人生の教科書



モテたい

女性にモテる男性とモテない男性の
30の違い

  • 女性にモテない男性は、
    身だしなみが不衛生。
    女性にモテる男性は、
    身だしなみが清潔。
女性にモテる男性とモテない男性の30の違い

もくじ

1
★0

女性にモテない男性は、身だしなみが不衛生。
女性にモテる男性は、身だしなみが清潔。

女性にモテない男性は、身だしなみが不衛生です。 爪は伸びたままになっている。 爪の間には垢がたまっている。 髪はぼさぼさ。 肩にはふけが落ちている。 泥で汚れた靴。 何年も使い古したような服装。 歯を磨いていないのか、鼻をつまみたくなるほどの口臭。 体を洗っていないのか、吐き気がしそうなほどの汗臭い体臭。 これでは女性にモテるほうが不思議です。 不衛生を好む女性は、ほとんどいません。 つまり、不衛生になっていると、ほとんどの女性から嫌われます。 不衛生な身だしなみは、恋愛では最悪の要素。 どれだけ顔立ちや性格がよくても、身だしなみが不衛生なら、すべて台無しです。 不衛生は、すべての魅力を帳消しにするほど、致命的な減点になります。 女性だけでなく、すべての人から、逃げるように避けられるでしょう。 女性にモテる男性は、身だしなみが清潔です。 常に爪は短く切っています。 靴はきれいに磨かれ、服にもしわが寄っていません。 髪型も整っていて、もちろん肩にふけもありません。 食後は歯を磨いているので、息もきれい。 毎日体を洗っているので、体臭とは無縁です。 もしモテなくて困っているなら、自分の清潔感を心がけることから始めましょう。 おしゃれを気にするのも大切ですが、まず清潔感のある身だしなみを心がけるほうが現実的です。 もちろん極端な潔癖を勧めているわけではありません。 あくまで普通の清潔感で十分です。 清潔感は、ないよりあったほうがベターです。 清潔な身だしなみを心がけることなら、今すぐでもできるでしょう。 鏡の前に立ち、自分の身だしなみの清潔感を確認しましょう。 まず伸びた爪を切ることから始めてみてはいかがでしょうか。 清潔感のある身だしなみを心がける。

2
★3

女性にモテない男性は、自分の尺度で行動する。
女性にモテる男性は、相手に合わせて行動する。

自分の尺度で行動するか、相手に合わせて行動するか。 小さな違いに思えますが、モテる・モテないの違いを生むほど重要な行動基準です。 女性にモテない男性は、自分の尺度で行動します。 とにかく一番大事なのは自分。 自分の都合が最優先であり、周りの事情を深く気にしません。 ビジネスでもプライベートでも、相手の立場や周りの状況を考えず、自分の尺度で行動しようとします。 もはや世界は自分を中心に回っていると言わんばかりの行動です。 当然ですが、一緒にいても振り回されるだけ。 周りの迷惑になることもしばしばです。 必然的に摩擦が生まれ、人間関係がぎすぎすします。 周りから「あの人とはあまり関わらないほうがいい」とささやかれ、人が逃げていくのです。 女性にモテる男性は、相手に合わせて行動します。 節度と良識を身につけた社会人なら、自分の都合だけでなく、相手の都合も考えます。 たとえば、歩くときや食事をするとき、相手のスピードに合わせようとします。 会話のときなら、相手が知っている話題や喜びそうなネタを中心に進めます。 相手の都合が悪そうなタイミングなら、あえて連絡を控え、別の機会にします。 仕方なく自分の都合を優先させなければいけないときは、前もって相手と話し合い、許可をもらうようにします。 相手に合わせて行動しているため、余計な摩擦がなく、人間関係もスムーズです。 一緒にいて居心地がいいので、どんどん女性にモテるのです。 自分の尺度ではなく、相手に合わせて行動する。

3
★2

女性にモテない男性は、相手によって極端に態度を変える。
女性にモテる男性は、誰と接するときも態度が同じ。

あなたは相手によって態度を変えるタイプの人間ですか。 もちろん日常生活では、相手によって態度を変える場面があるのも事実です。 目上の人には、より丁寧な態度が求められるでしょう。 目下の人には、より威厳のある態度が求められるでしょう。 あくまで常識の範囲で態度を変えるなら問題ありません。 しかし、態度の変え方が極端になると、話は変わります。 女性にモテない男性は、相手によって極端に態度を変えるのが特徴です。 目上の人にはお世辞ばかりを言ってぺこぺこするのに、目下の人には態度が乱暴になってふんぞり返る。 好きな女性の前では優しいのに、そうでない女性の前では厳しくなる。 知人友人には、態度も言葉遣いも丁寧なのに、お店の人には偉そうな態度になる。 極端に態度が変わるのは、嫌われる原因です。 いくら上下関係があるとはいえ、限度があります。 特に女性は、人によって態度を変える男性が大の苦手。 人によって態度を変える男性は、女性から見て「主体性がない」と思われ、魅力が感じられないのです。 女性にモテる男性は、誰と接するときも態度が同じです。 相手が目上でも目下でも、一貫して丁寧な言葉遣いと態度を貫きます。 好きな女性の前では優しいですが、そうでない女性の前でも優しく接します。 お店の人と接するときも、丁寧な態度と言葉遣い。 いつも態度が同じである男性には、安心感と安定感があり、一緒にいて落ち着きます。 女性だけでなく男性からも、モテるようになるのです。 誰と接するときも、同じ態度で接する。

4
★8

女性にモテない男性は、見下す発言が多い。
女性にモテる男性は、尊敬する発言が多い。

女性にモテない男性は、見下す発言が目立ちます。 知人友人の短所を軽蔑する。 親の悪いところをばかにする。 時には、女性や外国人を見下すような差別発言もあります。 見下すような発言は、本人は楽しくても、周りから嫌煙されます。 見下す発言をすると、表情は歪み、居心地の悪い雰囲気が漂います。 どれだけ顔立ちが整っていても、周りの人は「感じが悪い」と不安になります。 「いつか自分も陰で言われるのではないか」と察します。 必要最低限のやりとりだけ済ませ、できるだけ距離を置こうとするのです。 女性にモテる男性は、見下す発言がありません。 その代わりに多いのが、尊敬する発言です。 どんな人にも、自分より優れているところが1つはあります。 自分より優れているところが1つでもあれば、尊敬の対象です。 女性にモテる男性であればあるほど、人の尊敬できるところを見つけるのがうまい。 悪いところがあっても目をつぶり、いいところだけ見ようとします。 周りの人たちのいいところをいつも尊敬しています。 それを思うだけで終わらせるのではなく、日常会話の中でも尊敬する発言がよく登場します。 「彼は、いつも仕事が速いよね。本当にすごい」 「彼女は、弱音を吐かないよね。私も見習いたい」 尊敬する発言をするとき、柔らかく温かい雰囲気が漂います。 だから周りの人は一緒にいて居心地がよく感じます。 鋭い観察力を持ち、素直に人の優れた点を貴び敬う人は、誰から見ても魅力的です。 尊敬する発言が多い男性は、ゆくゆく尊敬されるようにもなるのです。 見下す発言はやめて、尊敬する発言を増やす。

