人生の教科書



モテたい

男性にモテる女性とモテない女性の
30の違い

  • 男性にモテない女性は、
    くしゃみがうるさい。
    男性にモテる女性は、
    くしゃみがかわいい。
男性にモテる女性とモテない女性の30の違い

もくじ

1
★5

男性にモテない女性は、くしゃみがうるさい。
男性にモテる女性は、くしゃみがかわいい。

鼻がむずむずしたときに出るもの。 それは、くしゃみです。 くしゃみは、誰にでもある生理現象。 鼻の粘膜が刺激を受けたときに起こる、激しい呼気運動です。 くしゃみは面白い。 くしゃみとはいえ、しぐさや声の大きさなど個人差があります。 あなたのくしゃみは、どんなしぐさですか。 さて、男性にモテる女性とモテない女性とでは、くしゃみのしぐさに違いがあります。 男性にモテない女性は、くしゃみがうるさい。 あんぐり大きな口を開け、次の瞬間「はくしょん!」という大きな声を出します。 急に大声を出すので、周りの人は驚きます。 手で口元を覆うこともないので、口から唾液が飛びます。 目の前にいる人がいれば、迷惑になるでしょう。 食事中、くしゃみで飛んだ唾液が料理に入れば、ごちそうが台無しです。 男性から「豪快なくしゃみ」と思われるのは間違いありません。 驚きを通り越して、幻滅される可能性がある。 くしゃみは生理現象なので、あるのはいいのですが、くしゃみのしぐさが大げさだと、本人の印象に影響することがあるのです。 さて、男性からモテる女性は違います。 男性からモテる女性は、くしゃみがかわいい。 鼻がむずむずしてきたら、すぐ手で口元を覆い「くしゅん」という小さな声でくしゃみをします。 少し声は出るものの、音は小さいので相手を驚かせることもありません。 きちんと口元を手で覆っているので、唾液が飛ぶこともない。 かわいいくしゃみは、男性から見て、愛くるしい印象を受けるでしょう。 くしゃみをして嫌われることもあれば、好かれることもある。 同じくしゃみであっても、しぐさによって、印象は正反対になります。 あらためて自分のしぐさを振り返り、周りの迷惑にならないくしゃみを心がけましょう。 男性から「かわいいくしゃみだね」と言われれば、合格です。 鼻がむずむずしてきたら、きちんと手で口元を覆ってからくしゃみをする。

2
★1

男性にモテない女性は、マニキュアがぎらぎらして、アートになっている。
男性にモテる女性は、マニキュアがシンプルで、落ち着いている。

指先は、目につきやすい部分です。 指先のきれいな女性は、男性にとって魅力的に映ります。 「指先は、女性の品格を決める部分」とも言われています。 指先がきれいになっていると、品格と華やかさが増し、自分でもうっとりするでしょう。 指先をきれいにするケアの1つが、マニキュアです。 マニキュアが、大切な日課になっている女性も多いのではないでしょうか。 マニキュアで指先がきれいになっているなら、男性からも人気が出るだろうと思いますが、ここに注意点があります。 女性にとって美しいと感じるマニキュアは、男性から見て美しいと感じるとは限りません。 男性と女性との間には、美しさの感じ方にギャップがあることを知る必要があります。 男性にモテない女性は、マニキュアがぎらぎらしています。 人工宝石で装飾を施したり、絵や模様を描いたりなど、凝っています。 もはや爪先がアート。 ぎらぎらしたマニキュアなら、男性も注目してくれ喜んでくれると思うかもしれませんが、要注意です。 実際のところ、男性から見て、ぎらぎらしたマニキュアはあまり人気がありません。 ぎらぎらしたマニキュアは、男性から見ると「きれい」「華やか」というより「不衛生」「ごつごつ」などの印象を受けます。 「指先に余計なものをつけて邪魔にならないのだろうか」といった心配をされるでしょう。 指先のぎらぎらした度合いがひどいと、刃物のような印象を受けます。 もはやきれいという印象はなく、むしろ少し怖いのです。 男性にモテる女性は、マニキュアがシンプルで、落ち着いているのが特徴です。 ネイルカラーは、落ち着いた色を選びます。 余計な装飾もしません。 あくまで清潔感と落ち着きのある指先を心がけます。 男性から見てシンプルなマニキュアは、安心感をもたらし、女性への好感につながります。 基本的にマニキュアは自由ですが、あくまで男性の目線を考えるなら、意識しておくのがいいでしょう。 シンプルで、落ち着いたマニキュアを心がける。

3
★2

男性にモテない女性は、香水がきつくて、悪臭になっている。
男性にモテる女性は、香水がさりげなくて、色気になっている。

女性の身だしなみの1つとして、香水が人気です。 香水の力は侮れません。 五感の中でも嗅覚だけは、大脳新皮質を経由せず、大脳辺縁系と直接つながっています。 そのためにおいは、人の感情に訴えかける作用が強いことで知られています。 香水には、さまざまな種類があります。 うっとりさせる香水もあれば、エキゾチックな香りもあります。 幸せな気分にさせる香水もあれば、大人っぽさを演出する香りもあります。 ファッションの1つとして、香水を愛用している女性も多いでしょう。 目的に応じて香水を使い分ければ、恋愛にも活用できます。 さて、男性にモテる女性とモテない女性とでは、香水のマナーに差があります。 男性にモテない女性は、香水をつけすぎて、香りがきつくなっています。 相手の感情にしっかり訴えかけようと、香水の量が多くなり、香りが強くなりすぎる。 これはよくありません。 どんなにいい香りも、強すぎると、不快を与える原因になります。 しかもにおいは「慣れやすい」という特徴があります。 香りに慣れた本人はだんだん物足りなく感じて、香水の量を増やしてしまう。 香水の香りが、最終的に悪臭に変わってしまうのです。 いくら香りのいい香水とはいえ、適度の範囲が大切です。 男性にモテる女性は、香水を使うとき、さりげない程度を心がけます。 直接肌に香水をつけることはありません。 天井を目がけて空中に吹き付けた後、落ちてくる香水をくぐり抜けます。 香水は、少し足りないくらいのほうが効果的です。 近づいたとき、さりげなく香るから、どきっとします。 香水の香りが色気に変わり、男性の心を動かすのです。 香水をつけるなら、さりげなく香る程度を心がける。

4
★3

男性にモテない女性は、タバコを吸う。
男性にモテる女性は、タバコを吸わない。

喫煙の習慣の有無は、恋愛に影響することがあります。 男性にモテない女性は、喫煙の習慣があります。 「タバコくらい吸っていいではないか」と思うかもしれません。 もちろん喫煙も禁煙も、個人の自由です。 タバコを吸っていい年齢なら、すべて自己責任です。 きちんと健康への悪影響を覚悟の上、マナーを守りながら楽しむ分には問題ないでしょう。 ただし、あくまで恋愛に関して言えば、喫煙の習慣は不利に働く傾向があります。 タバコには、恋愛の妨げになる要素が目立つからです。 ・タバコ代がかかり、余計な出費が増える ・健康意識が低いと誤解されやすい ・タバコを吸わないと、いらいらが増える ・タバコのにおいで周りに不快感を与えやすい ・肌が荒れやすい 現代社会ではタバコへの風当たりが強いため、タバコを吸う女性にも悪印象が波及します。 喫煙は、美と相反する行為。 女性には美しくいてほしいと願う男性。 男性にとってタバコを吸う女性は、女性の上品なイメージの低下につながる可能性があります。 特にヘビースモーカーの女性は、男女共に不評です。 男性によっては、喫煙者というだけで恋愛対象から外されることも珍しくありません。 一方、男性にモテる女性は、タバコを吸いません。 タバコを吸ってもメリットは少なく、むしろデメリットばかりであることを知っています。 以前タバコを吸っていた時期があったとしても、将来の自分のためにタバコをやめ、禁煙を徹底しています。 タバコを吸っていないので、肌の調子はよく、いつもつやつやしています。 タバコは、デメリットが多いだけで、メリットはほとんどありません。 タバコを吸わないだけでモテるとは限りませんが、タバコを吸っていると、男性にモテない可能性が上がります。 男性にモテたいなら、禁煙は心がけておきたい前提条件です。 徹底的に禁煙を心がける。

5
★2

男性にモテない女性は、肌が荒れている。
男性にモテる女性は、肌が美しくてきれい。

肌の状態は、モテ方を左右するほど重要なポイントです。 肌の状態だけでモテ方が左右されるのは納得がいかないと思うかもしれません。 しかし、現実は違います。 すべての男性にとって、美肌は素晴らしい魅力。 肌が荒れている女性より、肌がきれいな女性のほうが、確実に人気です。 顔立ちに欠点があったとしても、肌がきれいなら、全体として美しく見えます。 男性にモテない女性は、肌が荒れています。 肌が荒れる原因はさまざまです。 ・喫煙 ・睡眠不足 ・運動不足 ・乱れた食生活 ・不規則な生活リズム ・ため込んだストレス すべて美肌の大敵です。 肌に悪い生活習慣を送っているので、いつも肌は荒れ、吹き出物だらけ。 本人は「肌が荒れているのはいけない」と分かっていても、なかなか生活習慣を改善しようとしません。 放置して荒れた肌が長期化すると、にきび跡ができてしまい、治したくても治らなくなります。 肌が荒れたままでは、男性にモテにくくなるでしょう。 荒れた肌が苦手という男性はいますが、きれいな肌の女性が嫌いな男性はいません。 いくらファッションがおしゃれであっても、肌が荒れていると、女性としての魅力や色気をアピールしにくくなるのです。 男性にモテる女性は、肌が美しくてきれいです。 肌が荒れる原因があるなら、肌がきれいになるのも原因があります。 ・徹底的な禁煙 ・十分な睡眠時間 ・定期的な運動 ・栄養バランスのとれた食生活 ・整った生活リズム ・定期的なストレス解消 日頃から美肌につながる生活習慣を心がけているので、いつも肌はきれい。 つやがあって、光を反射しています。 美肌で得をすることはあっても、損をすることはありません。 経済的に余裕があれば、美顔器の購入も検討したい。 美肌のためなら何でもするくらいの執念が大切です。 メイクやファッションより、美肌に力を入れるほうが、女性らしく輝ける近道になります。 男性たちは、美しい肌に見とれるのです。 美肌にいい生活習慣を心がける。

6
★2

男性にモテない女性は、いつも同じメイクをする。
男性にモテる女性は、場面に応じてメイクを使い分ける。

メイクには、3つの力があります。 (1)美しく見せる力 (2)特徴を加える力 (3)自信をつける力 肌を明るく見せたりしみや吹き出物を隠したりすれば、より女性らしい上品な美しさを演出できるでしょう。 メイクの特徴を加える力によって、自分の個性を強調させることもできます。 自分に合ったメイクをすれば、自信をつけることもできます。 人によって顔立ちが違うように、自分に合ったメイクもそれぞれです。 どの女性も、自分に合ったメイクをマスターしているでしょう。 ただし、自分に合ったメイクとはいえ、いつも同じメイクでは物足りないことがあります。 メイクは、場面に応じて使い分けることができます。 男性にモテない女性は、いつも同じメイクをします。 ビジネスでもプライベートでも、同じメイク。 友達といるときも恋人といるときも、同じメイク。 もちろんマナー違反ではありませんが、メイクの可能性を十分生かし切れていません。 せっかくメイクという自由に演出できる手段があるなら、場面に応じて使い分けたほうが、さらに可能性を引き出せます。 男性にモテる女性は、場面に応じてメイクを使い分けます。 ビジネスでは、ビジネス用のメイク。 プライベートでは、プライベート用のメイク。 特に恋愛では、恋愛用のメイクをします。 恋愛には恋愛に適したメイクがあります。 たとえば、赤を少し強調したメイクにすると、女性らしい色気や魅力が出やすくなるでしょう。 いつもよりアイメイクを強調すれば、目力が強くなり、相手のハートも動かしやすくなるはずです。 メイクも、女性の武器の1つ。 合コンやデートなど、恋愛が関係する場面では、恋愛用のメイクが最適です。 いつも同じメイクにするのではなく、恋愛に関係するときは、恋愛用のメイクをする。

7
★3

男性にモテない女性は、下品な色気を出している。
男性にモテる女性は、上品な色気を出している。

恋愛で色気は重要な要素です。 色気とは、人をひきつける魅力です。 色気は、ないよりあったほうがいい。 色気によって相手の感情を揺さぶることができれば、恋愛もスムーズに進むでしょう。 恋愛が上手な人ほど、色気の出し方も上手です。 ただし、色気を出すならマナーがあります。 できるだけ下品な色気は避け、上品な色気を心がけましょう。 同じ色気でも、下品と上品は完全に別物だからです。 男性のモテない女性は、下品な色気を出しています。 露出の多い服装。 強すぎる香水。 大げさなアクセサリー。 派手な腕時計。 どぎついメイク。 たしかに色気は出るかもしれませんが、注意が必要です。 下品な色気は、即効性こそありますが、知性や教養が感じられません。 遊びの恋愛をしたい男性にはモテるでしょうが、真剣な恋愛をしたい男性からはそっぽを向かれるでしょう。 むしろ真剣な恋愛をしたい男性であればあるほど、悪い勘が働き、急ぎ足で逃げるはずです。 色気を出すなら、下品ではなく、上品であることが大切です。 男性にモテる女性は、上品な色気を出しています。 清潔感と落ち着きのある服装。 ほのかに香る香水。 さりげないアクセサリー。 シンプルな腕時計。 自然なメイク。 上品な色気を出すには、知性と感性が必要です。 丁寧だから、気品が感じられる。 さりげないから、深く印象に残る。 ちらりと見えるから、どきっとさせることができる。 上品な色気は、目立たず自然なので、相手の外見より中身に集中しやすくなります。 結果として、心の距離を縮めやすくなります。 真剣な恋愛がしたいなら、上品な色気を出しましょう。 アピールするなら、下品な色気ではなく、上品な色気を出す。

