執筆者:水口貴博

まとめ
(足のにおいを抑える30の対策方法)
足のにおいを抑える30の対策方法

  • 足から出る汗の量に、驚く。
  • 手のひらと足の裏は、特に清潔に保つ。
  • においの快不快の正体は、過去の記憶であると、理解する。
  • 忘れやすい足の裏まで、しっかり洗う。
  • 足の裏の角質除去をする。
  • 削らないタイプのフットケア商品を試してみる。
  • 黒い靴下を、はく。
  • 足のにおい対策には、抗菌・消臭作用のある5本指の靴下を履く。
  • 5本指の靴下を履いた上から、普通の靴下を履く。
  • 穴のあいた靴下は、すぐ履き替える。
  • 足の爪も、きちんと切る。
  • 履物の種類に応じて蒸れ具合を、把握しておく。
  • 自分の足のサイズにあった靴を履く。
  • 靴下に加え、靴の中にはインナーソールも入れておく。
  • 定期的に靴も、洗う。
  • 出社してから、サンダルに履き替える。
  • 靴は最低でも2足用意し、日替わりで履き替える。
  • 仕事から帰って靴を脱いだら、靴の中に除湿剤や新聞紙を入れて、湿気を取る。
  • 除湿剤の代わりに、新聞紙を使う。
  • 10円玉を消臭剤の代わりに使えても、使わないようにする。
  • 水虫対策として、冷えを解消させる。
  • 水虫は軽く考えず、皮膚科できちんと見てもらう。
  • 黒酢を使った足湯で、水虫を治す。
  • 室内にいるときは、できるだけ素足でいる。
  • 海に遊びに行くときは、砂浜をはだしで歩く。
  • お手洗いの個室で靴下を脱いで、足と靴下を乾燥させる。
  • 靴を脱ぎかけにするのは、やめる。
  • 貧乏ゆすりをしそうになったら、ガムを噛む。
  • 落ち着きを持って、歩く。
  • 心が温かく繊細であることに、気づく。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION