自分磨き

自分の魅力に気づく
30の方法

8
26

外向的な性格でなくてもいい。
内向的な性格も、
魅力的な個性の1つ。

外向的な性格でなくてもいい。内向的な性格も、魅力的な個性の1つ。 | 自分の魅力に気づく30の方法

「内向的な性格」と「外向的な性格」。

「どちらのほうがよい性格か」と聞けば、多くの人は「外向的な性格」と答えるでしょう。

世間的にも、外向的な性格を評価する声が聞かれます。

 

たしかに外向的な性格は、性格も活発で明るく、コミュニケーション能力も高い。

社交性・社会性に富み、人間関係が上手です。

外向的な人は開放的なので、多くの人から親しまれ、人気者にもなりやすいでしょう。

外向的な性格のほうが、ビジネスでもプライベートでも得が多いと思われがちです。

 

しかし、ここに誤解があります。

外向的な性格が素晴らしいとは限りません。

外向的な性格にも、特有の悩みや苦労があります。

外向的な性格であるゆえに、友達は多いかもしれませんが、多くの人付き合いに振り回されやすくなるでしょう。

たくさん友達がいても、実際は表面的な付き合いで、浅い関係だけかもしれません。

人と過ごして楽しい反面、人付き合いのストレスで悩むことも増えるでしょう。

多くの人に囲まれているため、いつの間にか周りに流された生き方になるリスクも秘めています。

人付き合いが増えるにつれて、自分の時間を持ちにくくなります。

いつも気持ちが外に向いているため、自分の正直な心や気持ちに気づきにくいデメリットもあります。

外向的な性格が素晴らしいというのは思い込みです。

内向的な性格なら、内向的な性格の強みや魅力に気づいてください。

内向的な性格は、陰気で暗い性格と思われがちですが、誤解です。

「自分の心に集中する力が強い」という長所です。

心の働きが内側に向いていることで、心に関係した仕事なら、人一倍の能力を発揮できるでしょう。

友達は少なくてもいい。

内向的な性格だからこそ、余計な人付き合いに悩まなくて済むメリットもあります。

1人の時間もたっぷり楽しめるでしょう。

友達がいないと幸せになれないわけでもありません。

友達が少なくても幸せになれます。

たとえコミュニケーション能力が低くても、人生を幸せに生きることは可能です。

内向的な性格を、コンプレックスと思う必要はなく、むしろ自信を持ってください。

「1人でいても寂しくない。1人で過ごす時間に幸せを感じる」という特徴は強みです。

芸術家には、内向的な性格の人が多く見られます。

繊細な心の能力を芸術の世界で発揮すれば、普通の人にはできない偉業を成し遂げられるでしょう。

内向的な性格であっても、外向的な性格の人より豊かで幸せな人生を送ることは可能です。

外向的な性格でなくてもいい。

内向的な性格も、魅力的な個性の1つなのです。

自分の魅力に気づく方法(26)
  • 内向的な自分に誇りを持つ。
生きている人に、ダメな人間は、1人もいない。

もくじ
自分の魅力に気づく30の方法
外向的な性格でなくてもいい。内向的な性格も、魅力的な個性の1つ。 | 自分の魅力に気づく30の方法

  1. あなたの魅力は、本には書かれていない。<br>自分の魅力は、自分で見つけるしかない。
    あなたの魅力は、本には書かれていない。
    自分の魅力は、自分で見つけるしかない。
  2. へそがあるのは、お母さんから愛されてきた証拠。
    へそがあるのは、お母さんから愛されてきた証拠。
  3. わくわくすることを探すより、何でもわくわくする自分になる。
    わくわくすることを探すより、何でもわくわくする自分になる。
  4. 顔の中心点を押しながら考えると、問題の核心を迫ろうとする意識が強くなる。
    顔の中心点を押しながら考えると、問題の核心を迫ろうとする意識が強くなる。
  5. 「きれいだな」と感動できるのは、きれいな心を持っている証拠。
    「きれいだな」と感動できるのは、きれいな心を持っている証拠。