8
★1

男性にモテない女性は、自分のチャームポイントが分からず、損をしている。
男性にモテる女性は、自分のチャームポイントを把握して、生かしている。

男性にモテない女性は、自分のチャームポイントが分かっていません。 実際のところ、チャームポイントはあるのです。 どんな人にも、チャームポイントが1つはあります。 世の中に同じ人が1人としていないように、その人ならではの個性的な特徴があります。 個性的な特徴こそ、チャームポイント。 どんな個性的な特徴でも、見せ方や生かし方しだいで、チャームポイントに変えることができます。 しかし、男性にモテない女性は、自分のチャームポイントを見つけようとしていません。 自分では当たり前のことなので、見落としていることが多い。 人から「素晴らしいチャームポイントだね」と褒められても「違います」「普通です」「むしろ嫌いです」などと否定する。 その割に「自分には、もっと別のチャームポイントがあるはず」と悩んでいます。 せっかく貴重なチャームポイントがあっても、自覚していなければ、生かすことができません。 自分のチャームポイントが分からないと、自分の上手な表現の仕方も分からない。 まさに宝の持ち腐れ。 人付き合いでも恋愛でも、気づかないうちに損をしてしまいます。 男性にモテる女性は、自分のチャームポイントをきちんと把握しています。 しかも把握しているだけでなく、きちんと生かしています。 たとえば「耳たぶが大きい」という特徴があるとします。 耳たぶが大きいことも、立派なチャームポイント。 自分の耳たぶが大きいことを自覚していれば、それにふさわしい服装・メイク・髪型などが分かります。 似合うイヤリングも見つけやすくなるでしょう。 チャームポイントが分かっているからこそ、自分ならではの魅力として、上手に表現ができるようになります。 「これが私のチャームポイント」と言える女性はモテます。 チャームポイントは、自分の武器であり、誇りであり、自信です。 チャームポイントを受け入れ、生かしている女性は、ますます魅力的です。 自分のチャームポイントを把握して、生かす。

9
★1

男性にモテない女性は、外見だけ磨こうとする。
男性にモテる女性は、外見だけでなく、内面も磨こうとする。

男性にモテない女性は、外見だけ磨こうとします。 とにかくメイクとファッションが大事。 ヘアケアやスキンケアにも熱心です。 自分の外見を磨くことに、お金と手間暇を惜しみません。 たしかに外見は重要な要素。 初対面のとき、相手を判断するのは、まず外見です。 外見が整っていれば、好印象なのは間違いありません。 ただし「外見だけ磨けばいい」と思うなら、注意が必要です。 外見だけ磨いていても、肝心の内面が荒れていれば無意味だからです。 美人でかわいいのに、言葉遣いは乱暴。 メイクはきれいなのに、マナーや態度が悪い。 おしゃれなのに、人の悪口や仕事の愚痴ばかり。 これでは、せっかく磨いた外見も無価値です。 下心のある男性にはモテるでしょうが、本当に自分を大切にしてくれる男性にはモテないのです。 男性にモテる女性には、外見だけ磨くのでは不十分。 内面も磨く必要があります。 男性にモテる女性は、外見だけでなく、内面も磨こうとします。 メイクやファッション、ヘアケアやスキンケアも大事ですが、それだけではありません。 人生に役立つ知識・優れた良識・幅広い教養を身につけ、知性を磨く必要があります。 世間の荒波に揉まれても生き抜くことができる処世術も大切です。 つらいことがあっても、踏ん張れる精神力も欠かせません。 人付き合いを円滑にする言葉遣いやマナーも身につける必要があります。 なにより、愛と感謝にあふれる献身的な心を育てることが重要です。 外見だけでなく、内面まで磨いてこそ、女性として本当に輝けます。 外見と内面の両方が輝く女性は、すべての男性から注目されるでしょう。 あなたを大切にしてくれる男性に愛されるのです。 外見だけでなく、内面も磨く。

10
★2

男性にモテない女性は、複雑に考え、結局行動しない。
男性にモテる女性は、シンプルに考え、すぐ行動する。

男性にモテない女性は、複雑に考える癖があります。 しなければいけない仕事の前には、慎重に方法や順番を考えます。 トラブルのパターンと対処も、考えられるだけ考えます。 もちろん仕事がスムーズになるよう、前もって計画を立てておくことは大切です。 無駄な取り組みではなく、むしろ当然の行為と言えるでしょう。 しかし、男性にモテない女性の場合、往々にして複雑に考えすぎます。 確率の低すぎることまで考慮に入れ、あらゆる状況に対応しようとします。 余計なことまで考えようとします。 考えても仕方ないことまで考えてしまう。 慎重なのはいいのですが、慎重すぎます。 あれこれ複雑に考えているうちに疲れ、結局行動しなくなるのです。 複雑に考えてばかりで行動しない女性は、男性から人気がありません。 裏を読んだり、油断できなかったり、過度な考えに振り回されたりなど、なかなかリラックスがしにくいのです。 一方、男性にモテる女性は違います。 男性にモテる女性も仕事をする前には考えますが、考え方がシンプルです。 シンプルこそベストであることをよく理解しています。 しなければいけない仕事は、シンプルに考え、すぐ行動に移します。 目的や意味、方法や順番、急なトラブルなど、シンプルに考えます。 判断に迷ったときは、勘とセンスを頼りにさっと行動します。 運に任せるしかない状況は、幸運を祈って行動する。 考えても仕方ないことについては、もはや考えません。 余計なことを考えないため、無駄な動きが少なく、心も疲れにくくなります。 フットワークは軽くなり、行動力も高まり、物事の進展が早くなるのです。 物事はシンプルに考え、すぐ行動するようにする。

11
★2

男性にモテない女性は、徹底的に隙を見せない。
男性にモテる女性は、上手に隙を見せる。

男性にモテない女性は、徹底的に隙を見せません。 できるだけ完璧に振る舞おうとします。 もちろんきちんとした様子を見せるのは、社会人として立派な姿。 礼儀正しく、機転が利き、気遣いができれば、多くの人から愛されるでしょう。 社会人として常識を身につけ、節度と良識ある対応は、必ず本人のためになります。 ただし、徹底的に心がけるとなると、少し印象が変わります。 客観的に見て、まったく隙のない女性はどう感じるでしょうか。 どんなことも完璧にこなし、間違えない。 常にきびきびとして、スピード感がある。 自立しているのはいいですが、自立しすぎている。 気持ちの緩みがなく、常に緊張感が漂っていると、なかなかリラックスができません。 まったく隙がない様子は、少し人間離れした印象を与えることがあります。 男性は「しっかりしている女性」と思いつつも、少々落ち着かないでしょう。 男性は「自分がいなくても大丈夫だね」「1人で生きていけるよね」と思う。 自然と恋愛対象から外れやすくなるのです。 一方、男性にモテる女性は、上手に隙を見せていきます。 もちろんとぼけているのではありません。 本当は賢く、あくまでわざと隙を見せます。 できない様子を演じたりとぼけた様子を見せたりなど、やりすぎない程度に鈍感を装います。 人として不完全な部分があったほうが、人間らしく感じさせます。 実際のところ、少し隙のある女性のほうが男性から人気が出ます。 現実を見てください。 「天然」と呼ばれる女性は、比較的男性から人気があるのではないでしょうか。 女性の鈍感な部分を男性がうまくフォローできると、男性にとっても威厳を保ちやすくなるでしょう。 恋愛がうまい女性は、上手に隙を見せることができるのです。 徹底的に隙を見せないより、上手に隙を見せる。

12
★2

男性にモテない女性は、一方的に話しすぎる。
男性にモテる女性は、会話のキャッチボールができている。

女性は男性に比べて、よく話す傾向があります。 女性にとって話すことは、基本的欲求に近い位置付けです。 原始時代、女性にとって会話は、情報を得るための重要な手段でした。 男性が狩りに出ている間、女性たちは話すことで互いの情報を交換して、生活に役立てていました。 実際に脳においても、男性に比べて女性のほうがコミュニケーションに関する領域が発達しています。 その特徴が現代でも残り、女性は男性より話すことが得意という傾向があります。 「おしゃべりなら何時間でもできる」という女性も多いのではないでしょうか。 この特徴は、女性同士ならいいのですが、男性と話すときは注意が必要です。 意識をしないと、男性の前でつい話しすぎやすいからです。 男性にモテない女性は、一方的に話しすぎるのが特徴です。 話す、話す、また話す。 男性と女性の話す割合が、1対9や2対8になっています。 自分の欲求の赴くまま、ストレスを発散させるかのように、ずっと話そうとする。 あげくには男性の話を遮ってまで話そうとします。 もはや言葉の噴火状態です。 一見すると賑やかで楽しそうですが、聞き役の男性は複雑な心境になるでしょう。 聞くのも体力を使います。 一方的に話を聞くだけでは、疲れる上、会話も成り立っていません。 男性はにこにこ笑っていても、心の中では「よく話す女性だな。自分の話も聞いてほしい」と思う。 よく話す女性に男性は圧倒され、へきえきするでしょう。 自然と身を引いてしまうのです。 一方、男性にモテる女性は、会話のキャッチボールができています。 一方的ではなく、話すことと聞くことのバランスがとれています。 女性ばかりが話し続けるのではなく、きちんと男性の話も聞きます。 もし自分が話しすぎていることに気づけば、すぐ話を控え、聞き役に回ろうとします。 聞いたり話したりするバランスがとれていると、ゆっくり自然とお互いを知ることができます。 会話のバランスがとれているからこそ、良好な関係が構築できるのです。 男性との会話では、自分ばかり一方的に話すのではなく、会話のキャッチボールを意識する。

13
★1

男性にモテない女性は、徹底的にプライベートを秘密にする。
男性にモテる女性は、少しずつプライベートを打ち明けていく。

プライベートは、気軽に話せる話ではありません。 個人情報やプライバシーが関係しているため、信用できる人にしか話せない話題でしょう。 ただし、プライベートは絶対話すべきではないかというと、そうではありません。 もっと親しくなりたければ、お互いの信頼関係に応じて、少しずつプライベートを打ち明けていくのがいいでしょう。 男性にモテない女性は、徹底的にプライベートを秘密にします。 自分のプライベートを話すのは恥ずかしく、自分の印象も悪くなるかもしれないので、秘密を貫こうとします。 一見すると、上品であるように思えるかもしれません。 しかし、プライベートを秘密にしたままでは、自分を詳しく知ってもらうことができません。 心の距離ができたままになり、本当に打ち解け合うのが難しくなる。 プライベートを秘密にし続けることは、自分の印象が傷つかない代わりに、相手ともっと親しくなる機会も逃すことになります。 では、男性にモテる女性はどうするのか。 もちろん男性にモテる女性も、最初はプライベートを秘密にします。 ただし、ずっと秘密を貫くわけではなく、信用の度合いに応じて態度を軟化させていきます。 相手との信頼関係が深まるにつれて、少しずつプライベートを打ち明けていきます。 プライベートを打ち明けるときも、相手から聞かれて答えるのではなく、自分から打ち明けようとします。 自分からプライベートを打ち明ければ、相手もさらに心を開くでしょう。 ますます心の距離を縮めることが、結果として恋愛に発展する可能性も高まるのです。 自分のプライベートは、秘密を貫くのではなく、相手が信用できるにつれて少しずつ打ち明けていく。

14
★1

男性にモテない女性は、男性の失敗を厳しい言葉で責める。
男性にモテる女性は、男性の失敗を優しい言葉で励ます。

どんな男性でも、女性の前ではかっこいいところを見せたいと思うもの。 スマートな対応を見せて、尊敬されたい。 仕事で成功したことを報告して、立派に見られたい。 ところが時には、やはり女性の前で見苦しい姿を見せてしまうことがあります。 単純な間違いをすることもあれば、恥ずかしい勘違いをすることもある。 明らかな失敗で大恥をかくこともあるでしょう。 そんなとき、男性にモテる女性とモテない女性とで、対応に差があります。 男性にモテない女性は、男性の失敗を厳しい言葉で責めます。 「ださい」 「男らしくない」 「もっとしっかりしてよ」 「見ているこちらまで恥ずかしい」 「そんなこともできないなんて情けない」 女性としては、強い言葉で励ましているつもりです。 ところが男性にとっては、プライドをずたずたに切り裂かれたように感じます。 恥ずかしい姿を見られただけでなく、プライドを傷つくことまで言われるのは、二重の苦しみ。 面目がなくなり、その女性に抵抗感を持つのです。 一方、男性に好かれる女性の場合、男性の失敗を優しい言葉で励まします。 「すごく頑張っていたよね。かっこよかったよ」 「十分頑張っていたよね。すごい」 「大丈夫だよ。これから上向きになるよ」 「また次があるよ。次はきっとうまくいくよ」 「私はいつも味方だよ。できることがあったら言ってね」 落ち込んでいるときに優しい言葉で励まされると、ほっと安心するでしょう。 優しい母と接しているような錯覚を覚え、気持ちが緩むでしょう。 普通のときに励まされるより、落ち込んでいるときに励まされるほうが、喜びを強く感じます。 男性の失敗に接したとき、心の距離を近づけるチャンスにするかどうかは、女性の言葉しだいです。 男性の失敗と接したときは、厳しく非難するのではなく、優しい言葉で励ます。

