人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
仕事効率化
仕事の一部を、他人にお願いする。
仕事効率化
仕事のできる人は、あえて神様を信じない。
就職活動
「忙しくて会うのは難しい」と言われたとき、諦めるしかないのか。
ビジネスマナー
電話を通してするお願いは、最も通りにくい。
仕事効率化
苦労して得たノウハウほど、隠すものではなく、快く共有する。
就職活動
女性らしさを誤解しない。

仕事運を上げる
30の方法

お気に入り12 読んだ
17

断られたくらいで諦めるなら、
その程度。

断られたくらいで諦めるなら、その程度。 | 仕事運を上げる30の方法

どの会社にも、仕事がよくできる人がいるものです。

上司や先輩とは限りません。

後輩でも、賢くて鋭い人がいます。

仕事ができる人から、仕事のノウハウを教えてもらいたいと思います。

そこで、一言お願いしてみます。

「どうすれば、仕事がうまくいくのか教えてください」と。

 

ところが、あまりいい返事が返ってこないでしょう。

「そう簡単には教えられないね」というニュアンスで、やんわり断られるはずです。

仕事も競争です。

尋ねたからとはいえ、素直に教えてくれるとは限りません。

 

さて、ここでどうするかです。

「そうですか。では、諦めます」と、潔く引き下がるのではありません。

こういうのは「素直」とは言わず「諦めやすい」と言います。

断られたくらいで諦めるなら、その程度。

断られたときは、さらに熱意を見せて、もう一度お願いするのです。

「どうしても知りたいです。お願いします」と、心を込めて丁寧にお願いしましょう。

断られて、余計に燃えるくらいでいいのです。

本当に仕事ができるようになりたければ、強い熱意を見せることです。

熱意は、強い説得力になります。

声を大きくして、目を輝かせながら、もう一度お願いしてみましょう。

NOと言われても諦めない。

最初にNOと言われるのは、社交辞令です。

NOと1回言われたくらいでは、説得のうちに入りません。

説得とは、熱意を持って、何度も繰り返しお願いすることです。

熱意を見せながらお願いすれば、いつか必ず応じてくれます。

仕事の質が上げるためには、そのくらいの心がけが必要なのです。

仕事運を上げる方法 その17

  • 断られても、
    さらに強い熱意を見せて、
    もう一度お願いする。
うまくできる方法が見つかっても、満足するのはまだ早い。

もくじ
(仕事運を上げる30の方法)

同じカテゴリーの作品