5
★2

女性にモテない男性は、威圧感のある話し方で嫌われる。
女性にモテる男性は、親近感のある話し方で愛される。

話し方によって、女性にモテる・モテないの違いが生まれます。 女性にモテない男性は、威圧感のある話し方が目立ちます。 たとえば、人を見下した発言、偉そうな言い方、乱暴な言葉遣いなどです。 「早くしろ!」 「そんなことも分からないのか」 「本当にお前は頭が悪いな」 偉そうな発言をすれば、自分は偉く見られると思っている。 威圧的な発言をすることで、自分の威厳を示すことができ、周りからモテると思っています。 しかし、これは大きな誤解です。 往々にして威圧感のある話し方は嫌われます。 女性だけでなく、男性からも不評です。 相手を傷つけたり攻撃したりする発言は、不快や反感を生み、余計な不和を作り出す原因になります。 自分では権威を誇示するつもりであっても、かえって嫌われる原因になるでしょう。 威圧感のある話し方は、一緒にいても落ち着かないため、必然的に人が離れていきます。 一方、女性にモテる男性は、威圧感のある話し方はしません。 女性にモテる男性が心がけるのは、親近感のある話し方です。 できるだけ相手の心に寄り添い、同意・共感・慰めの発言を心がけます。 「大変でしたね。少し休みましょう」 「少し難しかったですか。大丈夫ですよ」 「元気を出してね。私も同じ失敗をよくします」 自分と心の距離が近いと感じるので話しやすく、一緒にいても落ち着きます。 優しい男性が女性から人気であるように、話し方も親近感を意識すると、女性からの評判はよくなる。 だから「一緒にいたい」「もっと仲良くなりたい」と人気を集め、愛されます。 威圧感のある話し方はやめ、親近感のある話し方を心がける。

6
★4

女性にモテない男性は、つまらないギャグが多い。
女性にモテる男性は、知的なユーモアが多い。

話で人を笑わせるには、どうすればいいのか。 笑わせ方は、女性にモテる・モテないの違いを生みやすい部分です。 ただ笑わせればいいわけではありません。 大切なのは「笑わせ方の質」です。 女性にモテない男性は、つまらないギャグで笑わせようとします。 ギャグの内容が単純で、工夫がない。 内容が古くさく、時代感覚からずれている。 もしギャグが受けなければ「違うか」の一言で締めくくって、強引に笑わせようとする。 しかも、同じギャグを何度も言う。 つまらないギャグは、相手を楽しませるどころか、雰囲気を冷たくさせるだけ。 聞いているほうが恥ずかしくなります。 つまらないギャグを連発していると、男としての威厳と品格が損なわれるのです。 しかし、女性にモテる男性は違います。 女性にモテる男性は、つまらないギャグを避け、知的なユーモアを心がけようとします。 相手を笑わせる話の中に、思わずほほ笑んでしまうような知的な内容が含まれます。 たとえば、あるところに2時間待ちの行列があったとします。 普通なら「待つのは嫌だ」「2時間も待っていられない」などの一言が浮かぶところでしょう。 そんなとき「2時間なら映画を1本見ることができるね」と言えば、雰囲気が和むでしょう。 例え方がうまいと、分かりやすくて面白く、くすっと笑ってしまいます。 とっさに例えを思いつく様子から、頭の回転の速さや豊富な知性が感じられます。 大笑いさせるわけではありませんが、上品な笑わせ方なので、多くの人に受け入れられるのです。 さて、知的なユーモアは、心がけてすぐできるものではありません。 基本的に上級者向けの笑わせ方です。 知識や表現を身につけたり、空気を読んだり、知性を磨かなければいけません。 なにより場数が必要です。 時間はかかりますが、心がける努力を続けていれば、少しずつ向上していきます。 知的なユーモアは、女性にモテる男性には欠かせない要素。 最初から「自分にはできない」と諦めるのではなく、挑戦し続けることが大切です。 つまらないギャグを避け、知的なユーモアを心がける。

7
★2

女性にモテない男性は、運動が嫌いで、体格が貧弱。
女性にモテる男性は、運動の習慣があり、体格が立派。

女性にモテない男性は、運動の習慣がありません。 「運動しても疲れるだけ」 「筋肉痛が嫌い」 「運動しなくても、日常生活や仕事に支障はない」 そもそも体を動かすのが嫌いで、運動から逃げる姿勢があります。 もちろん生活習慣は個人の自由ですから、支障がなければ運動しないのも自由です。 最低限の筋力・体力・持久力さえあれば、生きていくことはできるでしょう。 しかし、重大な局面となるとどうでしょうか。 頼もしさを発揮しやすいのは、やはり運動の習慣のある男性のほうでしょう。 重大な局面で底力を発揮するには、土台である肉体が頑丈でなければいけません。 もちろん女性から見ても、がっしりした体格で堂々としている男性は頼もしく感じます。 肉体と精神はつながっています。 心を強く保つには、肉体を強化するのが効果的です。 定期的に運動を心がけ、筋力・体力・持久力を鍛えておけば、重大な局面で底力を発揮できます。 気づかないうちに、仕事の効率や集中力を高める土台になっているでしょう。 毎日運動できれば理想ですが、無理に続ける必要はありません。 週末だけジムを通うのもいい。 ジムが大げさなら、趣味としてスポーツを楽しむだけでも、体を鍛えられます。 定期的に運動する習慣があれば、筋力と持久力がつき、重大な局面で底力を発揮できます。 体を鍛えて丈夫になれば、心も強化され、自分に自信がつきます。 その自信が、堂々とした態度に転化され、女性にモテる雰囲気を生み出すのです。 定期的な運動の習慣を心がける。

8
★2

女性にモテない男性は、食事マナーが見苦しく、食べ方も下品。
女性にモテる男性は、食事マナーが美しく、食べ方も上品。

女性にモテる男性とモテない男性の、違いの1つ。 それは、食べ方です。 「食べ方くらい好きにさせてほしい」「食べ方くらいで人気に影響が出ることはない」と思うかもしれません。 もちろん食べ方は個人の自由。 強制されるものではありません。 食べ方にかかわらず食事を食べることができれば「腹を満たす」という最低限の目的は達成できるでしょう。 しかし、食べ方には「ある特徴」があります。 それは「人の生まれや育ちが表れやすい」という点です。 仕事でも恋愛でも、ある程度相手と親しくなると、一緒に食事をする機会が出てきます。 このとき、相手の食べ方が見苦しいと、一気に興ざめします。 取引先と会食で自分の食べ方が下品だと、常識を疑われ、今後の関係に影響することがあります。 女性と食事をするとき自分の食べ方が見苦しいと、相手に幻滅されるでしょう。 「食べ方くらいで判断されたくない」と思っても、実際には食べ方で人の内面を判断されやすい現実があります。 ゆくゆくは人間関係に影響を及ぼす可能性もゼロではありません。 女性にモテない男性は、食事マナーが見苦しく、食べ方が下品です。 そもそも食事マナーを知らないことが多い。 「腹を満たすことさえできれば、食べ方を気にする必要はない」と思っています。 ナイフとフォークの使い方が間違っている。 器に口をつけて、サラダを口にかき込む。 食事中「カチャカチャ」「ずるずる」など、不快な音を立ててしまう。 これでは、相手から「一緒にいて恥ずかしい」と思われるでしょう。 せっかく外見が整っていても、食事マナーが見苦しく、食べ方が下品だと、人生で損をすることが多くなります。 女性にモテる男性は、食事マナーが美しく、食べ方も上品です。 ナイフやフォークを慣れた手つきで使いこなします。 魚料理であっても、上手に骨を分けて食べることができます。 食事中、不快な音を立てることもありません。 上品な食べ方は、相手を口説いているようなもの。 食事をしながら相手をうっとりさせることができます。 美しい食事マナーと上品な食べ方からは、知性と品格を感じさせます。 食べ方が上品だからこそ、食事も楽しくなり、会話も弾みます。 美しい食事マナーと、上品な食べ方を心がける。