15
★4

男性にモテない女性は「こうしたほうがいい」と命令する。
男性にモテる女性は「こういうのはどう?」と提案する。

男性に言いたいことがあるとき、どう伝えるか。 それが問題です。 伝える内容は同じでも、言い方で印象が変わります。 男性に言いたいことがあるとき、代表的な言い方は「命令」と「提案」です。 男性にモテない女性は「こうしたほうがいい」と命令する傾向があります。 もちろん女性に悪気はありません。 男性のためを思い、素直に感じた意見を鋭く言います。 しかし、プライドの高い男性にとって、女性から命令されるのを嫌がる傾向があります。 特に失敗した直後に、女性から「こうしたほうがいい」と命令されると、なおさら不快感を持つでしょう。 「ああしろ」「こうしろ」と、がみがみ口うるさい印象になりやすい。 親切にしているつもりが、かえって嫌われる結果になってしまうのです。 男性に言いたいことがあるなら、表現の仕方を工夫しましょう。 男性にモテる女性が心がけるのは、提案です。 男性に言いたいことがあるとき「こういうのはどう?」と提案します。 選択肢だけを伝え、最終的な選択は男性にゆだねます。 この言い方なら、とげがなく、男性も受け入れやすくなります。 思っていることなら、何でも素直に発言すればいいわけではありません。 わずかな言い方の違いが、人間関係に影響を及ぼします。 命令はNGですが、提案はOKです。 男性と良好な関係を保つには、相手のプライドを傷つけない発言を心がけましょう。 男性には「こうしたほうがいい」と命令ではなく「こうすればどう?」という提案で接する。

16
★1

男性にモテない女性は、会話が途切れたとき、無表情でそっぽを向く。
男性にモテる女性は、会話が途切れたとき、かわいくほほ笑む。

会話が延々と続くとは限りません。 次から次へと話が続けばいいのですが、そうでないときもあります。 あるとき話のネタが尽き、会話が途切れ、沈黙になるときがあります。 沈黙になるのはいいのです。 会話が下手でもなければ、センスが悪いわけでもありません。 誰と話すときであっても、話のネタが尽き、会話が途切れることはあって当然です。 問題は、沈黙になったとき、どうするかです。 男性にモテない女性は、会話が途切れたとき、無表情でそっぽを向きます。 会話が途切れていると、目と目を合わせにくいので、無表情で視線をそらします。 しかし、無表情で視線をそらす様子は、あまり美しくありません。 男性から見ると、つまらなさそうな様子や不機嫌な様子に見えます。 だんだん気まずい雰囲気が漂い始める。 だんだん息苦しくなってくる。 場の空気が重苦しく感じ始め、会話どころか、解散したくなるのです。 さて、男性にモテる女性は違います。 男性にモテる女性は、会話が途切れたとき、かわいくほほ笑みます。 何か言葉を発しているわけではありません。 ほほ笑むだけですが「沈黙を楽しんでいる」「一緒にいて楽しい」といったメッセージを送れます。 かわいいほほ笑みがあるおかげで、沈黙であっても楽しい雰囲気が続きます。 しばらくして次の話題が思い浮かび、楽しい会話が続きやすくなるのです。 会話が途切れたときは、そっぽを向くのではなく、かわいくほほ笑む。

17
★0

男性にモテない女性は、お金がかかるデートを求める。
男性にモテる女性は、お金がかからないデートも受け入れる。

デートに必要な費用は、内容によってピンキリです。 多額のお金がかかるデートもあれば、ほとんどお金がかからないデートもあります。 男性にとって、デートにかかる費用は重要なポイントです。 女性が求めるデートの内容によって、男性も付き合いやすさが変わるからです。 男性にモテない女性は、お金がかかるデートを求めます。 デートのたびに、おしゃれな服を買ってもらいたい。 舞台やミュージカルを観劇したい。 高級なレストランで、豪華な食事をしたい。 もちろん特別な日や大切な記念日なら、贅沢なデートもいいでしょう。 デートにお金がかかっても印象深く残り、効果的です。 しかし、男性にモテない女性は、自分本位の非常識なわがままが目立ちます。 「自分を安く見られたくない」「華やかな世界を楽しみたい」と思えば、お金がかかるデートを求めがちです。 「デート費用と愛の深さは比例する」「愛されているならデートにお金をかけて当然」など、勘違いしているふしがあります。 いつもお金がかかるデートを求めるとなると、事情が変わります。 男性は、デートのたびに多額の出費が必要です。 高額所得者でないかぎり、余裕を持ってお金を出すのは難しいでしょう。 毎回デートの出費が大きいと、自分の生活も苦しくなります。 女性のわがままに抵抗が強くなり、だんだん気持ちが冷めていきます。 ついには、お金の切れ目が縁の切れ目になるのです。 一方、男性にモテる女性は、お金がかかるデートも嬉しいですが、無理に要求することはありません。 お金がかからないデートも受け入れることができます。 ぶらぶら散歩をするデートも楽しめる。 カフェでまったりしながら話をするだけでも満足できる。 たまには安い居酒屋で飲むのもOK。 お金がかからないデートを受け入れることができるだけでなく、楽しむこともできます。 男性の経済的事情を考慮しながら、無理のないデートの範囲を心がけます。 出費の小さなデートなら、男性にとっても付き合いやすくなり、関係も長続きするのです。 お金がかかるデートを要求しすぎず、お金がかからないデートも楽しめるようになる。

18
★1

男性にモテない女性は「おごってもらって当然」と思っている。
男性にモテる女性は「おごりはありがたい」と思っている。

男性と食事の際、食事代をおごってくれることがあります。 もちろん完全な友達同士だったり、男女の収入が同じ程度だったりすれば、割り勘もあるでしょう。 しかし、恋愛が関係したり、経済力に差があったりすれば、男性がおごる状況が目立ちます。 特に年上で経済力のある男性なら、割り勘は避け、毎回快くおごってくれることが多いでしょう。 女性が支払おうとしても、男性は「いいよ、いいよ」と遠慮して、支払ってくれるはずです。 さて、おごってもらう場面に注目です。 男性にモテる女性とモテない女性では、おごりに対する意識に差があります。 男性にモテない女性は、男性との食事の際「おごってもらって当然」と思っています。 普段から男性からおごられるのに慣れていて、普通に感じています。 そのためおごってもらっても、喜ぶこともなければ、笑顔もありません。 おごってもらった後のお礼も忘れがちです。 男性はおごりつつも「一言くらい感謝があってもいいのに」と不満を抱くようになるでしょう。 感謝をしなくなったら終わりです。 自然と女性との間に溝ができ「長く関係を続けるのは難しいだろう」と直感するのです。 一方、男性にモテる女性は違います。 男性にモテる女性は「おごりはありがたい」と思っています。 いくら経済力のある男性であっても、財布が傷んでいるのは事実。 男性に食事をおごってもらったら、きちんと感謝を伝え、喜びを表現します。 たとえおごってもらう状態が毎回続いたとしても、喜びと感謝を忘れることはありません。 毎回新鮮な気持ちで「ごちそうさま!」「ありがとうございます!」の一言があります。 喜びと感謝さえあれば、男性も「おごってよかった」と安心します。 良好な関係も長続きして、どんどん愛されていくのです。 男性におごってもらうときは「おごってもらって当然」ではなく「おごりはありがたい」と考える。

