会話

まとめ
(雑談が上手な人と下手な人の30の違い)
雑談が上手な人と下手な人の30の違い

  • ドッジボールではなく、キャッチボールの会話を心がける。
  • 1回の話は、短くする。
  • 楽しい話でなくても、会話中はずっとにこにこする。
  • 「面白い一言がなくても盛り上げることは可能」と考える。
  • どんな話でも、できるだけまず肯定するようにする。
  • 暗い話は、暗く話すのではなく、明るく話す。
  • つまらない冗談を言われたら、白けるのではなく、大笑いする。
  • 人づての話より、実体験の話で盛り上げる。
  • 声の大きさを、状況に合わせて調整できるようにする。
  • 雑談では、できるだけ建前を減らし、本音を増やす。
  • 偉そうで威張った話し方ではなく、謙虚で優しい話し方を心がける。
  • 返事が思いつくまで黙るのではなく、ひとまずすぐ返事をする。
  • 会話で気になる点があっても、小さなことなら気にせず、話の進行を優先させる。
  • 余計な動きは控え、必要な動きを心がける。
  • 雑談は、言葉による表現にこだわらず、あらゆる表現で伝える。
  • 淡々と話すより、感情を込めて話す。
  • 過去の話より、現在や未来の話をする。
  • 正しい言葉より、相手が言ってほしい言葉を言う。
  • 遠くの話より、近くの話をする。
  • 想像力より妄想力を働かせて、雑談する。
  • 場の空気を壊すのではなく、なじむようにする。
  • 雑談の話題は、広げるだけでなく、深めていく。
  • 自分のコンプレックスには、悲観的な対応より、楽観的な対応をする。
  • 雑談でクイズを出すなら、具体的な言い方をして、じらさず正解を言う。
  • 相手の話は、奪うのではなく集中して、どんどん盛り上げる。
  • 強引に話をまとめず、自然な流れを楽しむ。
  • 話が途中で脱線しても、無理やり戻さず、そのまま進める。
  • 雑談中トイレに行くなら、区切りのよいところにする。
  • 雑談は、引きつける一言から話し始める。
  • 世間の常識ではなく、自分の考えで話す。

同じカテゴリーの作品