9
★2

女性にモテない男性は、名刺交換がないと、自己紹介がぎこちない。
女性にモテる男性は、名刺交換がなくても、自己紹介がスムーズ。

社会で仕事をしていると、名刺交換の場面になることがあります。 名刺には、氏名だけでなく、社名・役職・連絡先など重要な情報が記載されています。 プライベートな情報が記載されていることもあり、会話のネタになることもあるでしょう。 初対面の人と名刺交換をすれば、スムーズにお互いのプロフィールを交わせます。 ビジネスでは一般的な名刺交換ですが、モテる・モテないの差が現れやすい点です。 女性にモテない男性は、名刺交換がないと、自己紹介がぎこちない。 自分で自分の名前を言うのが恥ずかしく、名刺を渡して知ってもらおうとします。 また相手のプロフィールが分かっていないと、落ち着きません。 「初対面の人とは名刺交換をしなければいけない」という固定観念にとらわれています。 たしかに名刺は便利な道具ですが、頼り切るのは危険です。 名刺は切らすこともあります。 名刺交換をしないと仲良くなれないなら、名刺を切らした時点でアウト。 名刺がなくても、自己紹介くらいできるようにならなければいけません。 女性にモテる男性は、名刺交換がなくても、自己紹介がスムーズにできます。 最初は簡単な挨拶から始まり、雑談を通して自分の人となりを知ってもらうとします。 名刺に頼らなくても、自分をうまく表現できる柔軟性と臨機応変があるから、女性にモテます。 少々ぎこちないところがあってもいいのです。 名刺はあくまで道具。 あれば便利ですが、なくても対応できるようにしておくことが大切です。 名刺に頼らなくても自分をうまく表現できる人こそ、本当の社会人です。 あなたは名刺に頼らない状況で、どれだけ上手に自分を表現できるでしょうか。 「できない」と思うなら、それだけ自己紹介を名刺に頼り切っている証拠です。 私たちが学生の頃、名刺交換をしなくても、仲良くなることができたはずです。 初心を思い出し、名刺交換をしなくても、自己紹介をスムーズにできるようになっておくことが大切です。 名刺交換がなくても、スムーズに自己紹介ができるようにしておく。

10
★3

女性にモテない男性は、仕事の意味や目的を曖昧にしている。
女性にモテる男性は、仕事の意味や目的を把握している。

仕事に取り組むとき、意味や目的の把握をしていますか。 把握していなくてもいいように思えますが、実際は仕事の質に関わるほど重要なポイントです。 女性にモテない男性は、仕事の意味や目的を曖昧にしています。 仕事を与えられたとき、その意味や目的を確認しないまま着手しようとします。 もちろん意味や目的を知らなくても、仕事をすることはできるでしょう。 指示のとおりに仕事をこなしてさえいれば、特に問題はありません。 最低限の対処もできるはずです。 しかし、仕事の意味や目的を曖昧にしたままでは、肝心なところで差が出ます。 それは、トラブルが発生したときです。 トラブルが発生したとき、仕事の意味や目的が分かっていないと、柔軟な対応が難しくなります。 たとえば、社員の教育資料の印刷中にコピー機が壊れ、修理に時間がかかる状況になったとします。 目的を意識していないと「コピー機が直るまで社員教育もできない」と思うでしょう。 柔軟な対応ができず、すぐ諦めてしまいます。 仕事の意味や目的を知らないままでは、仕事も無味乾燥に感じやすくなる。 「やらされている」「処理をしている」という感覚に陥りやすくなり、やる気も根気も集中力が出にくくなります。 仕事をやるからには、意味や目的を把握して取り組みましょう。 女性にモテる男性は、仕事を取り組むとき、まず意味や目的を把握しようとします。 社員の教育資料の印刷中にコピー機が壊れて、修理に時間がかかる状況になっても、意味や目的が分かっていれば怖くありません。 仕事のゴールは、あくまで社員の教育。 コピー機が壊れても、教育資料をメールで送付したり口頭で説明したりなど、代わりの手段を考えることができます。 目指すゴールが分かっていれば、途中でトラブルが発生しても、臨機応変に対応できます。 仕事の意味が分かっていれば、動きが機敏になります。 明確な目的があると、責任感が出てきます。 仕事の意味や目的を把握しているからこそ、やる気も根気も集中力も出てくるのです。 仕事は、意味や目的を把握した上で取り組む。

11
★3

女性にモテない男性は、夢も憧れもない。
女性にモテる男性は、夢と憧れがある。

人生に張りを与えるものが、2つあります。 「夢」と「憧れ」です。 女性にモテない男性は、夢も憧れもありません。 もちろん夢や憧れは、持たなければいけないものではありません。 夢も憧れも必要ないと思うのも自由。 本人が望むなら、夢も憧れもなく、人生をぼんやり生きるのも悪くないでしょう。 しかし、夢や憧れは人生に張りを与えるもの。 貴い夢を持ち、真剣な憧れを持つことで、生き方が一変します。 夢とは何か。 夢とは、将来実現させたい大きな希望です。 夢を持つことで、人生の歩む方向が決まります。 人生の選択がしやすくなり、無駄な行動が減ります。 憧れとは何か。 憧れとは、強く心が引かれる対象です。 憧れを持つことで、手本となる対象ができます。 目指したい対象をイメージすることで、心に火がつき、成長を促します。 女性にモテる男性には、夢と憧れがあります。 叶えたい夢があり、それに向かって突き進んでいるから、いつも生き生きしています。 夢に関する憧れが存在しているので、それがお手本になり、成長も早い。 なぜプロはかっこいいかというと、夢と憧れに向かって突き進んでいるからです。 達成できるできないにかかわらず、貴い理想を目指して突き進んでいる姿が魅力的です。 もちろん夢や憧れを持つことで悩みや苦労も増えますが、喜びや楽しみも増えます。 涙も増えますが、笑顔も増えます。 なにより身も心も引き締まり、人生を生きる意義を見いだせるようになります。 大変なことがあっても、大義があれば、無駄になりません。 夢と憧れを持っている人は、生き生きしながら生きていけます。 夢と憧れを持つ。

