出会い

人生を変える出会いの
30の名言

  • なぜ本屋には出会いの啓発がないのだろう。
    出会いの啓発があってもいいはずだ。
人生を変える出会いの30の名言

もくじ

なぜ本屋には出会いの啓発がないのだろう。
出会いの啓発があってもいいはずだ。

なぜ本屋には出会いの啓発がないのだろう。出会いの啓発があってもいいはずだ。

本屋に行けば「啓発」に関する書籍がたくさん並んでいます。
仕事・人生・恋愛の啓発書なら山ほどあります。
あまりにたくさんあるので、どれを買おうか迷うほどです。

出会いは、口元から呼び込むもの。
口角を上げると、出会い運も上がる。

出会いは、口元から呼び込むもの。口角を上げると、出会い運も上がる。

あなたの口角は今、どんなふうになっていますか。
「へ」の字になっていませんか。
もし口角が下がっているなら、イエローカードです。

出会いに資格も免許もいらない。
出会いたい気持ちさえあれば、出会いの門戸が開かれる。

出会いに資格も免許もいらない。出会いたい気持ちさえあれば、出会いの門戸が開かれる。

世の中には、資格や免許が要求される場面があります。
学校によっては、入学に資格が必要になることがあります。
合格ラインの達成であったり、ある階級以上の資格だったりなどです。

「出会いの瞬間」と書いて「奇跡の瞬間」と読む。

「出会いの瞬間」と書いて「奇跡の瞬間」と読む。

奇跡の瞬間はどこにあるのでしょうか。
宝くじに当たった瞬間でしょうか。
大きな手術に成功して命拾いをした瞬間でしょうか。

すべての出会いは必然。
不要な出会いなら、そもそも出会っていない。

すべての出会いは必然。不要な出会いなら、そもそも出会っていない。

「無駄な出会いだった」
「無意味な出会いだった」
「必要のない出会いだった」

知っている人は見えやすい。
知らない人は見えにくい。

知っている人は見えやすい。知らない人は見えにくい。

私たちには、ある心理傾向があります。
「知っている人は見えやすく、知らない人は見えにくい」です。
知っている人とは面識があります。

自分に自信はなくていい。
自信がなくても、出会いは成立する。

自分に自信はなくていい。自信がなくても、出会いは成立する。

「私は自分に自信がないから出会う資格がない」
ときどきそんな弱音を吐く人がいます。
これはナンセンスです。

会いたいなら、会いに行く。
会いたくないなら、会いに行かない。
会おうか迷っているなら、会いに行く。

会いたいなら、会いに行く。会いたくないなら、会いに行かない。会おうか迷っているなら、会いに行く。

出会いの考え方は単純です。
会いたいなら、会いに行きましょう。
会いたいなら、会いに行くべきです。

虚勢を張るのではない。
等身大の自分を見せていくのだ。

虚勢を張るのではない。等身大の自分を見せていくのだ。

初対面では虚勢を張らないことです。
虚勢とは、実力も実績もないのに、うわべだけの威勢を示して、強がることをいいます。
虚勢を張れば、自分を大きく見せることができます。

最初から出会いの意味を求めない。
出会いの意味は、後からわかる。

最初から出会いの意味を求めない。出会いの意味は、後からわかる。

「この出会いの意味は何だろう」
「出会ってどんな意味があるのだろう」
出会いの意味を求めていませんか。

近い人より遠い人のほうが会いやすい。

近い人より遠い人のほうが会いやすい。

距離が近い人と、遠い人。
実際に会いやすいのはどちらでしょうか。
おそらく誰もが「距離が近い人」と答えるでしょう。

普段から好きなことをやっていないと、出会いがあっても生かせない。

普段から好きなことをやっていないと、出会いがあっても生かせない。

出会いを生かすためには、普段から好きなことをやっておきましょう。
普段から好きなことをやっていないと、出会いがあったとき、うまく生かせなくなります。
「どんなお仕事をされているんですか」と聞かれたとき、仕事の愚痴になってしまいます。

いい出会いも、思い出の1つ。

いい出会いも、思い出の1つ。

「思い出」と聞いて、あなたはどんなイメージをしますか。
「思い出」という響きのためでしょうか。
スケールが大きくて印象的な出来事を思い浮かべがちです。

出会いに行ったあなたは、素晴らしい。

出会いに行ったあなたは、素晴らしい。

出会いに行ったら自分を褒めてください。
「自分は素晴らしい人間である」と。
「普通のこと」「特別なことではない」と思うかもしれませんが、過小評価です。

「好かれなければいけない」ではなく「好かれてもらえるといいな」

「好かれなければいけない」ではなく「好かれてもらえるといいな」

「好かれなければいけない」と思いながら出会っていませんか。
誰でも嫌われるより好かれるほうがいいに決まっています。
出会うからには、できるだけ相手から好かれたいと思うもの。

「出会いがなかったらどうしよう」より「出会いがあったらこうしよう」。

「出会いがなかったらどうしよう」より「出会いがあったらこうしよう」。

出会いがない人には「ある共通点」があります。
常日頃から「出会いがなかったらどうしよう」と心配していることです。
「出会いがなかったらどうしよう」と悪いことばかり考えています。

占い師に出会いを占ってもらうのは、映画の結末をばらされるようなもの。

占い師に出会いを占ってもらうのは、映画の結末をばらされるようなもの。

「いい出会いがあるだろうか。そうだ、占い師に占ってもらおう!」
未来の出会いを知りたいとき、占い師に占ってもらおうと考える人もいるでしょう。
名案と言えば、名案です。

出会って楽しく話ができたら「成功体験ができた」と考えていい。

出会って楽しく話ができたら「成功体験ができた」と考えていい。

出会って楽しく話ができれば喜んでください。
「成功体験ができた」と。
「そんなことでいいの?」と思いますが、そんなことでいいのです。

出会いに行ける人は、必ず幸せになれる。

出会いに行ける人は、必ず幸せになれる。

出会いに行ける人は、必ず幸せになれます。
なぜ出会いに行くと、幸せになれるのか。
「出会いに行く」という行為とは「幸せをつかみに行く」という意味と同じだからです。

出会いのトラウマは、成功体験を積み重ねることで消していく。

出会いのトラウマは、成功体験を積み重ねることで消していく。

出会いにトラウマを持つ人がいます。
トラウマの種類はさまざまです。
・初対面で、思いきり悪い印象を与えてしまった

「いい出会いがあるでしょうか」と聞く人に、いい出会いはない。

「いい出会いがあるでしょうか」と聞く人に、いい出会いはない。

「いい出会いがあるでしょうか」
そんな質問をしないことです。
人に聞いたところでわかりません。

100人の平凡な出会いは、1人の特別な出会いのためにある。

100人の平凡な出会いは、1人の特別な出会いのためにある。

特別な出会いは、めったにありません。
平凡な出会いはたくさんあっても、特別な出会いとなると希少です。
たくさんの人と出会っても、平凡な出会いばかり。

出会うことで、成長する。
別れることで、もっと成長する。

出会うことで、成長する。別れることで、もっと成長する。

人は、出会いによって成長します。
出会った人から新鮮な刺激を受けて成長します。
知識、知恵、価値観、考え方、生き方。

自分のレベルを上げると、レベルの高い出会いが待っている。

自分のレベルを上げると、レベルの高い出会いが待っている。

「レベル」という言葉に違和感を持つ人もいるでしょう。
人をランク分けするようで、抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、難しく考えないでください。
レベルとは何か。

出会いと別れは、人生の新陳代謝。
みずみずしさを保つために必要。

出会いと別れは、人生の新陳代謝。みずみずしさを保つために必要。

出会う人とは出会いましょう。
別れる人とは別れましょう。
無理に悪あがきはしません。

出会いの失敗もあっていい。
最悪の出会いもあっていい。
「出会いの最低記録ができた」と喜ぼう。

出会いの失敗もあっていい。最悪の出会いもあっていい。「出会いの最低記録ができた」と喜ぼう。

出会いに失敗することもあっていいのです。
人生ではそういうこともあります。
時には、最悪の出会いで終わることもあるでしょう。

消極的な気持ちなら、会わないほうがまし。
積極的な気持ちがあるから、素晴らしい出会いが実現する。

消極的な気持ちなら、会わないほうがまし。積極的な気持ちがあるから、素晴らしい出会いが実現する。

消極的な気持ちで会う状況はありません。
「嫌々会う」「仕方なく会う」という状況もあるでしょう。
もし消極的な気持ちしかないなら、会ってはいけません。

今日の出会いは今日で終わり。
明日は明日の出会いがある。

今日の出会いは今日で終わり。明日は明日の出会いがある。

今日の出会いは今日で終わりです。
少しそっけなく感じるかもしれませんが、これでいいのです。
こうするべきです。

出会いの印象は、出会い方より別れ方で決まる。

出会いの印象は、出会い方より別れ方で決まる。

出会いの印象はどこで決まるのでしょうか。
「出会い」というくらいですから「出会いの印象は出会い方で決まる」と思う人が多いのではないでしょうか。
明るい笑顔、気持ちのいい挨拶、清潔感のある身だしなみ。

出会いとは、ハートワーク。
2人が作り上げる、心の作品。

出会いとは、ハートワーク。2人が作り上げる、心の作品。

出会いとは何か。
出会いとは「ハートワーク」です。
「出会いの仕事」ではありません。

同じカテゴリーの作品