自分磨き

自分の魅力に気づく
30の方法

2
1

あなたの魅力は、
本には書かれていない。
自分の魅力は、
自分で見つけるしかない。

あなたの魅力は、本には書かれていない。自分の魅力は、自分で見つけるしかない。 | 自分の魅力に気づく30の方法

本屋に行けば、数多くの本があります。

ビジネス、政治経済、ライフスタイルなど、ジャンルによってさまざまな知識が学べます。

これだけ多くの本に恵まれている時代に生まれた私たちは幸せですね。

本は、先人の知恵と知恵の結晶です。

たくさん本を読むことで世の中を知ることができ、未然に失敗を防いだり、人生の生き方が上手になったりします。

学校に行かなくても、目の前に先生がいるかのように、教えてもらうことができます。

本来、学びや教訓は、痛い目に遭うことで学べますが、本の力を借りれば、痛い目に遭わなくても学べるようになります。

本はどれも手間暇のかかった作品ですから、効率よく体系的に知識を吸収できるでしょう。

世の中には、あらゆるジャンルの本が存在しているため「すべての答えが本に書かれている」といっても過言ではありません。

数多くの答えを求めて、貪欲どんよくに本を読んでいる人もいるでしょう。

しかし、どうしても本からは学べない例外があります。

自分の魅力なのです。

あなたの魅力は、本には書かれていません。

どれだけ大きな本屋に行こうと、どんなにたくさんの本を読もうと、見つからないでしょう。

自己分析の本を読むことで魅力の見つけ方を学べても、ストレートに答えが書かれているわけではありません。

どれだけ本を読もうと、自分の魅力の答えは載っていません。

では、誰が見つけるのか。

自分が見つけるしかないのです。

自分の魅力を見つけるのは、自分です。

たとえ自己分析の本があり、見つけ方を学んだとしても、実際に見つけるのは自分です。

自分の性格や振る舞いに集中して、自分にはどんな特徴があるか気づいてください。

魅力とは、自分で見つけるものであり、自己判断でいいのです。

これまでの過去を思い出しながら、自分の傾向や特徴に気づけば、だんだん個性的な魅力が見えてくるでしょう。

好き嫌いや得手不得手も、あなたの個性を知るための大事な手がかりです。

長所が見つかれば、ぜひ大事にしてください。

魅力とは、長所であり、強みであり、個性です。

人生を切り開く武器になりますから、もっと集中して実力を伸ばすことが大切です。

 

短所にも注目しよう

 

長所だけでなく、短所にも注目しましょう。

嫌いな短所に思えても、見方や生かし方を工夫すれば、素晴らしい長所であり魅力になる可能性があります。

往々にして短所は、生かし方を変えれば長所に変わります。

大きな短所であれば、それだけ大きな長所に変わる可能性があるのです。

 

 

外見的な魅力だけでなく、内面的な魅力にも注目しよう

 

外見的な魅力だけでなく、内面的な魅力にも注意を向けてみましょう。

私たちは外見に注目しがちですが、性格や考え方といった内面も立派な魅力です。

変わった性格に思えても、それは魅力的な個性です。

変わっていればいるほど、魅力度が高いといえるでしょう。

 

§

 