12
★2

女性にモテない男性には、得意分野がなく、どの能力も普通。
女性にモテる男性には、得意分野があり、武器にしている。

女性にモテない男性には、得意分野がありません。 さまざまな仕事に対応できますが、どの能力も普通です。 悪いわけではありませんが、よいわけでもありません。 普通の仕事しかできないということは、代わりの人もたくさんいるということ。 一般的に「多くの能力を持つことはよい」とされますが、現実を見ると、一概には言い切れません。 時間もお金も有限です。 すべての能力を伸ばそうとするのは、時間もお金もかかりすぎるため、突出して能力を伸ばすのは困難です。 すべての能力を均一に伸ばそうとすると、没個性にもつながり、自分の代わりができる人を増やすことにもなります。 仕事上では、かえって不利に働く場合が目立ちます。 得意分野がないと、社内では目立たなくなり、長く生き残りにくくなるのです。 では、どうするか。 1つでかまわないので、得意分野を作るのです。 女性にモテる男性には、得意分野があります。 「これなら誰にも負けない」という得意分野があり、それを武器にして仕事をしています。 「○○なら任せてくれ」と言えることが大切です。 1つでも得意分野があれば、それに関しては堂々と胸を張ることができ、強気になれます。 そのジャンルになれば、自然と声がかかり、引っ張りだこになるでしょう。 もちろん周りから尊敬の対象です。 得意分野は、あなたの人生を救うほど、強力な武器になります。 あなたには得意分野がありますか。 まだないなら、これから得意分野を作りましょう。 得意分野は何でもいいのですが、できるだけ仕事や売り上げに貢献できる分野がおすすめです。 特に自分が好きなことは、効率よく能力を伸ばしやすい傾向があります。 もしすでに得意分野があるなら、もっと奥を深めましょう。 1つでも得意分野があれば、それを武器に人生を戦えます。 得意分野を持つ。

13
★3

女性にモテない男性は「約束を破っても謝ればいい」と軽視している。
女性にモテる男性は「約束は信用に関わる」と重視している。

約束を守る意識は、モテる・モテないに影響するポイントです。 約束の種類は関係ありません。 大きな約束だけでなく、小さな約束も大事。 取引先との約束だけでなく、家族との約束も大事。 約束を守ることは、信用だけでなく、人間関係にも影響します。 女性にモテない男性は、約束を守る意識が低い。 約束を守ろうとしつつも、本音では「約束を破っても謝ればいい」と軽視しています。 そのため日頃から約束をよく破ります。 謝って相手が許してくれれば問題ないと思っていますが、そう単純な話ではありません。 相手は許してくれても、信用が低下するのです。 約束を破られた相手は「信用できない人だ。この人とは大切な約束ができない」と思う。 人間関係は、信用という土台の上に成り立っています。 つまり、信用が低下すれば、人間関係の崩壊にもつながるのです。 小さな約束だから破ってもいいのではありません。 小さな約束でも、約束は約束。 大きな約束を守るのは当然ですが、小さな約束も油断せず、きちんと守ることが大切です。 女性にモテる男性は、約束を守る意識が高い。 「約束は信用に関わる」という認識があり、約束の種類に関係なく重視しています。 大きな約束は守って当然ですが、小さな約束でもきちんと守ります。 待ち合わせの時間でも、交通機関の遅延を考慮しながら、1分でも遅刻しないよう心がけます。 本来約束とは、人とするものではなく、自分とするもの。 「自分に嘘をつかない」「自己管理」という意味において、約束への意識は、その人の誠実さが垣間見える部分。 きちんと約束が守れば、信用という土台が強化され、人間関係の構築もスムーズになるのです。 約束の種類に関係なく「約束は信用に関わる」という意識を持って、きちんと約束を守る。

14
★2

女性にモテない男性は、手伝う行為が恩着せがましい。
女性にモテる男性は、手伝う行為がさりげない。

女性を助けるのは、男性の仕事。 困っている女性がいれば、男性の出番です。 ところがモテる男性とモテない男性とでは、手助けのときの接し方が異なります。 手伝う行為は同じであっても、行為に伴う発言や気持ちに差があるのです。 女性にモテない男性は、手伝う行為が恩着せがましい。 たとえば、荷物運びで困っている女性がいるとします。 このとき、女性にモテない男性は「余計な一言」があります。 「仕方ない。面倒だけど、手伝ってやるか」 「後からきちんと感謝してね」 ありがたく思わせようという態度が露骨でいやらしい。 「自分はいい人」「自分は頑張っている」と言わんばかりの発言のため、手伝われる側も申し訳なく、落ち着きません。 見返りを求めて手伝っている様子にも見えるため、手伝われても素直に喜べない。 嬉しい反面、困るのです。 一方、女性にモテる男性は、手伝う行為が恩着せがましくなく、さりげないのが特徴です。 たとえば、荷物運びで困っている女性がいれば「大丈夫ですか。一緒に運びますよ」とだけ言って、さっと手伝います。 余計な一言がない。 行動もさりげない。 「助けたい」「力になりたい」という純粋な気持ちがストレートに伝わり、好意を抱くのです。 純粋な気持ちで助ける男性が、女性に好かれます。 恩着せがましい手伝い方ではなく、さりげない手伝い方を心がける。

15
★1

女性にモテない男性は、誕生日や記念日に鈍感で、祝うことがない。
女性にモテる男性は、誕生日や記念日に敏感で、きちんと祝う。

女性にモテない男性は、誕生日や記念日に鈍感です。 バレンタインデー、ホワイトデー、クリスマス。 そもそも誕生日や記念日に関心がありません。 祝うつもりもなければ、何か特別なことをする予定もありません。 「祝うなんて面倒。ましてやプレゼントなんてお金の無駄」と軽視しています。 毎年「気づいていれば過ぎていた」という繰り返し。 いつもと同じ1日を過ごそうとします。 たしかに誕生日や記念日を祝わなければいけない義務はありません。 無視しても罰則も罰金もありません。 無関心なら無視するのも自由でしょう。 しかし、誕生日や記念日を手抜きする男性は、女性に不評です。 1年に1回しかない大切な日であるにもかかわらず、それを無視する神経が理解できません。 誕生日や記念日は、男性にとって無関心な日であっても、女性にとっては大切な日。 記念日を大切にしない様子は、節目を大切にしない態度として映り、心の冷たい人だと誤解されやすくなるでしょう。 特に誕生日を無視すると「自分は大切にされていない」と受け止めることがあります。 女性にモテる男性は、誕生日や記念日に敏感であり、きちんと祝います。 好きな人の誕生日や記念日は、忘れることがないようスケジュール帳に書き込みます。 誕生日や記念日が近づくにつれて、ふさわしいプレゼントを考え、準備を始めます。 余裕があれば、サプライズの演出も計画して、女性を喜ばせようとします。 たとえ忙しくても、言い訳にせず「忙しい中でもきちんと祝いたい」と思っています。 すべての記念日を祝うのが難しい場合は、誕生日だけは忘れません。 一緒に大切な日を祝うことで、同じ喜びを共有でき、共通の思い出もできます。 2人の結束もますます強くできる。 細やかな配慮と気遣いがあるから、ますます女性にモテるのです。 記念日に敏感になって、きちんと祝う。

