を楽しむコツは、完璧を求めないこと。
  5. 趣味にノルマは必要ない。
  6. 趣味に限界はない。
    趣味の点数は青天井。
  7. 身銭を切る行為は、趣味の質に転化する。
  8. 人と比較するから、趣味がつらくなる。
    過去の自分と比較すれば、趣味が楽しくなる。
  9. 趣味情報は、独り占めするのではなく、仲間とどんどん共有する。
  10. 自分の趣味のメリットをノートに書き出してみよう。
  11. 趣味のために会社を休むのは、特別なことではなく、普通のこと。
  12. 今すぐ趣味を楽しむ準備はできていますか。
  13. スマホの電源をオフにすると、没頭のスイッチがオンになる。
  14. 勝ち負けの結果は気にせず、プレイそのものを楽しもう。
  15. 趣味で使う道具は、丁寧に扱おう。
  16. 疲れているときは、癒やされる趣味を楽しもう。
    時間やお金がないなら、時間やお金がかからない趣味を楽しもう。
  17. 感謝は、趣味を豊かにするスパイス。
  18. 「いいね」は、趣味を盛り上げる魔法の言葉。
  19. 趣味を組み合わせると、時間あたりの密度が濃くなる。
  20. 興味のない誘い・行きたくない飲み会は、きっぱり断って趣味を楽しむのがいい。
  21. 予備知識がないと、楽しさが半減する。
    予備知識があれば、楽しさが倍増する。
  22. 自分の趣味のことを「くだらない趣味」と言ってはいけない。
  23. 先生やコーチに指導してもらうと、スムーズな上達を実現できる。
  24. 趣味仲間を作ってみると、新しい世界が開ける。
  25. 「高くて買えない」と思ったとき、どうするか。
  26. 天気や季節によって趣味を変えてみよう。
  27. 休日に遊ぶのはいいが、週明けに体調不良を起こさないよう注意する。
  28. ドタキャンをチャンスに変える人は、トラブルにも強くなる。
  29. 嫌なことがあったときは、趣味に没頭して忘れよう。
  30. ある程度のレベルに達したら、大会やコンクールにチャレンジしてみる。

同じカテゴリーの作品

2:22

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION