メイク

メイクの疑問が解決する
30のアドバイス

  • メイクの世界は、
    奥が深い。
メイクの疑問が解決する30のアドバイス

もくじ
  1. メイクの世界は、奥が深い。

    「なぜ男なのに、メイクに詳しいの?」
    そう思われる読者もいるのではないでしょうか。
     

  2. 流行に流されない、メイクの絶対的な定番は?

    メイクは、流行によって、左右されます。
    一昔前に流行したメイクを見て、違和感があるのではないでしょうか。
    「なぜこんなメイクが人気だったの?」と。

  3. 10代でメイクは、早すぎますか。

    10代で、メイクデビューは決して早くありません。
    美意識に早く目覚めるのは、いいことです。
    女性として美を意識するのに、早すぎることはありません。

  4. 初めてメイクします。
    まず何から始めればいいですか。

    人にもよりますが、初めてメイクを意識するのは、10代中ごろか後半あたりでしょう。
    学生でまだ早いとは思うものの、やはりメイクが気になり始める年ごろです。
    「もっと美しくなりたい」

  5. 日焼け止めと化粧下地。
    どちらを先に塗ればいいの?

    日焼け止めを先に塗るべきか、化粧下地を先に塗るべきか迷うことがあります。
    どちらを先に塗るべきでしょうか。
    正解は、日焼け止めからです。

  6. 紫外線防止効果のあるファンデーションを使えば、日焼け止めは塗らなくていいの?

    化粧品の中には、日焼け対策をうたった化粧品があります。
    「SPF30」や「PA++」と表示されたファンデーションやフェイスパウダーを見たことがあるのではないでしょうか。
    メイクもできて、紫外線も防止できるなら、一石二鳥です。

  7. リキッドタイプとパウダータイプの紫外線防止効果は、同一ではない。

    夏の大敵と言えば、紫外線です。
    化粧品の中には、紫外線を防止する効果のあるものもあります。
    夏場には、紫外線を意識した化粧品を選ぶ人も多いことでしょう。

  8. 化粧下地とファンデーションはそっくりに感じる。
    化粧下地は本当に必要なの?

    ファンデーションを塗る前は、下地を塗るのが一般的です。
    メイクに慣れてしばらく経つと、下地に対する疑問が浮かんできます。
    「化粧下地とファンデーションは、そっくりだ」

  9. 服につくから、ファンデーションは首に塗らなくてもいいの?

    ファンデーションを塗るべきかどうかで悩むのが、首です。
    あなたは首にもきちんとファンデーションを塗るタイプですか。
    顔にファンデーションを塗るのは当然ですが、首については、人によって意見が分かれるところです。

  10. リキッドタイプのファンデーションは、混ぜて使ってもいいの?

    化粧品売り場で、なかなかイメージに合うファンデーションが見つからないことがあります。
    「ほかの色を混ぜれば、ちょうどいい色になるのにな」
    そう思ったとき、疑問に浮かぶのは、混ぜてもいいのか。

  11. リキッドタイプのファンデーションは、手を使うべきか?スポンジを使うべきか?

    リキッドタイプのファンデーションを塗る際、大きく分けて、2種類の塗り方があります。
    「手を使う方法」と「スポンジを使う方法」です。
    人によって、意見が分かれるところです。

  12. フェイスパウダーで使う、パフとブラシの使い分けは?

    フェイスパウダーは、便利な化粧品です。
    小さな粒子が光を拡散させる効果のため、毛穴を隠し、つやのある肌に美しく見せることができます。
    そのうえ、パウダーは汗や皮脂を吸収するため、メイクの崩れを防ぐ効果があります。

  13. ハイライトとシェーディングの順番は?

    ハイライトとシェーディング。
    ハイライトは、光によって立体感を出します。
    シェーディングは、影によって立体感を出します。

  14. 「ボリュームを出すマスカラ」と「長さを出すマスカラ」。
    重ねるときの順番は?

    「まつげにボリュームを出したいし、長さも出したい」
    マスカラでは、ボリュームと長さを同時に出したいとき、2種類のマスカラを重ねて使うことがあります。
    ふと、疑問に思うのが使う順番です。

  15. 海外旅行先で化粧品を購入するとき、気をつけることはありますか。

    交通手段が発達するとともに、海外旅行をする機会も増えました。
    海外旅行で、現地の化粧品を購入する話も、よく耳にします。
    「せっかく海外に来たのだから、現地でしか買えない化粧品を買おう」

  16. なぜ、化粧品売り場の専門販売がしたメイクは、崩れにくいのか。

    「この違いは何?」
    自分でしたメイクはすぐ崩れてしまいます。
     

  17. メイクで肌に自然なつやを出すときは、どうすればいいの?

    若々しい肌は、つやがあります。
    若いころは肌のきめが細かいので鏡のように光を反射します。
    年を重ねるにつれて、肌の若々しさが失われます。

  18. 化粧品のブランドは、統一したほうがいい?

    数多くの化粧品を見ていると、異なるメーカーから化粧品がたくさん出ています。
    化粧品を品定めしているとき、ふと、浮かぶ疑問があります。
    「異なるメーカーの化粧品を、ばらばらに使ってもいいのだろうか」

  19. フェイスパウダー、ルースパウダー、プレストパウダー。
    それぞれの違いとは。

    化粧品売り場を眺めていると、言葉の意味が分からず、混乱したことはありませんか。
    「フェイスパウダー、ルースパウダー、プレストパウダー」
    特に、この3つはそっくりの言葉で、意味の違いがよく分かりません。

  20. ハイライトはCゾーンに入れると言われた。
    Cゾーンはどの部分?

    目元を明るくさせるハイライト。
    「Cゾーンにハイライトを入れると、目元が明るくなりますよ」
    化粧品売り場のビューティー・アドバイザーと話をしている最中、ときどき専門用語が出てくることがあります。

  21. 似たり寄ったりのチークとハイライト。
    どちらを先につければいいの?

    チークとハイライトは、どことなく似ています。
    どちらも、顔に立体感や明るさを与える役目は同じです。
    そのため、使う順番も適当に考えている女性も多いのではないでしょうか。

  22. メイクブラシの交換時期がよく分からない。
    どこを目安に判断すればいいの?

    ファンデーションは、なくなれば、取り換えます。
    なくなれば、使おうにも使えなくなるため、取り換えなければなりません。
    粉や液体などは、残りの量が目に見えるため、取り換え時期が分かります。

  23. メイクブラシの寿命を延ばす、2つのポイント。

    メイクブラシは、使い方が悪いと、すぐダメになります。
    当たり前だと思っている使い方が、いつの間にか、ブラシを痛めていることもあります。
    よくありがちな、2つの大きな落とし穴があります。

  24. 上手にメイクブラシを洗うときの、5つのポイント。

    メイクブラシを使えば、汚れます。
    メイクブラシの汚れは、部屋の掃除とは少し違います。
    顔に何度も触れているうちに、皮脂がブラシの毛先につき、弾力が悪くなるのです。

  25. リップライナーは、口紅の前に使うの?後に使うの?

    唇の輪郭を整える、リップライナー。
    自分には不要と思う女性が多いのですが、一度使い慣れてしまうと、効果にやみつきになります。
    曖昧なリップラインを引き締めたり、垂れ下がった口角を整えたりできる便利さに、手放せない女性も多いようです。

  26. アイライナーには、ペンシルタイプとリキッドタイプがある。
    使い方に違いはあるの?

    アイライナーは、アイラインを入れるための化粧品です。
    アイライナーは、大きく分けて、2種類があります。
    「ペンシルタイプ」と「リキッドタイプ」です。

  27. アイシャドーを入れるまぶたにも、ファンデーションを塗ったほうがいいの?

    一般的に、ファンデーションはまぶたにも塗ります。
    まぶたにもファンデーションを塗ることで、顔全体の色や質感が統一されます。
    判断に迷うのは、アイシャドーを重ねる場合です。

  28. アイシャドーのブラシとチップを使い分ける基準は?

    「ブラシでアイシャドー」と書かれているものもあれば「チップでアイシャドー」と書かれているものもあります。
    アイシャドーを上手に決めるためには、どちらがいいのでしょうか。
    ブラシとチップには、目的に応じた使い分けがあります。

  29. 目の下や眉の下など、繊細な部分のメイク直しはどうすればいい?

    朝はばっちりメイクが整っていても、時間が経つにつれ、だんだんメイクが崩れてきます。
    一般的にメイク直しは、スポンジに乳液を浸してやり直します。
    水を使わず、乳液を使うのがポイントです。

  30. 眉の手入れは、毎日したほうがいいの?

    眉は、顔の印象を決める最も重要なパーツの1つです。
    それだけに、眉が少しでも伸びたりはみ出したりしていると、顔の印象に影響します。
     

同じカテゴリーの作品