19
★2

男性にモテない女性は、小さなことですぐ不機嫌になる。
男性にモテる女性は、少々のことでは不機嫌にならない。

あなたはすぐ不機嫌になるタイプですか。 それともなかなか不機嫌にならないタイプですか。 男性にモテない女性は、小さなことですぐ不機嫌になるのが特徴です。 1分でも遅刻すると、むすっとする。 少しでも失礼な言葉を言われたら、すぐ怒り始める。 急な予定変更があれば、ため息をついて嫌そうに受け入れる。 もちろん相手に非があり、自分は何も悪くありません。 しかし、少し心が狭いのではないでしょうか。 男性にとって、小さなことですぐ不機嫌になる女性は、付き合いにくい印象があります。 わずかでも不快にさせてはいけないため、気遣いや気配りが増え、常に緊張感が必要です。 不機嫌になれば、慰めたり謝ったりする必要もあり、良好な関係を保つ手間暇も増える。 小さなことですぐ不機嫌になる女性は、理性と自己管理が未熟な印象もあります。 男性だけでなく女性からも距離を置かれ、孤独になるでしょう。 男性からモテる女性は、少々のことでは不機嫌になりません。 数分くらいの遅刻なら気にしない。 少し失礼な言葉遣い程度なら、笑って聞き流す。 急な予定変更があっても、快く受け入れます。 怒るどころか「大丈夫です」「気にしないでください」など、配慮の言葉もあります。 男性にとって付き合いやすい雰囲気なので、自然とモテ始めます。 社会人なら、できるだけ寛大な心を持ちたい。 人間なら間違うこともあります。 相手のミスや間違いが不本意なら、なおさらです。 小さなミスや間違いくらいなら、心を大きくして、快く受け入れようではありませんか。 それが、男性からモテる女性になる鉄則です。 少々のミスや間違いがあっても、不機嫌にならず、快く受け入れる。

20
★3

男性からモテない女性は、立ち姿や歩き方がだらしない。
男性からモテる女性は、立ち姿や歩き方に気品がある。

男性からモテない女性は、立ち姿や歩き方がだらしない。 背筋は曲がり、下を向きがちな姿勢になっている。 がに股で足を引きずるような歩き方になっている。 体の力を抜いていれば、さぞ楽に感じるでしょう。 しかし、立ち姿や歩き方がだらしないと、生命力が乏しく、やる気や熱意のない様子に見えやすくなります。 たとえ本人に悪気はなくても、客観的にそう見られやすい現実がある。 多くの女性がメイクやファッションに心を奪われ、立ち姿や歩き方への意識が希薄です。 メイクやファッションも大事ですが、立ち姿や歩き方はもっと大事。 男性にモテるためには、立ち姿や歩き方に注意を向け、洗練させていく必要があります。 男性からモテる女性は、立ち姿や歩き方に気品があります。 いつも背筋はぴんと伸び、しっかり前を向いている。 歩くときは、きちんと地面を蹴ってかかとを上げ、きびきびした動きになっています。 立ち姿や歩き方が美しく、気品があります。 立ち姿と歩き方がきちんとしているだけで、品格が漂い、生まれや育ちが良さそうに見えるから不思議です。 立ち姿や歩き方は、習慣です。 メイクやファッションにはお金がかかりますが、立ち姿や歩き方にお金は必要ありません。 先天的要素ではなく、後天的要素。 大切なのは、本人の心がけのみ。 「できる・できない」ではなく「やるか・やらないか」です。 本人の意思さえ強ければ、今すぐでも美しくできます。 普段から上品な立ち姿と歩き方を心がけ、習慣として身につけましょう。 無意識のうちにできるころには、男性にモテる雰囲気が出ているはずです。 上品な立ち姿と歩き方を心がけ、気品を出す。

21
★4

男性にモテない女性は、笑顔の練習をしたことがない。
男性にモテる女性は、陰で笑顔の練習をしている。

笑顔とは何か。 笑顔とは、相手のハートを射止める矢。 底抜けに無邪気な笑顔を見せることで、男性をどきっとさせることができます。 男性にモテない女性は、笑顔の練習をしたことがありません。 そもそも笑顔は、気持ちが高揚したとき、自然になるものと思っています。 今まで撮った自分の写真を見ると、笑顔はいつも同じ表情ばかり。 たしかに自然に任せた笑顔もいいのですが、ちょっと待ってください。 笑顔には、まだまだ秘められた可能性があります。 もちろん笑顔があるだけまだいいのですが、練習をすれば、もっといい笑顔になれます。 笑顔を作り出すのは、表情筋です。 表情筋の正体は、筋肉。 足腰を鍛えると筋肉が鍛えることができるように、笑顔も練習をすれば、表情筋を鍛えることができます。 より輝く笑顔を演出できるようになるのです。 男性にモテる女性は、陰で笑顔の練習をしています。 鏡の前でにっこりして、少しでもポジティブな印象が伝わる笑顔の練習をしています。 鏡の前に立ったら、とりあえず笑顔になるのが習慣になっています。 だから、大切な場面でとびきりの笑顔を見せることができ、男性のハートを射抜けます。 笑顔の練習をして、可能性をもっと引き出そうではありませんか。 練習でしわになるのが心配なら、入浴中がおすすめです。 湿度の高い空間なら、保湿効果によって、しわができにくくなるでしょう。 浴室という密室の空間も、1人で練習するにはうってつけです。 恥ずかしく思わず、自分の可能性をもっと引き出すために挑戦してみてください。 陰で笑顔の練習をして、いつでもとびきりの笑顔を見せられるようにしておく。

22
★4

男性にモテない女性は、笑顔が1種類だけ。
男性にモテる女性は、笑顔の種類が豊富。

男性にモテない女性は、笑顔が1種類だけです。 もちろん笑顔があるだけまだいいでしょう。 むすっとしてばかりの女性より、にこにこした女性のほうが、好感度が高いのは確実です。 しかし、笑顔が1種類だけなのは少し物足りないのではないでしょうか。 人の表情には、無限の可能性があります。 地球上で、人間ほど表情筋の発達した生き物はいません。 最も表情筋が発達している生き物として、表情の可能性をさらに引き出し、豊富な笑顔を表現しようではありませんか。 笑顔は、表情を少し変えることで、さまざまな種類が生まれます。 うふふと笑う静かな笑顔。 大きく口を開けた大爆笑。 白い歯を見せた上品な笑顔。 にこにこした楽しそうな表情。 苦笑い、愛想笑い、照れ笑い。 にやりとした謎めいた笑みもあるでしょう。 笑顔の種類が豊富な女性のほうが、華があり、魅力的です。 さまざまな笑顔を見せることで、さまざまな魅力を演出することができるようになります。 男性にモテる女性は、笑顔の種類も豊富です。 普段から鏡の前で、さまざまな笑顔の練習をしています。 どんな表情をすれば、どんな印象になるのか深く研究している。 それは、かっこ悪いことではありません。 モテたいと思うなら、むしろ当然の心がけです。 華がある女性とは、笑顔が豊富な女性のことをいいます。 さまざまな笑顔を見せるのは、さまざまなファッションでおしゃれをしているようなもの。 笑顔の種類を増やすことで、女性としての魅力の幅が広がるのです。 笑顔の練習をして、笑顔の種類を増やす。

