人生の教科書



読み上げ動画・音声
生き方
当初の計画からずれていたときの、2つのパターン。
生き方
正解のない問題を、ほうっておかない。
生き方
勉強につまずき始めるのは、中学生から。
生き方
素直に過ちを認め、謝り、改善する姿勢を持つ。
生き方
「怒る40代」ではなく「理解する40代」になる。
生き方
10代で叱られなくなったら、最後。

30代がしておきたい
30のこと

お気に入り5 読んだ
28

健康診断をつけたいのは、
基準値からわずかにれている項目

30代になって心配になるのは、健康状態です。

30代の健康診断では、何らかの問題が出てくる人が多いのではないでしょうか。

「血圧が高め」「太り気味」「コレステロール値が高め」などです。

問題とはいえ、大きな問題ではなく、小さな問題です。

わずかに基準値から外れているものの、日常生活に差し支えがない程度の問題です。

ここで、どうするかです。

日常生活に差し支えがない程度ですから、慌てる必要はありません。

だからとはいえ「ほうっておけばいい」という意味でもないのです。

「まだ大丈夫。改善は、もう少し悪化してからすればいい」と思うのは、よくありません。

40代や50代になってから改善しようと思っても、手遅れになっている場合があるからです。

 

たとえば、糖尿病になれば、現代の医療では、正常に戻るのは困難です。

がんになってからの完治は、困難です。

完全に悪くなってから改善しようと思っても、厳しい現実があるのです。

だからこそ、基準値からわずかに外れている項目に注目してほしいのです。

健康状態が傾きかけても、30代ならまだ間に合います。

「傾きかけている」というのは、言い換えれば「まだ救いがある」ということです。

食生活の改善なり、運動の習慣なり、心がけましょう。

悪いところが見つかっても、初期段階なら、改善もしやすくなります。

基準値からわずかに外れているものは、基準値に収まるよう努力することが大切です。

健康状態が傾きかける30代だから、より健康に気を使ってほしいのです。

30代がしておきたいこと その28

  • 健康問題いうちに、
    をつける

同じカテゴリーの作品