恋愛トラブル
返金制度があるか。
恋愛トラブル
成功報酬より着手金のほうが高くなっていないか。
就職活動
切手料金は、少なすぎても多すぎてもいけない。
復縁
相談や見積もりにかかる料金を、きちんと確認していますか。
復縁
復縁業者を依頼するなら、料金の確認が不可欠。
遠距離恋愛
もっとお金のかからない方法はないか。
恋愛トラブル

信頼できる探偵業者を選ぶ
30のポイント

読んだ お気に入り1
4

料金の内訳を説明してくれるか。

料金の内訳を説明してくれるか。 | 信頼できる探偵業者を選ぶ30のポイント

依頼者と探偵業者とのトラブルで裁判になっている事例があります。

その原因は、調査に失敗したことではありません。

大半を占めるのは、お金のトラブルです。

後から大金をふっかけられ「こんな話は聞いていない」という被告の訴えで、トラブルに発展するケースが目立っています。

探偵業者に依頼するなら、まず見積もりを出してもらい、料金の内訳を確認しましょう。

悪質な探偵業者は、料金の内訳を説明してくれません。

もしくは、曖昧に濁してきます。

一般的に探偵業者のウェブサイトには、料金の目安の記載があります。

もちろん正確な料金は依頼内容によって異なりますが、料金の大まかな目安はあるのが普通です。

ウェブサイトを見ても、料金についての記載はなく「まずはご相談ください」とあるだけ。

まったく記載がないのは、注意喚起のフラグを立てておくのがいいでしょう。

見積もりを依頼しても詳しい内訳がなく、大雑把な料金しかない探偵業者は注意が必要です。

内訳について質問しても、きちんと説明してくれない場合はますます怪しいと考えていいでしょう。

曖昧に話を濁して、後から大金を請求してくる可能性があります。

余裕のない依頼者の心理につけ込んだ、悪質な業者と言えます。

内訳の確認は、依頼者として当然の行為です。

それぞれの作業にかかる料金を確認することで、相場やほかの探偵業者と比較ができるようになります。

たとえ見積もりが安くても、内訳がないと、後からうまい口実で料金を高く請求してくる可能性があります。

探偵業者を選ぶなら、料金の内訳を提示してくれるところを選びましょう。

まとめ

信頼できる探偵業者を選ぶポイント その4
  • 料金の内訳を提示してくれるか、確認する。
マスコミに出演した実績があるか。

もくじ
信頼できる探偵業者を選ぶ30のポイント
料金の内訳を説明してくれるか。 | 信頼できる探偵業者を選ぶ30のポイント

  1. 復縁の成功率は、業者選びから始まっている。
  2. 探偵業届出証明書があるか。
  3. ウェブサイトがきちんとしているか。
  4. 料金の内訳を説明してくれるか。
  5. マスコミに出演した実績があるか。
  6. 依頼者に消費者金融・闇金融を紹介してこないか。
  7. 事務的な印象が強くないか。
  8. 親身に対応してくれるか。
  9. 悪い評価が目立っていないか。
  10. 契約をせかしたり強要したりしないか。
  11. 成功率が不自然に高くないか。
  12. 「絶対」「必ず」という言葉に注目すれば、悪質な復縁業者を見分けやすくなる。
  13. きちんと契約書を交わす探偵業者か。
  14. 個人ではなく、法人であるか。
  15. 事前調査に力を入れる業者か。
  16. 十分な実績があるか。
  17. 成功報酬が必要な探偵業者か。
  18. 代表者の本名と顔写真があるか。
  19. 一度問い合わせた後、しつこく勧誘をしてこないか。
  20. アフターサービスがあるか。
  21. 返金制度があるか。
  22. 過失による補償制度があるか。
  23. ウェブサイトの文章に不自然な点はないか。
  24. 個人情報の取り扱いを、詳しく丁寧に説明してくれるか。
  25. 住所に問題ないか。
  26. しつこく会いたがろうとしてこないか。
  27. 成功報酬より着手金のほうが高くなっていないか。
  28. 過去に行政処分を受けていないか。
  29. 掲載されている感謝状が不自然でないか。
  30. 違法な手法を提案してこないか。

同じカテゴリーの作品