16
★2

女性にモテない男性は、ギャンブルが大好きでのめり込んでいる。
女性にモテる男性は、気晴らし程度のギャンブルしかしない。

女性が嫌う、男性の習慣の1つ。 それは、ギャンブルです。 ギャンブルの習慣のある男性を好む女性はまれです。 むしろ嫌煙されるのが一般的です。 「趣味は何ですか」と聞かれて「ギャンブル」と答えると、女性は警戒を始めるか、さっと離れていくでしょう。 もちろんすべてのギャンブルが完全に悪いわけではありません。 たまには気晴らしとして、適度に楽しむ分にはいいでしょう。 お金を払ってはらはらどきどきする体験ができると思えば、一概に無駄とは言えません。 適度の範囲のギャンブルなら、ストレス発散として意義もあります。 しかし、ギャンブルが大好きでのめり込んでいる状態となると、話は変わります。 女性にモテない男性は、ギャンブルが大好きです。 基本的にギャンブルは、負けるようにできています。 儲かるのは胴元だけ。 胴元以外は射幸心をあおられ、どんどんお金を吸い取られます。 研究によって勝率を上げることはできても、運の要素が大きいゲームのため、限界があります。 そのためギャンブルは、すればするほど、お金も失います。 負けると何も残らないギャンブルは、人生を破滅させる原因になります。 特に借金をしてまでギャンブルを始める状態になれば、完全な赤信号。 もはや自制心と金銭感覚が失われた状態になって、危険水準に達しています。 どんなに顔立ちや性格がよくても、ギャンブルにのめり込んでいると、女性からの評価が一気に下がります。 女性にモテる男性は、ギャンブルとの付き合い方が上手です。 ギャンブルをすることはあっても、あくまで気晴らし程度。 そもそもギャンブルは負けるようにできていることを承知しています。 たまに気晴らしとして楽しむことはあっても、のめり込むとはありません。 ギャンブルとは適度な距離を置いています。 ギャンブルをするなら、のめり込まず、気晴らし程度にしておく。

17
★1

女性にモテない男性は、レディーファーストに無関心。
女性にモテる男性は、レディーファーストが当たり前。

レディーファーストとは、女性を優先させる欧米の習慣です。 欧米では一般的ですが、アジアではまだ浸透が不十分の状態です。 もともと欧米の習慣ですから、アジアでは不必要と思われがちですが、そうとは言い切れません。 女性は男性に比べ、体格が小さかったり力や体力が弱かったりする違いがあります。 女性の立場として、やはりレディーファーストは嬉しいもの。 レディーファーストには「女性を尊重する」という意味だけでなく「女性を守るのは男性の役目」という意味も含まれています。 レディーファーストを心がける男性は、やはり女性にとってかっこよく映ります。 女性にモテない男性は、レディーファーストに無関心です。 女性を優先させることはなく「早い者勝ち」という考え方が基本です。 入り口の出入りのとき、特に順番を意識しません。 レストランでメニューをオーダーするときも、まず自分から始めます。 順番に関することは、すべて自分が先になるような行動をします。 レディーファーストに関する話を聞けば「面倒」「堅苦しい」「不必要」と思います。 女性への尊重と気遣いが少ないので、やはり恋愛でも不利になるのです。 女性にモテる男性は、レディーファーストの習慣があります。 もはやレディーファーストは、特別なことではなく、当たり前の習慣になっています。 ドアを開けるのは、男性の役目。 レストランでメニューをオーダーするときも、まず女性からです。 順番に関することは、すべて女性が先になるような行動を心がけます。 レディーファーストを心がける男性は、女性にかっこよく映ります。 レディーファーストを通して女性を大切にする姿勢が伝わるため、女性からの評価が高くなるのです。 レディーファーストを当たり前の習慣として心がける。

18
★4

女性にモテない男性は、いきなりデートに誘おうとする。
女性にモテる男性は、まず食事に誘おうとする。

女性にモテない男性は、いきなり好きな人をデートに誘おうとします。 「少しでも早く親密になりたい」という焦る気持ちがある。 早く仲良くなりたいなら、デートに誘うのが最短と思うかもしれません。 もちろんすでに十分親密な関係になっているならいいのです。 お互いをよく知り、すでに恋人関係のような雰囲気なら、いきなりデートに誘うのもありでしょう。 女性は喜んでうなずき、次のステップに進めます。 しかしお互いをまだよく知らない状態でデートに誘うと、やはり女性は驚きます。 「デート」という言葉はインパクトがあります。 よく知らない人と2人だけで出かけるのは、誰でも不安でしょう。 どんなことをされるのか分からないため、反射的に断ってしまう。 「早く付き合いたい」という気持ちが大きすぎると、早まった行動をしてしまいがちです。 男性に悪気はないですが、最初から勢いが強いと、かえって女性にモテない原因を作り出すでしょう。 不本意な結果に終わってしまう場合が多いのです。 女性にモテる男性の場合、最初に誘うのは、デートではありません。 まず食事です。 「一緒においしいものを食べに行きませんか」 「今度、食事しながらゆっくりお話しましょう」 「おなかがすいたから、ご一緒に昼食はいかがですか」 食欲は誰にでもある欲求。 食事として誘えば、女性も抵抗感が小さく、うなずきやすくなるでしょう。 一緒に食事をすると、開放的でリラックスした雰囲気に包まれ、仲間意識も生まれやすくなります。 食事をしながら話をすれば、プライベートな話もしやすくなるので、お互いを深く知るチャンスにもなります。 こうして少しずつお互いの心の距離を縮めていき、十分親密になってからデートに誘います。 きちんと段階を経ているので、女性にとっても受け入れやすくなるのです。 いきなりデートではなく、まず食事から誘う。

19
★2

女性にモテない男性は、まず夜に会おうとする。
女性にモテる男性は、まず昼間に会おうとする。

女性にモテない男性は、まず夜に会おうとします。 たとえば、初めて一緒に食事をするときも、夜に会うことを好みます。 初めてのデートも、夜を選ぼうとします。 もちろんお互いすでに打ち解け合っている仲なら、夜でもいいのです。 「相手は信頼できる人。危険な人ではない」と分かっていれば、夜に会うのも怖くありません。 夜に会っても、きちんと帰らせてくれるでしょう。 しかし女性にとって、まだよく知らない男性と夜に会うのは不安です。 何をされるか分からない。 帰らせてもらえるのかも分からない。 外が暗いと人通りも少なく、何かあったときに助けを呼びにくい。 多くの不安があるため、夜に会おうと誘われても断ってしまいます。 女性にモテない男性は、そうした女性の警戒心理に気づいていません。 「なぜいつも断られるのだろう」と悩み、くよくよするのです。 女性にモテる男性は、まず昼間に会おうとします。 明るい時間帯に会い、明るいうちに解散しようと心がけます。 お互いをまだ知らない関係なら、なおさら昼間が最適です。 昼前に会えば、明るいうちに帰りやすくなります。 昼間のほうが、太陽の光で明るい雰囲気も出やすくなる。 外が明るいうちになら人通りも多く、何か困ったことが起きても、臨機応変に対応しやすくなります。 まだ太陽が出ている明るいうちなら、女性にとっても誘いを受け入れやすくなるのです。 夜に誘うのは、十分親しくなってからがいいでしょう。 十分親しくなるまで、会う約束は昼間にするのが無難です。 十分仲良くなるまでは、まず昼間に会うようにする。