23
★1

男性にモテない女性は、何でも自分で解決しようとする。
男性にモテる女性は、上手に男性を頼る。

男性にモテない女性は、何でも自分でしようとします。 分からないことは、分かるまで自分で調べる。 重い荷物は、時間がかかっても自分の力で運ぼうとする。 大量の仕事を抱えても、意地でも1人でこなそうとする。 男性が「手伝いましょうか」と声をかけてきても、断固として拒む。 一見すると立派です。 頑張り屋で行動力もあり、自立できている姿と言えるでしょう。 しかし、何でも自分でやろうとするのもよくありません。 何でも自分で解決しようとすると、男性を頼る機会がなくなります。 自立しているのは立派ですが、自立しすぎているのは注意が必要です。 自立しすぎていると、男性にモテない雰囲気も出やすくなります。 いつの間にか男性を遠ざける状況を作り出しているのです。 男性のモテる女性は、上手に男性の力を借りようとします。 分からないことはまず自分で調べますが、どうしても分からなければ男性に聞きます。 方向音痴で道に迷ったとき、近場に地図がなければ、近くにいる男性に道を教えてもらいます。 大量の仕事を抱えて、自分だけでは対処できそうになければ、男性にお願いして手伝ってもらいます。 男性から「手伝いましょうか」という親切も、素直に受け入れ、きちんと感謝します。 上手に男性を頼ることで、自然に男性と接する機会が増えます。 結果として、出会いを増やしたり親交を深めたりする機会になります。 何でも自分で解決しようとせず、できないことは上手に男性の力を借りる。

24
★2

男性にモテない女性は、非常識なわがままで嫌われる。
男性にモテる女性は、かわいいわがままで愛される。

女性のわがままには、2面性があります。 女性のわがままは、恋愛を妨げることもあれば、促すこともあります。 その差を分けるのは「わがままの程度」です。 男性にモテない女性は、非常識なわがままで嫌われます。 自分の仕事をすべてやらせようとする。 高額のプレゼントをせがんでくる。 いつも自分の希望を優先させようとする。 お金や手間暇のかかる難しい課題をお願いしてくる。 相手の立場や都合を考えず、非常識なわがままを主張します。 当然ですが、男性は疲弊します。 女性のわがままに応えたくても、難易度が高くて程度が甚だしいと、男性は嫌になるでしょう。 男性は女性のわがままに振り回され、途中からついていけなくなるのです。 さて、男性にモテる女性もわがままですが、少し違った特徴があります。 男性にモテる女性は、かわいいわがままで愛されます。 男性が簡単に達成できそうな、軽微なわがままだけお願いしようとします。 たとえば、荷物の持ち運びです。 力のある男性にとっては簡単なことであり、あっさり達成できるでしょう。 かわいいわがままなら、男性は女性を助けられるだけでなく、男性らしい勇姿と貫禄を見せるきっかけにもできます。 「ありがとう。さすが、○○さん。頼りになります!」 お礼を言いながら褒めれば、男性も誇りに思うでしょう。 非常識なわがままはNGですが、かわいいわがままならOKです。 男性のモテる女性は、かわいいわがままを通して、意中の人に近づきます。 かわいいわがままには、恋愛を促す力があるのです。 非常識なわがままは避け、かわいいわがままを心がける。

25
★3

男性にモテない女性は、喜びと感謝の表現が控えめ。
男性にモテる女性は、喜びと感謝の表現が豊か。

喜びや感謝の表現方法には、モテ方にも影響します。 男性にモテない女性は、喜びと感謝の表現が控えめです。 嬉しいことがあっても、あまり表情に出しません。 あっさりした様子で、はしゃぐこともない。 人からの好意や親切にも、お礼は「ありがとう」という一言だけ。 顔は、喜んでいる表情ではなく、淡々とした表情になっている。 一見すると、上品で落ち着いている様子があり、素晴らしいと思うかもしれません。 しかし、上品や落ち着きも、度が過ぎると誤解を招きます。 「元気がなさそう」「大丈夫だろうか」「嫌われているのではないか」など、余計な心配をさせるでしょう。 親切にしても「あまり喜ばれない」「あまり感謝されない」と誤解され、優しく接する男性も減るのです。 一方、男性にモテる女性は、喜びと感謝の表現が豊かです。 喜ぶときは、満面の無邪気な笑顔で「わあ、嬉しい」「やった!」「すごい!」などと叫びます。 人から親切にされたときは、にっこりほほ笑みながら「ありがとうございます!」と頭を下げます。 喜びと感謝だけは、少し大げさな表現でもマナー違反にはなりません。 むしろ素直に感情を表現する女性は、男性から見てほほ笑ましく感じるでしょう。 喜びと感謝は、ポジティブな表現です。 ポジティブな表現が大きいと、ポジティブな印象も強くなる。 男性はこう思うでしょう。 「かわいいな。もっと優しくしてあげたい。もっと喜ばせてあげたい」と。 男性の心に火をつけ、夢中にさせます。 喜びと感謝は少し大げさに表現したほうが、恋愛を活性化できるのです。 喜びと感謝の表現を大きくする。

26
★2

男性にモテない女性は、男性の前で絶対泣かない。
男性にモテる女性は、男性の前でよく泣く。

男性にモテない女性は、男性の前で絶対泣きません。 「泣き顔を見せるなんて、恥ずかしいだけ」 「泣いてしまうと、精神力が弱いと思われるのではないか」 「あきれて嫌われるかもしれない」 「自分の評価が下がるかもしれない」 「心に病気を患った人だと誤解されそう」 泣くことにネガティブな考えを持っています。 涙が出そうになっても、気合を入れ、ぐっと辛抱しようとします。 もちろん小さな出来事ですぐ泣くなら、少しは我慢も必要でしょう。 いつも泣いてばかりでは周りの人たちを心配させます。 子供のように誤解されることもあるでしょう。 しかし、涙も使い方しだいです。 涙は、女の武器の1つ。 涙には、男性の気を引く効果があります。 悪用は厳禁ですが、大切な場面では有効です。 男性にモテる女性は、男性の前でよく泣きます。 感極まったときは、大粒の涙を流す。 泣き顔もしっかり見てもらう。 どうしても聞いてほしいお願いをするときも泣く。 たとえくしゃくしゃの顔であってもいい。 女性の涙を見た男性は、心をぐっと引き寄せられるでしょう。 「守ってあげたい」「一緒にいたい」「力になりたい」という気持ちにさせます。 上手に涙を活用すれば、恋をスムーズにさせるでしょう。 男性の前では、泣くのを我慢するより、あえてよく泣く。