  6. 自分の名前に隠された、大切なこと。
    自分の名前に隠された、大切なこと。
  7. 体の障害は、嘆くより生かす。
    体の障害は、嘆くより生かす。
  8. 痩せる喜びは、太った人ほど、味わいやすい。
    痩せる喜びは、太った人ほど、味わいやすい。
  9. 鈍感と言われても、落ち込むことはない。<br>鈍感であることは、素晴らしい能力だ。
    鈍感と言われても、落ち込むことはない。
    鈍感であることは、素晴らしい能力だ。
  10. 気分屋には、気分屋なりのいいところがある。
    気分屋には、気分屋なりのいいところがある。
  11. 器用も不器用も、あってないようなもの。<br>最初から上手にできる人はいない。
    器用も不器用も、あってないようなもの。
    最初から上手にできる人はいない。
  12. 過去は変えられないが、過去の印象は変えられる。
    過去は変えられないが、過去の印象は変えられる。
  13. ほくろは単なる黒の点ではない。<br>チャームポイントだ。
    ほくろは単なる黒の点ではない。
    チャームポイントだ。
  14. ささいなことに悩みやすい人ほど、幸せな人生を歩みやすい。
    ささいなことに悩みやすい人ほど、幸せな人生を歩みやすい。
  15. 長所は、自分が判断することではなく、他人が判断すること。
    長所は、自分が判断することではなく、他人が判断すること。
  16. 無口は、悩みではなく才能だ。<br>無口である分、よく考えられる。
    無口は、悩みではなく才能だ。
    無口である分、よく考えられる。
  17. 特技を大げさに考えない。<br>自分が「得意だな」と感じたことが、特技である。
    特技を大げさに考えない。
    自分が「得意だな」と感じたことが、特技である。
  18. 難しいことがわからなくてもいい。<br>シンプルな話が好きな性格なのだ。
    難しいことがわからなくてもいい。
    シンプルな話が好きな性格なのだ。
  19. なぜ、知ったかぶりを演じるほど、自分のことが嫌いになるのか。
    なぜ、知ったかぶりを演じるほど、自分のことが嫌いになるのか。
  20. 記憶力が弱くても、頭はよくなれる。
    記憶力が弱くても、頭はよくなれる。
  21. いらいらした感情を、意思の力で抑えられるのが、人間だ。
    いらいらした感情を、意思の力で抑えられるのが、人間だ。
  22. 話が噛み合わないのは、自分が悪いからではない。<br>同じ価値観の人がいないだけ。
    話が噛み合わないのは、自分が悪いからではない。
    同じ価値観の人がいないだけ。
  23. 変人と天才の差は、紙一重。
    変人と天才の差は、紙一重。
  24. 自分が弱点だと思うことほど、他人には魅力に見えるもの。
    自分が弱点だと思うことほど、他人には魅力に見えるもの。
  25. 自分の味方を増やしたければ、まず誰かの味方になること。
    自分の味方を増やしたければ、まず誰かの味方になること。
  26. 外向的な性格でなくてもいい。<br>内向的な性格も、魅力的な個性の1つ。
    外向的な性格でなくてもいい。
    内向的な性格も、魅力的な個性の1つ。
  27. 生きている人に、ダメな人間は、1人もいない。
    生きている人に、ダメな人間は、1人もいない。
  28. 相手を笑わせるなら、自分が笑えばいい。<br>自分が笑うなら、自分の恥を話せばいい。
    相手を笑わせるなら、自分が笑えばいい。
    自分が笑うなら、自分の恥を話せばいい。
  29. しわを悪だと考えない。<br>人に味わいを与えるものだ。
    しわを悪だと考えない。
    人に味わいを与えるものだ。
  30. 魅力は、最初からあるものではなく、自分で作っていくもの。
    魅力は、最初からあるものではなく、自分で作っていくもの。

同じカテゴリーの作品