20
★3

女性にモテない男性は、女性のわがままを嫌がっている。
女性にモテる男性は、女性のわがままを楽しんでいる。

女性は、わがままです。 「わがままはいけないこと」という社会常識が広く浸透していますが、仕方ない状況もあります。 男性から見れば、女性はわがままに見えやすい状況があるからです。 女性は男性に比べ、体格が小さかったり力や体力が弱かったりする傾向があります。 現代社会では、経済的にも社会的にも、女性は男性よりスムーズにいかない場面が目立ちます。 「男女平等」と叫ばれて久しいですが、社会の環境や風潮が、まだ理想に追いついていない現実があります。 そのため女性は生きるために、男性を頼りにする場合が多くなる。 結果として、男性から見て、女性はわがままに見えやすい状況があります。 もちろん非常識なわがままなら話は別ですが、男性にとって「女性はわがままに見えるのが普通」と考えるのがいいでしょう。 さて、問題なのは、わがままな女性との付き合い方です。 女性のわがままに対して、モテる男性とモテない男性とで対応が異なります。 女性にモテない男性は、女性のわがままを嫌がります。 わがままを言われると「情けない」「そんなこともできないのか」と見下した発言をしたり不機嫌になったりします。 女性を大切にする気遣いや心がけは足りないので「面倒」「嫌だ」という気持ちが態度や表情に表れる。 鋭い女性は男性の本音に気づき、さっと気持ちが冷めてしまう。 自然と女性を寄せつけない雰囲気が出てしまうため、ますますモテなくなるのです。 一方、女性にモテる男性は、女性のわがままを楽しんでいます。 手間暇がかかることでも、それで女性が喜んでくれるならよしとしています。 女性のわがままを受け入れることは、男性らしさを鍛える修行でもあります。 見方によって、頼りがいがあるところを見せつけるチャンスでもある。 わがままを受け入れる姿勢があるから、女性からも人気です。 女性のわがままを楽しみながら受け入れることで、男性も行動力と寛大な心を身につけていくのです。 女性のわがままを、嫌がるのではなく、楽しむ。

21
★7

女性にモテない男性は、好意より熱意を伝えようとする。
女性にモテる男性は、熱意より好意を伝えようとする。

好きな人を振り向かせるために大切なことが、2つあります。 (1)熱意 (2)好意 恋愛は、熱意だけで成就しません。 好意も必要です。 熱意も好意も両方大切ですが、比重の置き方には注意が必要です。 女性にモテない男性は、好意より熱意に比重を置く傾向があります。 もちろん熱意は恋愛成就に必要不可欠。 好きな人には一生懸命アプローチして、自分の気持ちを伝える必要があります。 しかし、好意より熱意のほうが強いと、なかなか思うようにいかないでしょう。 強引で暑苦しい印象が強調されるからです。 熱意は伝わっても、好意が伝わらなければ、意味がありません。 「がつがつした人」「勢いよく近づいてくる人」など、欲望や執着という印象が強くなり、肝心の好意が伝わりにくくなる。 相手は驚き、時には恐怖を感じ、逃げたくなるでしょう。 熱意が強すぎると、自己中心的な印象にもなりがちです。 結果として、恋愛に失敗しやすくなるのです。 では、どうすればいいのか。 女性にモテる男性が比重を置くのは、熱意より好意です。 あくまで大切なのは、好意。 つまり、相手を慕う気持ちです。 「あなたが好きだ」 「できるだけ一緒にいたい」 「あなたを幸せにしたい」 打算や損得勘定のない、純粋な好意を伝えるからこそ、相手も振り向いてくれます。 男性のアプローチにだんだん心を開き、応えてくれるようになります。 その上で熱意も伝われば、ますます恋愛成就の可能性は高まります。 熱意と好意は、似て非なるもの。 本気で恋愛成就を考えるなら、熱意より好意に比重を置くのが正解です。 女性を口説くときは、熱意より好意を伝えることに比重を置く。

22
★4

女性にモテない男性は「恋愛とは頑張るもの」と思っている。
女性にモテる男性は「恋愛は楽しむもの」と思っている。

恋愛をどう思うかは、恋愛の成り行きにも影響するポイントです。 女性にモテない男性は「恋愛とは頑張るもの」と思っています。 恋愛を課題のように考え、頑張ることが大切だと思っています。 もちろんミス・間違い・誤解を避けることは大切です。 事前に入念な計画を立てたり、予約を入れたりすれば、デートもスムーズ。 ベストタイミングを待つため、時には我慢することも必要でしょう。 知的なユーモアを含んだ会話で相手を楽しませることも、心の距離を近づける効果があります。 しかし「恋愛を頑張るもの」と思っていると、恋愛が堅苦しく窮屈になりがちです。 わざわざ心を奮い立たせて、無理に行動している様子がある。 たとえ好きな人ができてアプローチを始めたとしても、体力と精神力の消耗が激しくなり、恋愛が苦行になります。 体力と精神力は有限です。 最初はよくても、消耗が続けば、いつか息切れを起こすでしょう。 恋の悩みに苦しむだけになり、愛を育むプロセスを楽しむ余裕がなくなるのです。 女性にモテる男性は、恋愛への考え方が洗練されています。 女性にモテる男性は「恋愛は楽しむもの」と思っています。 計画を立てることも、面倒だと思わず、楽しみます。 プレゼントを選ぶときも、面倒だと思わず、選ぶ時間を楽しみます。 恥ずかしい場面さえ「貴重な体験」と思って楽しもうとします。 女性にモテる男性が思い描いているのは、相手が喜んでいる様子。 女性から「ありがとう」「嬉しい」と笑顔で喜ばれているイメージをしながら、手間暇を楽しんでいます。 だから、恋愛に手間暇がかかっても苦にならず、いつもわくわく楽しみながら取り組めます。 好きな人と一緒にいるときも幸せですが、一緒にいないときも幸せです。 恋愛を楽しむ姿勢があるから、勇気も行動力も出やすい。 結果として、恋愛成就の可能性が高まるのです。 恋愛は、頑張るものではなく、楽しむものと考える。

23
★5

女性にモテない男性は、お金をかけて親しくなろうとする。
女性にモテる男性は、手間暇をかけて親しくなろうとする。

何をかけて親しくなろうとするか。 それが問題です。 男性が女性の心を動かすためにかけるものは、大きく分けて2つあります。 (1)お金 (2)手間暇 もちろんどちらも大切ですが、比重の置き方が大切です。 女性にモテない男性は、お金をかけて親しくなろうとします。 もちろんお金が悪いと言っているわけではありません。 恋を実らせるにも、お金は必要不可欠。 プレゼントにもデートにも、お金はないよりあったほうが自由の幅が広がります。 お金は心の余裕にもつながるため、恋愛成就の重要要素と言っていいでしょう。 しかし、女性にモテない男性は、すべてお金の力で進めようとするのがいけません。 多くのアプローチにお金が関係して、お金に比重を置きすぎている。 高価なプレゼントさえすれば、モテると思っている。 高級レストランで豪華な食事をすれば、愛を感じてもらえると思っている。 お金さえあれば、好かれると思っている。 その短絡的な考えがよくありません。 「お金をかけさえすれば喜ばれる」という短絡的な考えは、自然と女性に伝わり、見抜かれます。 お金だけで親しくなろうとする様子は「楽に恋を実らせたい」という意味に解釈されます。 女性は嬉しい反面、冷たい印象を受けます。 何でもお金で解決しようとするのは、便利である反面、面倒から逃げている姿でもあります。 お金の力で親しくなろうとしても、誤解や温度差が生まれ、なかなか思うようにいかない状況が目立つのです。 では、親しくなるためには何が必要なのか。 本当に必要なのは、お金ではなく、手間暇です。 女性にモテる男性は、手間暇をかけて親しくなろうとします。 プレゼントを贈るにも、値段で選ぶのではなく、手間暇をかけようとします。 相手の好みに合ったプレゼントを選ぶために時間をかけます。 プレゼントにも、手書きの手紙を添える手間暇を惜しみません。 食事をするにも、相手の好みにあった雰囲気やメニューのあるレストランを選びます。 デートにふさわしいレストランを調べるのに手間暇をかけます。 もちろんきちんと予約もする。 サプライズの演出も、手間暇かけて準備する。 手間暇をかけている愛を育もうとする様子を通して、真剣な愛が伝わり、女性の心を動かします。 お金も手間暇も両方大事ですが、比重を置くのは、まず手間暇です。 お金をかけるのもいいのですが、手間暇をかける努力も忘れないことが大切です。 親しくなるなら、お金ではなく手間暇をかける。

