失恋・別れ

別れる勇気が出る
30の言葉

読んだ お気に入り1
7

失恋の苦しみは、
転んで膝を擦りむいたようなもの。
気にするから、
余計に痛む。
気にしなければ、
いつの間にか治っている。

失恋の苦しみは、転んで膝を擦りむいたようなもの。気にするから、余計に痛む。気にしなければ、いつの間にか治っている。 | 別れる勇気が出る30の言葉

道ばたで転んで膝を擦りむくと、傷口から血が流れ、じんじん痛みます。

「痛いな」「ひどい傷だな」「早く治らないかな」

気にするからいけない。

膝の傷を気にしていると、そこに注意が集中して、じんじんした痛みが余計に強く感じます。

かさぶたを触っていると、自然治癒を妨げ、治るのが遅くなります。

こういうときは、けがやかさぶたのことは気にせず、普通に生活するのが一番。

すると、いつの間にか膝の擦り傷が治っています。

気にしないほうが、自然治癒がスムーズなのです。

失恋の苦しみも、転んで膝を擦りむいたようなものです。

「痛いな」「ひどい傷だな」「早く治らないかな」

心の傷を気にしていると、そこに注意が集中して、悲しみや苦しみが余計に強く感じます。

過去を思い出して心の傷を刺激すると、回復できる傷もなかなか回復しません。

そういうときは、失恋の傷のことは考えず、自分がやるべきことに集中するのが一番。

過去は振り返らず、今やるべき仕事に集中します。

楽しい趣味に没頭するのもいいでしょう。

過去にとらわれず、前を向き、今を必死に生きること。

気にしなければ、いつの間にか、失恋の傷が治っているでしょう。

気にするから、余計に痛む。

気にしなければ、いつの間にか治っている。

別れの苦しみは、転んで膝を擦りむいたようなものなのです。

まとめ

別れる勇気が出る言葉 その7
  • 失恋の傷を早く治したければ、傷のことは気にせず、自分のやるべきことに集中する。
相手を悲しませると分かっていても、別れ話は必要。

もくじ
別れる勇気が出る30の言葉
失恋の苦しみは、転んで膝を擦りむいたようなもの。気にするから、余計に痛む。気にしなければ、いつの間にか治っている。 | 別れる勇気が出る30の言葉

  1. 我慢しながら付き合っていても、本当の幸せにはなれない。
  2. 「恋人と別れたい」と考えるのではない。
    「本来の自分を取り戻したい」と考える。
  3. 別れたら、楽しいことが待っている。
  4. 「お互い新しい人生を始めようよ」と提案するのが別れ話。
  5. 計画と準備がきちんとできていれば、別れ話は怖くない。
  6. 別れとは、お互いの関係が変わるだけのこと。
  7. 失恋の苦しみは、転んで膝を擦りむいたようなもの。
    気にするから、余計に痛む。
    気にしなければ、いつの間にか治っている。
  8. 相手を悲しませると分かっていても、別れ話は必要。
  9. 謝らない人とは、さっさと別れたほうが、あなたのため。
  10. 信用できない人とは、別れるしかない。
  11. DVをする恋人なら、恋愛感情にかかわらず、別れたほうが身のため。
  12. 別れるときには、心を鬼にすることが必要。
  13. 気が弱くても、勇気を振り絞って別れ話を切り出す。
  14. 心が強いから、別れ話を切り出すのではない。
    別れ話を切り出すから、心が強くなる。
  15. 自分の印象が悪くなることを恐れていませんか。
  16. 別れるのは恥ずかしいことではない。
    必要な別れを先延ばしにしているほうが、恥ずかしいこと。
  17. 早く苦しみから解放されたければ、早く別れるのが一番。
  18. 相手が孤独になるのは、あなたの責任ではない。
  19. 別れ話から逃げると、ますます別れがややこしくなる。
  20. 失恋を前向きに受け止めれば、失う以上に得られることが増える。
  21. 別れた後の寂しさを大げさに考えすぎていませんか。
  22. 相手に結婚する気がないのは、別れる理由になる。
  23. 別れの前に、失恋を乗り越えられるかどうか考えても仕方ない。
  24. 傷つけない方法を諦めると、別れ話を切り出す勇気も出る。
  25. 別れないと、次の恋愛に進めない。
  26. 別れたからとはいえ、恋人との思い出を捨てるわけではない。
  27. 諦めないのは大切。
    引き際はもっと大切。
  28. 何かを捨てないと、新しい道は歩めない。
  29. 別れとは、幸せのタネを植えること。
    今しておかないと、いつまで経っても幸せの芽が出ない。
  30. 別れた後のあなたは、もっと成長している。
    だからもう一踏ん張り。

同じカテゴリーの作品