執筆者:水口貴博

転職活動で注意したい
30のポイント

12
2

求人情報を入手する、
5つの方法。

求人情報を入手する、5つの方法。 | 転職活動で注意したい30のポイント
  1. 転職情報サイト

転職情報サイトを活用すれば、経験者・中途採用など、転職に特化した情報を集めやすくなります。

最大の特徴は、検索機能です。

条件を絞り込めば、希望に合った企業を見つけやすくなります。

インターネットを使った情報収集が得意なら、転職情報サイトが適しています。

  1. 転職情報誌

転職情報誌にも、就職関連の情報が掲載されています。

無料で配られるフリーマガジンの場合もあれば、書店で購入する雑誌の場合もあります。

地域・職業など、カテゴリー別に情報が整理されているため、見やすいのが特徴です。

  1. 新聞の求人欄

意外に見落としがちなのが、新聞の求人欄です。

新聞に広告を載せるには、ほかの媒体より高めの広告料金が必要です。

そのため新聞に掲載される広告は、企業が力を入れている求人であり、魅力的な内容が目立つ傾向があります。

新聞の広告欄は多くの人の目に触れやすいため、気になる求人情報があれば、早めに問い合わせましょう。

  1. 職業安定所

職業安定所は、地元の中小企業が多い特徴があります。

設置されているパソコンを使えば、地元の中小企業を効率よく探せるでしょう。

また、就職に関する多くのサービスが無料で受けられるのも特徴です。

たとえば、転職のアドバイスや面接の練習などです。

職員に就職の悩みの相談ができれば、自分に適した企業を見つけやすくなるでしょう。

  1. 人材紹介会社

転職を専門とする企業に登録して、転職を支援してもらいます。

人材紹介会社の最大の特徴は、担当者が付くことです。

自分の転職を成功に導く専門家がいれば、大変心強いでしょう。

自分に代わって企業との調整をしてくれたり、具体的なアドバイスをしてくれたりなど、転職の成功を支援してくれます。

場合によっては、面接の際、仲介してくれる場合もあります。

また、企業によっては、非公開の求人が存在する場合があります。

人材紹介会社を利用すれば、非公開の求人に触れやすくなるのも特徴です。

転職活動で注意したいポイント(12)
  • 媒体の特徴に合わせて、効率よく求人情報を入手する。
実務経験や実績が不足していると、転職はうまくいかないのか。

転職活動で注意したい30のポイント
転職活動で注意したい30のポイント

  1. 転職活動は、1人きりの戦い。
    転職活動は、1人きりの戦い。
  2. 既婚者の場合、転職活動の前に必要なのは、説得活動。
    既婚者の場合、転職活動の前に必要なのは、説得活動。
  3. 転職に、適齢期はあるのか。
    転職に、適齢期はあるのか。
  4. 経歴を丁寧に振り返ろう。
    経歴を丁寧に振り返ろう。
  5. 転職活動は、繁忙期を避けるのがマナー。
    転職活動は、繁忙期を避けるのがマナー。
  6. 転職における即戦力とは。
    転職における即戦力とは。
  7. 仕事探しと引っ越し。<br>どちらを優先したほうがいいのか。
    仕事探しと引っ越し。
    どちらを優先したほうがいいのか。
  8. 転職活動でも、OB・OG訪問はできるのか。
    転職活動でも、OB・OG訪問はできるのか。
  9. なぜ職務経歴書は、パソコン作成が許されるのか。
    なぜ職務経歴書は、パソコン作成が許されるのか。
  10. 学歴が低い人の転職は、難しいのか。
    学歴が低い人の転職は、難しいのか。
  11. 「転職すればよくなる」と思い込んでいないか。
    「転職すればよくなる」と思い込んでいないか。
  12. 求人情報を入手する、5つの方法。
    求人情報を入手する、5つの方法。
  13. 実務経験や実績が不足していると、転職はうまくいかないのか。
    実務経験や実績が不足していると、転職はうまくいかないのか。
  14. 転職アドバイザーに隠し事をしていると、頼りになる存在でも、十分生かせない。
    転職アドバイザーに隠し事をしていると、頼りになる存在でも、十分生かせない。
  15. 転職アドバイザーが変更できることを知らない人が多い。
    転職アドバイザーが変更できることを知らない人が多い。
  16. 大きな労働条件は確認できても、小さな労働条件の確認を怠っていないか。
    大きな労働条件は確認できても、小さな労働条件の確認を怠っていないか。
  17. 異なる業界を安易に選ぶのは要注意。
    異なる業界を安易に選ぶのは要注意。
  18. 業種や業界が変われば、年収は下がると考えるのが妥当。
    業種や業界が変われば、年収は下がると考えるのが妥当。
  19. 異なる業界への転職は、何を心がければいいのか。
    異なる業界への転職は、何を心がければいいのか。
  20. 自営業からの転職は、不利なのか。
    自営業からの転職は、不利なのか。
  21. 求める人物像がわかりにくければ、きちんと問い合わせて確認する。
    求める人物像がわかりにくければ、きちんと問い合わせて確認する。
  22. 体調の悪化が原因で退職した場合、履歴書に書くべきか。
    体調の悪化が原因で退職した場合、履歴書に書くべきか。
  23. 引き抜きが、よい結果に終わるとは限らない理由とは。
    引き抜きが、よい結果に終わるとは限らない理由とは。
  24. 短期で退職した企業は、職歴に書かなくてもいいのか。
    短期で退職した企業は、職歴に書かなくてもいいのか。
  25. 転職回数が多いと、印象が悪くなるか。
    転職回数が多いと、印象が悪くなるか。
  26. 労働組合の経験者は、転職では不利になるのか。
    労働組合の経験者は、転職では不利になるのか。
  27. 年俸で支払う場合は、ボーナスが支給されないのか。
    年俸で支払う場合は、ボーナスが支給されないのか。
  28. 入社日が「応相談」の場合、どのくらい待ってもらえるのか。
    入社日が「応相談」の場合、どのくらい待ってもらえるのか。
  29. 雇用契約書は、いつ交わされるのか。
    雇用契約書は、いつ交わされるのか。
  30. 転職活動の結果、今の会社にとどまる選択肢もあっていい。
    転職活動の結果、今の会社にとどまる選択肢もあっていい。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION