まとめ
(本音を聞き出す30の上手な質問法)
本音を聞き出す30の上手な質問法

  • 単に尋ねるだけでなく「ぜひ質問に答えたい!」と思わせるような聞き方を心がける。
  • 初めは、簡単に答えられる質問から心がける。
  • 柔らかい会話口調を心がける。
  • 個人的な雰囲気を出しながら、質問をする。
  • 前向きで明るい質問の仕方を心がける。
  • 具体的な内容で、質問する。
  • 質問することがなくても、熱意を伝えるために、質問がある姿勢を見せる。
  • 想像できるように、質問する。
  • 相手の質問内容が理解できないときは、質問の仕方を見直す。
  • 質問の深さで、仲の深さを感じてみる。
  • お酒の力で、仲良くなる。
  • 雰囲気全体のバランスを考えながら、1人きりの人に話しかける。
  • 質問への回答は否定や評価をせず、どんなことでも正解だと受け入れるようにする。
  • 命令形の口調は使わないように意識する。
  • 質問に答えてくれたときには、笑顔で喜ぶ。
  • 感謝をするときには、相手の名前を聞く。
  • プライベートな質問は、2人きりのときに聞く。
  • 気持ちの流れで会話する。
  • 質問の答えを、1つに限定しないようにする。
  • 体験談をもとに、話を進める。
  • 相手が聞いてほしい質問を、推測する。
  • メモを取りながら、質問する。
  • 曖昧な質問はやめる。
  • 「今」「ここ」「私」を含めた質問をする。
  • 質問することで、知り合うきっかけを生み出す。
  • 質問をたくさんして、相手と仲良くなる。
  • 直接聞きにくい質問は、友人を通して尋ねる。
  • 質問から、どんどん会話をつなげていく。
  • 「忙しい」「疲れた」「大変」は、禁句にする。
  • 相手の魅力を発見したら、ネタにして質問してみる。

同じカテゴリーの作品

3:30
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION