メイク
自己満足のメイクが、必ずしもきれいとは限らない。
メイク
なぜ、いつの間にか厚化粧をしてしまうのか。
メイク
「塗ればきれいになる」という考えから、卒業する。
メイク
花粉症で鼻水が止まらないときのメイク直しは?
メイク

さりげなく美人に見えてくる
30のメイク法則

  • 薄化粧が好きという男性の本音。
さりげなく美人に見えてくる30のメイク法則

もくじ
  1. 薄化粧が好きという男性の本音。

    男性と話をしていると、薄化粧やナチュラルメイクの女性を好む話を、よく耳にします。
    「厚化粧は苦手だ」
    「薄化粧がいい」

  2. 「塗ればきれいになる」という考えから、卒業する。

    街を歩いていると、アニメキャラクターのようなメイクをしている女性を見かけることがあります。
    とりわけ厚化粧というわけではありません。
    きちんとファンデーションをしています。

  3. 「他人に見られても大丈夫」という、最低限のメイクばかりになっていませんか。

    学生時代、美人だった女友達が、結婚してから急にメイクの手を抜くようになりました。
    そうした女性に、たくさん出会いました。
    理由は単純です。

  4. ポジティブになるからメイクをするのではない。
    メイクをするからポジティブになる。

    社会経験を重ねるにつれて、直感が働くようになってきました。
    いつもよりメイクの手を抜いている同僚女性を見ると「仕事で何かつらいことがあったのかな」と分かってしまう自分がいます。
    何が原因かは分かりませんが、何か落ち込むことがあったのでしょう。

  5. メイクの技術は、仕事や恋愛に生かすことができる。

    これまでメイクと言えば、自分の好みを軸に考えていたのではないでしょうか。
    「自分にどんなメイクが似合っているのか」
    もちろんそれも大切ですが、賢い女性は、もう一歩先を考えてみる習慣を作ります。

  6. ほくろの場所によっては、隠すのではなく、わざと目立たせるほうがいいこともある。

    コンシーラーは、吹き出物やしみなどを消せます。
    驚くべきことに、ほくろまで隠せてしまう便利なアイテムです。
    「ここのほくろが目立つ。そうだ。コンシーラーで隠してしまおう」

  7. 光を与えるハイライトは、少し明るめがちょうどいい。

    肌に光を与えるハイライト。
    顔に光を与えることで立体感を生み出す効果があります。
     

  8. ビューラーを持った手を動かすのは、失敗のもと。

    ビューラーを使うのが苦手な人は、決まって手を動かしています。
    ビューラーでまつげを挟んだ後、円を描くかのように、手を上に向かって動かします。
    このとき、手を動かすのは失敗のもとです。

  9. 品質や評判より大切なビューラー選びのポイント。

    ビューラー選びのときに、多くの人が忘れがちなポイントがあります。
    「品質はいいはずなのに、なぜか使い勝手が悪い」
    「評判がいいビューラーを買ったけど、違和感がある」

  10. アイラインを目頭から描き始めるのは、難しい。

    上下のまつげの生え際に描く線といえば、何でしょうか。
    そうです、アイラインです。
    目を大きくはっきり見せる効果は抜群です。

  11. ペンシルタイプのアイラインをぼかす、最も簡単な方法。

    とりわけ手先の器用さがはっきり表れやすいメイクは、アイラインです。
    メイクの中でも、最も集中力を要するところと言ってもいいでしょう。
    ペンシルタイプのアイライナーは、うまくぼかすことで、美しく仕上がります。

  12. なぜ、いつの間にか厚化粧をしてしまうのか。

    「あれ、いつの間にか厚化粧をしてしまう。なぜだろう」
    厚化粧のつもりはないのに、いつの間にか厚化粧をしてしまうことはありませんか。
    メイクをする本人ですら、その原因がよく分からない。

  13. 生理による顔色の変化に、気づいていますか。

    「おや。もしかして、今日は生理なのかな」
    あまり大きな声では言えませんが、男性から見て、女性が生理中だと分かるときがあります。
    女性の顔色が、悪いのです。