27
★1

男性にモテない女性は、涙も鼻水も見せる。
男性にモテる女性は、涙を見せても、鼻水は見せない。

あなたは泣きやすいタイプですか。 悲しいときだけでなく、嬉しいときも、泣くことがあるでしょう。 涙と鼻水。 どちらも泣いたときに出るものですが、ここに注意点があります。 男性にモテない女性は、泣くとき、涙も鼻水も見せてしまいます。 涙はOKですが、鼻水はNGです。 涙は美しいですが、鼻水は美しくありません。 鼻水がだらだら出ていると、やぼで間抜けな顔になってしまいます。 だらだら鼻水まで出ていると、美しくなるはずの泣き顔が台無しになります。 一方、男性にモテる女性は、涙を見せても、鼻水は見せません。 「涙は女の武器」と言われます。 涙は積極的に見せる一方、鼻水だけは見せません。 一流女優が感動で泣いている場面があれば、よく観察してください。 涙を見せても、鼻水は見せていないはずです。 涙を見せても鼻水は見せないから、絵になるような美しい泣き顔になっています。 男性の心を動かすのは、あくまで涙であり、鼻水ではありません。 男性の前で泣くことがあれば、涙を見せても、鼻水は見せないことです。 男性の前で泣くとき、涙は見せても、鼻水は見せないようにする。

28
★0

男性にモテない女性は、自分の役割に関心がない。
男性にモテる女性は、状況に応じて引き立て役になる。

あなたは自分の役割を意識したことはありますか。 人間関係では、いつも自由に振る舞えばいいわけではありません。 時には自分の役割を意識しなければいけない場面もあります。 人間関係が円滑になるよう、自分の立場を考えた振る舞いが求められます。 特に恋愛では、成就に影響するほど重要な要素。 自分の役割を意識する・しないは、恋愛の成り行きも左右します。 自分本位を捨て、他人本位を心がけたほうがいい場面もあるのです。 男性にモテない女性は、自分の役割に関心がありません。 誰の前でも自分の役割に無関心。 どんな状況であっても、自分の立場を考えず、役割を意識することもありません。 もちろん自由気ままな行動はいいのですが、どんなときでも自分の役割に無関心なのは要注意です。 いつの間にか男性が活躍する場を奪ってしまうことがあるからです。 気づかないうちに、自分が主役の座を奪っているかもしれません。 意図しないまま、男性の仕事を邪魔していることもあるでしょう。 自分の役割に無関心だと、本人に悪気がなくても、結果として男性に迷惑をかけてしまう場合があるのです。 男性にモテる女性は、状況に応じて引き立て役になります。 時と場合に応じて、あえて自分本位を捨て、その人のよさが際立つよう振る舞う人になります。 たとえば、男性が活躍できる場面では、少し後ろに下がって目立たないようにします。 発言したいことがあっても控えたり、行動したくても我慢したりです。 むしろ男性がもっと輝けるよう、励ましたり元気づけたりなど、支えになろうとする。 引き立て役を演じるからこそ、主役は主役らしくなり、男性が男性らしくなれます。 そのさりげない配慮は、男性に喜ばれます。 引き立て役は、陰で目立ちませんが、必要な存在です。 自分の役割を意識して男性と接すると、男性を成功に導く女性になれます。 状況に応じて引き立て役を演じる気遣いがあるからこそ、男性にモテるのです。 状況に応じて引き立て役になる。

29
★3

男性にモテない女性は、ひたすら恋の偶然を待つ。
男性にモテる女性は、積極的に恋の偶然を作り出す。

時として恋は、偶然によって急展開を迎えることがあります。 突然魅力的な人が現れたり、偶然が重なって親しくなったりなどです。 恋の偶然は、いわば起爆剤。 一気に2人の関係を進展させる力があります。 恋の偶然について、男性にモテる女性とモテない女性とでは対応が異なります。 男性にモテない女性は、ひたすら恋の偶然を待ちます。 出会いに恵まれなければ「いい出会いがないだろうか」と願い続ける。 片思いの人がいれば「自然と結ばれないだろうか」と思い続ける。 少し仲良くなれば「連絡してきてくれないだろうか」と待ち続ける。 いつも恋の偶然を願っています。 もちろん本当に偶然が訪れることもありますが、実際のところ、可能性は低いでしょう。 偶然に頼っているのは、受け身の姿勢です。 恋の偶然が訪れることを待っているだけでは、なかなか恋が進展しません。 くよくよ悩んでいるうちに、年だけ取ってしまうのです。 しかし、男性にモテる女性は違います。 男性にモテる女性は、積極的に恋の偶然を作り出します。 「偶然がないなら作ればいい」という前向きな考えがあり、野心に燃えています。 いい出会いがなければ、異性が集まる場に参加します。 出会う人の数を増やせば、必然的にいい出会いができる可能性も上がります。 片思いの人がいれば、さりげなく偶然を装って近づき、話しかけたり連絡したり誘ったりします。 偶然を装っていいのかと思いますが、適度の範囲なら問題ないでしょう。 偶然を装う行為は、すべて悪いと思わないことです。 もちろん迷惑になる行為はいけませんが、あくまで常識の範囲なら、どんどん偶然を装って近づくべきです。 自分の行動力に応じて、偶然を増やせます。 結果として、恋が進展する可能性も上がるのです。 ひたすら恋の偶然を待つのではなく、積極的に恋の偶然を作り出す。

30
★1

男性にモテない女性は、恋の想定外にいらいらする。
男性にモテる女性は、恋の想定外ににこにこする。

恋には想定外がつきものです。 思いどおりに進むより、思いどおりに進まないことのほうが多いでしょう。 好意を伝えようとして失敗するのは日常茶飯事。 思いどおりに恋が進むなら誰も苦労しません。 悩みと苦労の連続が恋とも言えます。 さて、男性にモテる女性とモテない女性では、恋の想定外の対応に差があります。 男性にモテない女性は、恋の想定外にいらいらします。 「なぜこんなにうまくいかないのだろう」 「もう少しのところで、いつもダメになる」 「自分には恋愛運がないのかな」 「恋の神様がじゃましているのかな」 「自分の努力が足りないせいかな」 不機嫌な表情を浮かべながら、うまくいかない現実にいら立ち、不満を感じます。 一見すると、うまくいかないときの当たり前の反応に思えるかもしれませんが注意が必要です。 いらいらしていると、不安定な心情が自然と言葉・表情・態度に表れます。 いかにも悪女・魔女のような顔になる。 重苦しい雰囲気が出て、男性に避けられ、ますます思いどおりにうまくいかなくなる。 恋の悪循環に陥るのです。 男性にモテる女性は、恋の想定外ににこにこします。 好意を伝えようとして失敗しても「まだ時間はある」と思って、元気でいます。 デートの直前にキャンセルされても「新しい時間ができた」と考え直し、有効に時間を活用します。 贈ったプレゼントが相手の好みでなくても「こういう失敗もあるよね。次に生かそう」と考えます。 「恋はなかなかうまくいかなくて当然」と思っているので、少々の想定外では動揺しません。 むしろ恋の想定外に直面しても「いい思い出ができた」「精神力が鍛えられる」「だから面白い」と、プラス思考で乗り越えます。 恋の想定外を楽しむと、心に余裕ができたり、諦めない根気も出てきたりします。 朗らかで幸せそうな雰囲気も出ます。 前向きで軽やかな雰囲気が周りに伝わり、男性からもモテるようになるのです。 恋の想定外が発生しても、いらいらするのではなく、にこにこする。

同じカテゴリーの作品