まとめ
(人付き合いが上手な人と下手な人の30の違い)
人付き合いが上手な人と下手な人の30の違い

  • 自分に厳しく、他人に優しくなる。
  • 大切な人にだけ好かれようとする。
  • 挨拶は、されるのを待つのではなく、自分から進んでする。
  • 悪口・陰口を言わず、賛同もしない。
  • 感謝の言葉を、1日10回以上言う。
  • 相手の美点を探す習慣をつける。
  • 絶対嘘を避けるのではなく、必要に応じて、上手に嘘をつく。
  • 守れない約束なら、簡単にうなずかず、勇気を持って断る。
  • 感情的になれば、その場で発言するのではなく、一度頭を冷やしてから発言する。
  • 話の流れがあっても、他人のプライバシーをしっかり守る。
  • 第一印象に力を入れる。
  • いきなり用件を話し始めるのではなく、用件の前にクッション言葉を使う。
  • 初対面の場合、年齢は、必要になるまで聞かないようにする。
  • プライベートは、ずっと秘密にするのではなく、少しずつ公開していく。
  • 楽しませてもらう側より、楽しませる側になる。
  • やみくもに友人を増やすのではなく、自分に合った友人を選んだ上で、とことん仲を深める。
  • 相手の幸せは、憎むのではなく、一緒に喜ぶ。
  • お礼は、後回しにせず、当日中にする。
  • 謝罪をするなら、メールではなく、対面か電話を選ぶ。
  • 自分に合わない価値観は、非難するのではなく、受け入れる。
  • プレゼントは「あげないといけない」ではなく「あげたい」と考える。
  • 一般的なイベントの場合は、残らない贈り物をする。
  • 割り勘は、1円単位ではなく、大まかに計算する。
  • イベントに気乗りしなくても、社交としてできるだけ参加する。
  • どれだけ親しくなっても、最低限の礼儀だけは守る。
  • 人間関係の摩擦に困ったときは、相手を変えようとするのではなく、自分を変える。
  • 次に会う予定を後日考えるのではなく、次に会う約束を入れてから別れる。
  • 話しきってからではなく、話が盛り上がっているうちに解散する。
  • お金を貸すくらいなら、あげてしまう。
  • 反省・改善・吸収する習慣を身につけ、付き合い方を向上させていく。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION