失恋・別れ

別れ話のときに心がけたい
30のこと

読んだ お気に入り1
28

別れ話が平行線になっても、
考えが変わらないことを伝える。

別れ話が平行線になっても、考えが変わらないことを伝える。 | 別れ話のときに心がけたい30のこと

何度別れ話をしても、話が平行線になることがあります。

何度別れたいと伝えても、相手は納得してくれず、決着がつかない。

同じ話ばかりを繰り返して、時間の無駄が目立ち始める。

そんなとき、つい感情的な言葉で、無理やり別れを押し切りそうになるかもしれません。

「きちんと話を聞いているの?」

「何度も同じ話をさせないでほしい」

「本当に理解のない人」

「そんな態度だから、ますます別れたくなる」

こうした発言は厳禁です。

相手を非難したり、一方的に話を打ち切ったりするのはよくありません。

余計に別れ話がこじれます。

平行線になっても、冷静な態度を崩さないこと。

あくまで自分の決意が固いことを伝えましょう。

別れ話が平行線になっても、考えが変わらないことを伝えることが大切です。

「将来を真剣に考えて出した結論。私の気持ちは変わらない」

「私の中ではもう決めたこと。何度話し合っても、考えは変わらない」

「よく考えた上で別れることを決めた。今さら考えを変えるつもりはない」

感情をぶつけるように言うのではなく、明確に自分の意志を表明します。

話が平行線になったなら、相手が納得してくれるまで粘ること。

あなたの決意が固いと分かれば、相手は不本意ながらも、現実を受け入れるしかなくなります。

まとめ

別れ話のときに心がけたいこと その28
  • 別れ話が平行線になっても、考えが変わらないことを伝える。
「また連絡してもいいですか」と聞かれたときの返事。

もくじ
別れ話のときに心がけたい30のこと
別れ話が平行線になっても、考えが変わらないことを伝える。 | 別れ話のときに心がけたい30のこと

  1. 別れ話に礼儀は必要不可欠。
  2. 別れ話にメイクは必要なのか。
  3. 告白だけでなく、別れのときも、お守りが有効。
  4. 自分の部屋で別れ話をするなら、まず飲み物を差し出そう。
  5. 別れ話の前は、トイレに行っておこう。
    途中でトイレに行きたくなれば、遠慮なく申し出よう。
  6. 別れ話を敬語で話すと、適度な緊張感が生まれる。
  7. 座る位置は、別れ話の雰囲気に影響する。
  8. 余計なプライドがあると、うまく別れられない。
  9. 言葉は刃物であることを、常に意識する。
  10. ポジティブな言葉を使って、別れを表現しよう。
  11. 別れ話では、ぐだぐだした話し方をしない。
  12. 「嫌いになった」より「好きになれなくなった」。
  13. 「生理的に受け付けない」という表現は、本音であっても控えたほうがいい。
  14. 不満を言うことはあっても、恨みを言ってはいけない。
  15. 相手がストーカーになりそうなタイプなら、ボイスレコーダーが有効。
  16. 誰に仲介してもらうかが大切。
  17. 別れ話のとき、手遊びには要注意。
  18. 別れ話で嘘をつくなら、死ぬまで貫く覚悟でいること。
  19. 別れ話の途中のため息ほど、不快なものはない。
  20. 深呼吸はいいが、ため息はいけない。
  21. 喧嘩をして、いい別れ方になることはない。
  22. 新しい世界を期待させると、別れの抵抗が小さくなる。
  23. 「別れたいなら別れてもいい」という人の心理とは。
  24. 別れ話に優しさは必要であっても、余計な優しさは不要。
  25. 真剣な雰囲気と暗い雰囲気は、似て非なるもの。
  26. うまく話す自信がなければ、別れ話の台本を作って練習しておく。
  27. 合コンのセッティングを約束すると、相手の態度が変わるかもしれない。
  28. 別れ話が平行線になっても、考えが変わらないことを伝える。
  29. 「また連絡してもいいですか」と聞かれたときの返事。
  30. 事故が起きやすいのは、別れ話が終わってほっとしたとき。

同じカテゴリーの作品