自分磨き

自分の魅力に気づく
30の方法

読んだ お気に入り6
23

変人と天才の差は、
紙一重。

変人と天才の差は、紙一重。 | 自分の魅力に気づく30の方法

「変人だね」と言われて、落ち込んでいませんか。

変人として扱われると、仲間外れにされているかのようで、寂しい気持ちになるものです。

周りから冷たい目で見られたり、ひどい言葉を言われたりなどです。

 

しかし、見方を変えれば、素晴らしいことです。

変態はダメですが、変人はいいのです。

天才になる可能性を秘めているからです。

普通の人ができない奇抜な発想をするから、変人として映っているだけです。

偉人たちを振り返ると、必ず、変人扱いされた経験があります。

空飛ぶ飛行機を作ると豪語したライト兄弟は、当時は、変人扱いされていました。

相対性理論を発表したアインシュタインも、一般人からは変人扱いされていました。

奇抜な発想や行動をするから、変人といわれます。

私たちも普段、天才のことを、変人ということがあります。

短期で見たときに変人と言われても、長期で見ると偉人です。

変人と天才の差は、紙一重です。

普通にしているだけで「変人だね」と呼ばれるなら、最初から相当な感性を持ち合わせている証拠です。

「変人だね」と呼ばれて落ち込むだけでは、意味がありません。

変人と言われたら、変な部分をもっと伸ばして、生かしましょう。

人と違うことをするから、普通に人ができないことを成し遂げられます。

「変人だね」と言われる人ほど、時代を変える可能性を秘めているのです。

まとめ

自分の魅力に気づく方法 その23
  • 変人と言われたら、変な部分をもっと伸ばして、生かす。
自分が弱点だと思うことほど、他人には魅力に見えるもの。

もくじ
自分の魅力に気づく30の方法
変人と天才の差は、紙一重。 | 自分の魅力に気づく30の方法

  1. あなたの魅力は、本には書かれていない。
    自分の魅力は、自分で見つけるしかない。
  2. へそがあるのは、お母さんから愛されてきた証拠。
  3. わくわくすることを探すより、何でもわくわくする自分になる。
  4. 顔の中心点を押しながら考えると、問題の核心を迫ろうとする意識が強くなる。
  5. 反論しない人ほど、愛される。
  6. 自分の名前に隠された、大切なこと。
  7. 体の障害は、嘆くより生かす。
  8. 痩せる喜びは、太った人ほど、味わいやすい。
  9. 鈍感と言われても、落ち込むことはない。
    鈍感であることは、素晴らしい能力だ。
  10. 気分屋には、気分屋なりのいいところがある。
  11. 器用も不器用も、あってないようなもの。
    最初から上手にできる人はいない。
  12. 過去は変えられないが、過去の印象は変えられる。
  13. ほくろは単なる黒の点ではない。
    チャームポイントだ。
  14. ささいなことに悩みやすい人ほど、幸せな人生を歩みやすい。
  15. 長所は、自分が判断することではなく、他人が判断すること。
  16. 無口は、悩みではなく才能だ。
    無口である分、よく考えられる。
  17. 特技を大げさに考えない。
    自分が「得意だな」と感じたことが、特技である。
  18. 難しいことが分からなくてもいい。
    シンプルな話が好きな性格なのだ。
  19. なぜ、知ったかぶりを演じるほど、自分のことが嫌いになるのか。
  20. 記憶力が弱くても、頭はよくなれる。
  21. いらいらした感情を、意思の力で抑えられるのが、人間だ。
  22. 話が噛み合わないのは、自分が悪いからではない。
    同じ価値観の人がいないだけ。
  23. 変人と天才の差は、紙一重。
  24. 自分が弱点だと思うことほど、他人には魅力に見えるもの。
  25. 自分の味方を増やしたければ、まず誰かの味方になること。
  26. 外向的な性格でなくてもいい。
    内向的な性格も、魅力的な個性の1つ。
  27. 生きている人に、ダメな人間は、1人もいない。
  28. 相手を笑わせるなら、自分が笑えばいい。
    自分が笑うなら、自分の恥を話せばいい。
  29. しわを悪だと考えない。
    人に味わいを与えるものだ。
  30. 魅力は、最初からあるものではなく、自分で作っていくもの。

同じカテゴリーの作品