24
★6

女性にモテない男性は、思ってもいない褒め言葉で褒める。
女性にモテる男性は、本当に思っている褒め言葉で褒める。

褒め言葉は、人間関係の潤滑油。 よいところを見つけたら素直に褒めることで、相手に喜ばれます。 女性にモテる男性ほど、褒め言葉が口癖であり、習慣になっています。 さて、この褒め言葉に注目です。 女性にモテる男性とモテない男性とでは、言い方に違いがあります。 女性にモテない男性は、思ってもいない褒め言葉で褒めようとします。 「とにかく褒めればいい」「褒めさえすれば好かれる」と、褒めることが目的になっている。 相手の機嫌を取るために、手当たり次第に褒めようとする。 これはよくないのです。 褒めるとはいえ、思ってもいない褒め言葉を言うのはよくありません。 無責任な褒め言葉は、相手の心に響きません。 相手は「社交辞令」「おべんちゃら」「うわべの言葉」とすぐ見抜き、がっかりするでしょう。 人間関係を円滑にするための褒め言葉が、かえって不仲の原因にもなりかねないのです。 では、女性にモテる男性はどうするか。 女性にモテる男性は、本当に思っている褒め言葉で褒めます。 自分が「よい」と感じた点だけ褒めるので、褒め言葉を語る口調には自然と気持ちが入ります。 本当に思っている褒め言葉は、自然と声・表情・雰囲気に熱気が帯びるので、相手にも伝わります。 褒め言葉を言うなら、自分が本当に「よい」と感じるところを見つける必要があります。 相手の様子をよく見て「優れている」「素晴らしい」と感じるところを見つけましょう。 どんな人にも、いいところが1つはあります。 観察力を磨くつもりで取り組めば、楽しみながら長所を探せるでしょう。 心を動かすのは心です。 本音で言う褒め言葉だからこそ相手の心に響き、喜ばれるのです。 思ってもいない褒め言葉ではなく、本当に思っている褒め言葉で褒める。

25
★4

女性にモテない男性は、嫌いなものがたくさんある。
女性にモテる男性は、好きなものがたくさんある。

女性にモテない男性は、嫌いなものがたくさんあります。 もちろん人間ですから、嫌いなものはあって当然です。 苦手な人、嫌いな食べ物、不得意な仕事などあるでしょう。 年を重ねても克服できないこともあります。 さて、嫌いなものがあるのはいいのです。 問題なのは、量です。 あまり嫌いなものが多いと、人間関係に影響することがあります。 嫌いなものが多い状況を想像してみてください。 「この人が嫌い。あの人も嫌い」 「これも食べられない。あれも食べられない」 「この仕事が嫌い。あの仕事も無理」 否定や拒否の発言が多いと、一緒にいる人を困らせることが増えるでしょう。 その人が嫌いなことを避けなければいけないため、気遣いが必要になり、接しにくくなります。 また嫌いなものが多い主張は、えり好みが激しく、わがままにも見られやすい傾向があります。 本人にそのつもりはなくても、周りに不本意な印象を与える可能性があります。 嫌いなものが多い男性は、接しにくい印象が強くなり、女性から不評なのです。 女性にモテる男性には、好きなものがたくさんあります。 仲のいい人、大好物、お気に入りの場所、好きな仕事。 好きな対象が多いと、その人の許容範囲は広いと分かります。 心の器の大きさを感じさせ、魅力的に映ります。 また好きなものが多いということは、ときめく対象も多いということ。 周りからは、生き生きしながら人生を満喫して生きている様子に見えます。 結果として、ますますモテるようになるのです。 嫌いなものは、できるだけ減らしましょう。 好きなものは、できるだけ増やしましょう。 嫌いなものを減らし、好きなものを増やしていくにつれて、モテる魅力が向上します。 嫌いなものを減らし、好きなものを増やしていく。

26
★10

女性にモテない男性は、とにかく優しいだけ。
女性にモテる男性は、優しさの中にも厳しさがある。

女性が好む男性の上位には、いつも人気の男性像があります。 「優しい男性」です。 「怖い男性は嫌い」という女性はいても「優しい男性が嫌い」という女性はいません。 いつの時代も、優しい男性は大人気。 女性にモテたいなら、優しい男性であることが必須条件です。 それなら徹底的に優しくなろうと思いますが、ここに落とし穴があります。 ただ優しいだけではいけないのです。 女性にモテない男性は、とにかく優しい。 優しいのはいいのですが、とにかく優しいだけになっています。 女性からのお願いなら、どんなことにも「イエス」と答える。 女性が間違ったことをしても目をつぶり、叱ることもない。 一見すると、優しさを極めた態度に思えますが要注意です。 優しいのはいいのですが、優しいだけになるのはよくありません。 優しいだけの男性は、女性にとって「いい人」「都合のいい人」「イエスマン」に映るでしょう。 女性から嫌われることはありませんが、頼りない印象が出ます。 友達に発展することはあっても、恋人までは発展しにくい。 接しやすい反面、男性としての魅力が感じられるかというと、疑問なのです。 一方、女性にモテる男性にも優しさがあります。 女性にモテる男性の優しさは、どこが違うのか。 それは「優しい中にも厳しさがある」という点です。 普段はにこにこして優しいですが、時と場合によって態度が引き締まります。 たとえば、女性からのお願いであっても、本人のためにならないと思えば、きちんと断ります。 もし女性が間違ったことをすれば、きりりとした表情で説教をします。 断ったり説教をしたりすれば女性から嫌われそうですが、あくまで本人を大切に思ってのこと。 その気遣いは、きちんと女性にも伝わります。 本気の気遣いは、厳しくても嫌われることはありません。 「本気で心配されている。大切にされている」という意味が伝われば、厳しさがあっても、女性は前向きに受け止めます。 洗練された本当の優しさに、男性としての魅力を感じるのです。 優しい中にも厳しさを持つ。