さて、あなたにはどんな魅力があるでしょうか。

気づくだけでいいのです。

どんどん自分の魅力を見つけていきましょう。

自分にとっては普通に思えても、ほかにはない珍しい特徴なら魅力と呼べるでしょう。

一生懸命に本を読むことも大切ですが、自分の内側に集中して、自分らしさを見つけることも大切です。

自分の素晴らしい魅力を見つけることは、宝物を見つけるのと同じこと。

自分の魅力を見つけることは、本を100冊読む以上の価値があるのです。

自分の魅力に気づく方法(1)
  • 自分の魅力は、自分で見つける。
へそがあるのは、お母さんから愛されてきた証拠。

もくじ
自分の魅力に気づく30の方法
あなたの魅力は、本には書かれていない。自分の魅力は、自分で見つけるしかない。 | 自分の魅力に気づく30の方法

  1. あなたの魅力は、本には書かれていない。<br>自分の魅力は、自分で見つけるしかない。
    あなたの魅力は、本には書かれていない。
    自分の魅力は、自分で見つけるしかない。
  2. へそがあるのは、お母さんから愛されてきた証拠。
    へそがあるのは、お母さんから愛されてきた証拠。
  3. わくわくすることを探すより、何でもわくわくする自分になる。
    わくわくすることを探すより、何でもわくわくする自分になる。
  4. 顔の中心点を押しながら考えると、問題の核心を迫ろうとする意識が強くなる。
    顔の中心点を押しながら考えると、問題の核心を迫ろうとする意識が強くなる。
  5. 「きれいだな」と感動できるのは、きれいな心を持っている証拠。
    「きれいだな」と感動できるのは、きれいな心を持っている証拠。
  6. 自分の名前に隠された、大切なこと。
    自分の名前に隠された、大切なこと。
  7. 体の障害は、嘆くより生かす。
    体の障害は、嘆くより生かす。
  8. 痩せる喜びは、太った人ほど、味わいやすい。
    痩せる喜びは、太った人ほど、味わいやすい。
  9. 鈍感と言われても、落ち込むことはない。<br>鈍感であることは、素晴らしい能力だ。
    鈍感と言われても、落ち込むことはない。
    鈍感であることは、素晴らしい能力だ。
  10. 気分屋には、気分屋なりのいいところがある。
    気分屋には、気分屋なりのいいところがある。
  11. 器用も不器用も、あってないようなもの。<br>最初から上手にできる人はいない。
    器用も不器用も、あってないようなもの。
    最初から上手にできる人はいない。
  12. 過去は変えられないが、過去の印象は変えられる。
    過去は変えられないが、過去の印象は変えられる。
  13. ほくろは単なる黒の点ではない。<br>チャームポイントだ。
    ほくろは単なる黒の点ではない。
    チャームポイントだ。
  14. ささいなことに悩みやすい人ほど、幸せな人生を歩みやすい。
    ささいなことに悩みやすい人ほど、幸せな人生を歩みやすい。
  15. 長所は、自分が判断することではなく、他人が判断すること。
    長所は、自分が判断することではなく、他人が判断すること。
  16. 無口は、悩みではなく才能だ。<br>無口である分、よく考えられる。
    無口は、悩みではなく才能だ。
    無口である分、よく考えられる。
  17. 特技を大げさに考えない。<br>自分が「得意だな」と感じたことが、特技である。
    特技を大げさに考えない。
    自分が「得意だな」と感じたことが、特技である。
  18. 難しいことがわからなくてもいい。<br>シンプルな話が好きな性格なのだ。
    難しいことがわからなくてもいい。
    シンプルな話が好きな性格なのだ。
  19. なぜ、知ったかぶりを演じるほど、自分のことが嫌いになるのか。
    なぜ、知ったかぶりを演じるほど、自分のことが嫌いになるのか。
  20. 記憶力が弱くても、頭はよくなれる。
    記憶力が弱くても、頭はよくなれる。
  21. いらいらした感情を、意思の力で抑えられるのが、人間だ。
    いらいらした感情を、意思の力で抑えられるのが、人間だ。
  22. 話が噛み合わないのは、自分が悪いからではない。<br>同じ価値観の人がいないだけ。
    話が噛み合わないのは、自分が悪いからではない。
    同じ価値観の人がいないだけ。
  23. 変人と天才の差は、紙一重。
    変人と天才の差は、紙一重。
  24. 自分が弱点だと思うことほど、他人には魅力に見えるもの。
    自分が弱点だと思うことほど、他人には魅力に見えるもの。
  25. 自分の味方を増やしたければ、まず誰かの味方になること。
    自分の味方を増やしたければ、まず誰かの味方になること。
  26. 外向的な性格でなくてもいい。<br>内向的な性格も、魅力的な個性の1つ。
    外向的な性格でなくてもいい。
    内向的な性格も、魅力的な個性の1つ。
  27. 生きている人に、ダメな人間は、1人もいない。
    生きている人に、ダメな人間は、1人もいない。
  28. 相手を笑わせるなら、自分が笑えばいい。<br>自分が笑うなら、自分の恥を話せばいい。
    相手を笑わせるなら、自分が笑えばいい。
    自分が笑うなら、自分の恥を話せばいい。
  29. しわを悪だと考えない。<br>人に味わいを与えるものだ。
    しわを悪だと考えない。
    人に味わいを与えるものだ。
  30. 魅力は、最初からあるものではなく、自分で作っていくもの。
    魅力は、最初からあるものではなく、自分で作っていくもの。

同じカテゴリーの作品