  14. 女性の肌は、本当に忙しい。

    肌の質には、個人差があります。
    特に女性の肌ほど、個人差が大きい部分はありません。
    乾燥肌の人もいれば、油分肌の人もいます。

  15. 瞳がきらきら輝く、メイクテクニック。

    少女漫画では、きらきら目が輝く女の子が登場します。
    きらきら輝く大きな目は、魅力的ですね。
     

  16. メイクで一番印象を決めるのは、目ではなく、実は眉。

    目、額、眉、鼻、口、耳、髪型。
    顔にはいくつものパーツがあります。
    顔の印象を一番決めるのは、顔のどのパーツだと思いますか。

  17. 「遊び心」は、メイクを上達させるキーワード。

    メイクは、慣れてくるとだんだん苦痛になります。
    毎朝するわけですから、費やす労力はかなりのものです。
    メイクを、作業と考えると、わくわくした気持ちがそがれます。

  18. 専門用語を使うことで、化粧販売員は、本気になる。

    私はメイクの勉強のため、化粧品売り場に行くことがあります。
    最近のメイクの動向を知りたいからです。
    時には、化粧販売員に質問することもあります。

  19. 自分の眉の毛並みを、知っていますか。

    「輪郭はきれいに整っているのに、なぜか不自然だ」
    そう思う原因は、毛並みかもしれません。
    ブローライナーで眉を描くとき、単に輪郭をなぞるだけでは不十分です。

  20. 切るか、抜くか、剃るか。
    眉毛の手入れをする2つのルール。

    眉毛の手入れには、3種類あります。
    「切る」「抜く」「剃る」です。
    抜くほうが楽だったり、はさみのほうが使いやすかったりなど、個人差はあるでしょう。

  21. ペンシルとパウダーの両方を使い分けると、眉はもっと美しく仕上がる。

    眉をメイクするとき、ペンシルで描くタイプですか。
    パウダーで描くタイプですか。
    眉を描くとき、1つのアイテムだけで仕上げることもできます。

  22. ノーズシャドーは、ブロウライナーの最後の一工夫で、実現できる。

    ブロウライナーには、眉を描く正しい順番があります。
    正しくは、眉山から眉尻にかけて描いた後、眉山から眉頭にかけて仕上げます。
    手と眉がかぶらないので、眉の全体を確認しながらラインを引けます。

  23. 明るいアイシャドーは、目を大きくする。
    暗いアイシャドーは、目を小さくする。

    アイシャドーの色について、押さえておきたい基本的な法則があります。
    アイシャドーを入れようとするとき、最初に想像するのは、グラデーションより色ではないでしょうか。
    青い色には清潔なイメージがあったり、赤いアイシャドウには温かい印象などがあったりしますね。

  24. モテる女性は、アイシャドーに、季節感を取り入れる。

    男性からモテるアイシャドーは、季節によって変わるのをご存知ですか。
    「私のアイシャドーはピンクのみ」
    もちろんお気に入りの色を1つに絞るのもいいでしょう。

  25. アイシャドーとネイルの統一感は、さりげなく印象アップにつながる。

    女性の中には、メイクはもちろんのこと、ネイルをしている人も多いことでしょう。
    美しいものを見るのは、女性にとって元気の源です。
    美しく整った指先を見ていると、元気が出てきますね。

  26. 2色のチークを使えば、美しさのレベルがさらに上がる。

    基本的にチークは、1色で仕上げるのが一般的です。
    もちろん1色のチークでもきれいに決まりますが、さらにメイクの美しさをワンランクアップさせたければ、もう一色加えます。
    「メインのチーク」と「つなぎのチーク」の2色を使います。

  27. 粉っぽいメイクの悩みは、フィニッシングブラシ1本で、解決できる。

    フェイスパウダーでメイクをした後、顔に余分な粉が残ってしまうことがあります。
    特に外で日光に当たったとき、粉が顔に浮いているのがよく分かり、見苦しい。
    急に老けたように見えてしまい、残念な結果になります。

  28. リップペンシルは、口紅ではなく、唇の色に近いものを選ぶ。

    唇の輪郭を整えるリップペンシル。
    きゅっと口角の上がった口元は、年を重ねるにつれて垂れてきます。
    リップペンシルで、唇の輪郭を微調整すれば、口元に若々しさを取り戻せます。

  29. おでこに自信があるなら、堂々と見せるほうが、美人に見える。

    おでこに、自信がありますか。
    もし、つるつるしたきれいなおでこなら、前髪で隠すより、大胆に見せることをおすすめします。
    おでこは、大胆に見せたほうが、知的な美人に見えるからです。

  30. メイクをしない決断が必要になることもある。

    顔のすべてのパーツに、メイクをしようとする女性がいます。
    いわゆる、フルメイクです。
    すべてのパーツをメイクすれば、間違いなく美しくなるだろうと思います。

同じカテゴリーの作品