27
★2

女性にモテない男性は、とにかくしつこい。
女性にモテる男性は、引き際を見極めている。

あなたは、しつこいほうですか。 それとも諦めやすいほうですか。 世間では「諦めずにしつこいほうが夢は叶いやすい」と言われています。 そのため「諦めないのが素晴らしい」「悪あがきも大切」などの風潮がありますが、すべてがその限りではありません。 例外もあります。 特に追いかける対象が異性の場合は、注意が必要です。 女性にモテない男性が意中の人にアプローチするとき、とにかくしつこいのが特徴です。 電話やメールによるアプローチがしつこい。 告白に断られても、諦めず、しつこくデートに誘う。 「やめてほしい」と言っているにもかかわらず、やめようとしない。 女性にとってしつこい様子は「嬉しい・楽しい」より「怖い・気持ち悪い」と映ります。 1つ間違えれば、ストーカー。 これでは、女性に好かれるどころか、嫌われて当然です。 アプローチが誠実なら、状況が好転することもありますが、非常識なしつこさは、基本的にタブーと考えるのが妥当です。 しつこさの度が過ぎると、最悪の場合、大きな問題に発展する可能性もあります。 友達関係を維持するどころか「顔も見たくない」と言われるようになるでしょう。 しかし、女性にモテる男性は違います。 女性にモテる男性は、引き際を見極めています。 社会人としての常識と、守るべき一線を意識している。 「これ以上アプローチすると相手の迷惑になる」と分かれば、心残りであっても潔く諦めます。 諦めも肝心です。 意中の人がいるとはいえ、交際に発展できる見込みがないと分かれば、方向転換も必要です。 引き際を見極め、潔く諦めたほうが、お互い余計な苦労をしなくて済みます。 潔く諦めれば、最小限の傷で済むので、最低限の友達関係を保てるでしょう。 潔く引いたほうが、相手の気を引けることもあります。 恋のアプローチは、しつこくなりすぎず、引き際を見極めることが大切なのです。 恋のアプローチは、しつこくなりすぎず、引き際を見極める。

28
★2

女性にモテない男性は、そもそもサービス精神がない。
女性にモテる男性は、サービス精神が旺盛。

サービス精神とは何か。 「サービス」と聞けば、商業的な印象を持つかもしれませんが、そうではありません。 サービス精神とは、人を喜ばせようとする心や態度のこと。 つまり、純粋に人を喜ばせることを自分の幸せとする、奉仕の気持ちです。 女性にモテない男性には、サービス精神がありません。 人を喜ばせるような行為や発想が乏しい。 最低限の仕事を済ませ、それ以上の配慮や工夫がありません。 「無駄がない」とも言えますが「奉仕の気持ちが足りない」とも言えます。 むしろ「自分を喜ばせたり楽しませたりしてほしい」と思っています。 悪いことをしているわけではありませんが、いまひとつ人としての献身的な姿勢が足りません。 しかし、女性にモテる男性は違います。 女性にモテる男性は、サービス精神があり、しかも旺盛です。 もちろん見返りを求めてサービスをしているわけではありません。 女性にモテる男性は「人に喜ばれることが自分の喜び」と考えています。 人と接するときやイベントがあるときには「せっかくだから何か面白いことができないだろうか」と考える習慣があります。 プレゼントを贈るときは、一輪の花を添える。 祝うときには、サプライズの演出を加える。 会話のときは、ほほ笑むようなユーモアを含めてみる。 サービス精神があると、どんどん好感度が上がり、愛されます。 少しずつ自分のできる範囲から取り組んでみてはいかがでしょうか。 サーカスのピエロになれと言っているわけではありません。 無理のない範囲で人を楽しませたり喜ばせたりする行為を付け加えるだけでいい。 お金も時間もかからない範囲で心がけるなら、取り組みやすいはずです。 サービス精神があればあるほど、モテる魅力がアップしていきます。 「人に喜ばれることが自分の喜び」と考え、サービス精神を心がける。

29
★0

女性にモテない男性は、お酒に飲まれる。
女性にモテる男性は、お酒をたしなむ。

成人して社会人になれば、お酒を飲む機会も増えるでしょう。 お酒との付き合い方は、女性にモテる・モテないに影響するポイントの1つ。 アルコールの分解力は、生まれつきの体質が関係して、個人差があります。 お酒に強い人もいれば、弱い人もいます。 もちろんお酒に強いほうがよく、弱いのがいけないわけではありません。 大切なのは、お酒と上手に付き合えているかどうかです。 女性にモテない男性は、お酒の飲み方が乱暴です。 お酒を飲む目的が、味わうことではなく、酔うことになっています。 そのため、自分の許容範囲を無視して、ぐでんぐでんになるまで飲もうとする。 最終的にお酒に飲まれてしまいます。 酒癖も悪いため、一緒にいる人は迷惑を受けます。 翌日は二日酔いで仕事になりません。 普段の様子は好印象でも、酒癖が悪いと、一気に嫌われます。 お酒に飲まれると、体に悪いだけでなく、人間関係にも悪影響を及ぼします。 女性にモテる男性は、お酒の飲み方がたしなむ程度です。 あくまでお酒の味が分かる量に抑えます。 理性を失うほど飲みすぎることはありません。 酔ったとしても、ほろ酔いになる程度。 女性にモテる男性は、上手にお酒と付き合うことで、ストレス発散や社交に役立てます。 お酒と上手な付き合い方ができているため、人に迷惑をかけることはありません。 スムーズな人間関係を深めるために役立てているので、モテるのです。 お酒の飲み方は、たしなむ程度にする。

30
★3

女性にモテない男性は、コンプレックスを憎んで、劣等感に苦しむ。
女性にモテる男性は、コンプレックスを公表して、チャームポイントに変える。

人間なら誰にでもあるコンプレックス。 世の中に完璧な人はいません。 コンプレックスとの付き合い方は、生き方を決める重要な課題です。 女性にモテない男性は、コンプレックスを憎んで、劣等感に苦しみます。 コンプレックスを否定する考えがあり、いつも心はどんよりしています。 コンプレックスに気づかれると、幻滅されたり嫌われたりするだろうと思い、できるだけ隠そうとする。 表向きは普通に振る舞いますが、コンプレックスによる劣等感が強いため、本当に落ち着けません。 不安定な心の状態は、発言・表情・態度にも表れ、モテない雰囲気を作り出すのです。 しかし、女性にモテる男性は違います。 女性にモテる男性は、コンプレックスを自分から公表します。 「自分はこんなコンプレックスがある」と言えば、隠す必要がなくなり、気持ちが楽になります。 しかも公表するだけでなく、自分のチャームポイントに変えようとします。 たとえば「癖毛が強い」というコンプレックスがあるとします。 女性にモテる男性は、自分の癖毛を憎みません。 全面的に受け入れ、自分のチャームポイントに変えようとします。 癖毛とは、見方を変えれば、無料でパーマをかけているようなもの。 パーマ代が浮くだけでなく、独特のヘアスタイルも楽しめます。 コンプレックスはあっていいのです。 大切なのは、コンプレックスとの付き合い方。 コンプレックスを悪いと思うのではなく、自分のチャームポイントとして生かしていくことが大切です。 コンプレックスは自分の個性として受け入れること。 そうすれば、コンプレックスがあっても気になりません。 むしろコンプレックスのおかげで、個性的なチャームポイントが増え、自信に変わるのです。 コンプレックスは、憎むのではなく、公表してチャームポイントに変える。

同じカテゴリーの作品