信頼できる探偵業者を選ぶ
30のポイント

28
0

過去に行政処分を受けていないか。

過去に行政処分を受けていないか。 | 信頼できる探偵業者を選ぶ30のポイント

過去に行政処分を受けていないか確認しましょう。

管轄の警察や公安委員会のウェブサイトでは、業者の行政処分状況が公開されています。

閲覧は誰でもできます。

もちろん利用も無料です。

営業停止命令が出された業者は確実に掲載されるため、その業者が属する区分を見れば、過去の処分状況の有無が確認できます。

処分内容や処分理由も掲載されるため参考になるでしょう。

ただし、世の中には同じ名前の会社も存在するため、代表者の氏名や営業所の所在地なども確認すると正確に把握できます。

公表期間は処分が行われた日から3年間です。

そのため過去に処分を受けていても、3年が経過していれば、確認できない場合があります。

インターネット上でのニュースサイトや掲示板などとあわせて確認するといいでしょう。

信頼できる探偵業者を選ぶポイント(28)
  • 過去に行政処分を受けていないか確認する。
掲載されている感謝状が不自然でないか。

信頼できる探偵業者を選ぶ30のポイント
信頼できる探偵業者を選ぶ30のポイント

  1. 復縁の成功率は、業者選びから始まっている。
    復縁の成功率は、業者選びから始まっている。
  2. 探偵業届出証明書があるか。
    探偵業届出証明書があるか。
  3. ウェブサイトがきちんとしているか。
    ウェブサイトがきちんとしているか。
  4. 料金の内訳を説明してくれるか。
    料金の内訳を説明してくれるか。
  5. マスコミに出演した実績があるか。
    マスコミに出演した実績があるか。
  6. 依頼者に消費者金融・闇金融を紹介してこないか。
    依頼者に消費者金融・闇金融を紹介してこないか。
  7. 事務的な印象が強くないか。
    事務的な印象が強くないか。
  8. 親身に対応してくれるか。
    親身に対応してくれるか。
  9. 悪い評価が目立っていないか。
    悪い評価が目立っていないか。
  10. 契約をせかしたり強要したりしないか。
    契約をせかしたり強要したりしないか。
  11. 成功率が不自然に高くないか。
    成功率が不自然に高くないか。
  12. 「絶対」「必ず」という言葉に注目すれば、悪質な復縁業者を見分けやすくなる。
    「絶対」「必ず」という言葉に注目すれば、悪質な復縁業者を見分けやすくなる。
  13. きちんと契約書を交わす探偵業者か。
    きちんと契約書を交わす探偵業者か。
  14. 個人ではなく、法人であるか。
    個人ではなく、法人であるか。
  15. 事前調査に力を入れる業者か。
    事前調査に力を入れる業者か。
  16. 十分な実績があるか。
    十分な実績があるか。
  17. 成功報酬が必要な探偵業者か。
    成功報酬が必要な探偵業者か。
  18. 代表者の本名と顔写真があるか。
    代表者の本名と顔写真があるか。
  19. 一度問い合わせた後、しつこく勧誘をしてこないか。
    一度問い合わせた後、しつこく勧誘をしてこないか。
  20. アフターサービスがあるか。
    アフターサービスがあるか。
  21. 返金制度があるか。
    返金制度があるか。
  22. 過失による補償制度があるか。
    過失による補償制度があるか。
  23. ウェブサイトの文章に不自然な点はないか。
    ウェブサイトの文章に不自然な点はないか。
  24. 個人情報の取り扱いを、詳しく丁寧に説明してくれるか。
    個人情報の取り扱いを、詳しく丁寧に説明してくれるか。
  25. 住所に問題ないか。
    住所に問題ないか。
  26. しつこく会いたがろうとしてこないか。
    しつこく会いたがろうとしてこないか。
  27. 成功報酬より着手金のほうが高くなっていないか。
    成功報酬より着手金のほうが高くなっていないか。
  28. 過去に行政処分を受けていないか。
    過去に行政処分を受けていないか。
  29. 掲載されている感謝状が不自然でないか。
    掲載されている感謝状が不自然でないか。
  30. 違法な手法を提案してこないか。
    違法な手法を提案してこないか。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION