人生の教科書



生き方
20代ほど、激動の10年間はない。
生き方
80代からの新しい趣味も、あっていい。
生き方
20代は、本当の貧乏を味わう時期。
生き方
人生を変える出会いは、大学時代にある。
生き方
「今が人生の半分」と考えてみる。
生き方
歩いた歩数だけ、楽しみに出会える。
生き方

30代がしておきたい
30のこと

お気に入り13 読んだ
1

30代は、
自分の人生を振り返る、
最初のタイミング。

30代は、自分の人生を振り返る、最初のタイミング。 | 30代がしておきたい30のこと

30代が、必ずしなければいけないことは何か。

人生を振り返ることです。

30代は、自分の人生を振り返る、最初のタイミングです。

自分を振り返るには、まだ早すぎるのではないかと思う人もいるでしょう。

いえ、早すぎではありません。

30代は、社会人になって、10年目を迎える時期です。

仕事の経験も社会人としての経験も、ひととおりが身につき、落ち着く時期です。

自分の過去を振り返るには、ちょうどいい時期なのです。

 

では、30代のいつ、振り返るかです。

30代にも、幅があります。

好みはあるでしょうが、おすすめなのは「社会人になって10年目」です。

22歳で社会人になったなら、32歳が節目と考えましょう。

24歳で社会人になったなら、34歳です。

社会人になって10年目は、区切りがいいため、人生を振り返りやすくなります。

人生はぼうっとしていると、知らずのうちに進んでしまうものです。

特に30代は、最も仕事で忙しい時期です。

人生を振り返る機会を作らないと、なかなか考えることがありません。

30代で振り返るから、いいのです。

40代や50代で振り返っても、すでに軌道が大きくずれているため、修正できないことがあります。

だからこそ、30代できちんと立ち止まって、自分を振り返ることが必要です。

計画どおりに進んでいるでしょうか。

それとも計画からずれているでしょうか。

計画とは違った道を歩みつつあっても、まだ大丈夫です。

30代には、まだ時間も若さもありますから、間に合います。

自分を客観視して、あらためて今後のことについて考えましょう。

30代は、自分の人生を振り返る最初のタイミングであると同時に、絶好のタイミングでもあるのです。

まとめ

30代がしておきたいこと その1
  • 社会人になって10年目に、人生が計画どおりに進んでいるか、振り返る。
次のページ >>
当初の計画からずれていたときの、2つのパターン。

もくじ
(30代がしておきたい30のこと)

同じカテゴリーの作品