メイク

より美しく見せるメイクの
30の上級テクニック

  • メイクの研究を、
    雑誌だけの勉強で、
    満足しない。
より美しく見せるメイクの30の上級テクニック

もくじ
  1. メイクの研究を、雑誌だけの勉強で、満足しない。

    「メイクの勉強は、雑誌でしかしたことがない」
    そういう女性は、ぜひ、専門誌による本格的な勉強をおすすめします。
    つくづく思います。

  2. メイク前の顔のマッサージで、メイクの乗りがよくなる。

    プロのメイクアップアーティストは、いきなりメイクを始めません。
    必ず最初は、顔のマッサージから入ります。
    「顔のマッサージとメイクに、何の関係があるの?」

  3. コンシーラーを使う順番は、ファンデーションの種類によって、変わる。

    肌の欠点を隠すコンシーラー。
    コンシーラーは欠点を隠す都合上、クリームタイプが一般的です。
    コンシーラーには、使う順番が大切です。

  4. リキッドタイプのファンデーションなら、簡単に機能を追加できる。

    異なる2種類のリキッドタイプのファンデーションは、混ぜて使えます。
    どちらも肌につけるのが前提ですから、混ぜることによるトラブルはないと考えていいでしょう。
    異なる色を組み合わせることで、好みの中間色を出しやすくなります。

  5. 指先でメイクをするとき、人差し指は、使わない。

    テレビで、メイクの番組を見ているとき「おや」と思った光景がありました。
    出演者に、プロのメイクを施し、顔の印象を一変させる番組でした。
    プロのメイクアップアーティストは、真剣な顔つきです。

  6. 自己満足のメイクが、必ずしもきれいとは限らない。

    ある日、女友達と会うと、すごい顔をしていました。
    言い方は失礼ですが、パンダなのです。
    動物園から逃げてきたのかと思いました。

  7. 肌の欠点を完璧に隠さないほうが、かえって美しく仕上がる。

    肌のトラブルを隠そうと、コンシーラーで必死に隠す人がいます。
    このとき、顔と鏡の距離はどうなっていますか。
    「肌の欠点が完璧に、隠れているだろうか」

  8. 本当にメイクがうまい人は、メイク時間を調整できる。

    メイクは、時間をかけた分だけ、結果に表れます。
    5分で終わるメイクは、5分なりの結果です。
    30分なら30分なりの結果です。

  9. コンパクトケースに付属のブラシは、使わない。

    購入した化粧品に付属のブラシがついていれば、深く考えることなく、使ってしまいます。
    コンパクトケースに付属のブラシは、それとなく「専用」である印象を受けます。
    使ったほうが、よりきれいにメイクができるような気がします。

  10. まつげが取れやすい人が、ビューラーを使うときのアドバイス。

    突然ですが、化粧台周りを確認してみましょう。
    まつげが落ちていませんか。
    ビューラーを使ったとき、自然と落ちたものだろうと思います。

  11. ビューラーとホットビューラーを使い分けると、より美しいまつげに仕上がる。

    まつげは、短いから手入れが簡単なのではありません。
    短いからこそ、逆に手入れが大変です。
    単にまつげを上げるだけなら、ビューラーのみで、何とかなります。

  12. アイメイクが自然とうまくなる、手鏡の上手な持ち方。

    基本的に目元のメイクは、手鏡を使うのが基本です。
    目元は繊細ですから、手鏡を使って目元を間近で見ながらのほうが、細かいところまでうまくメイクができるのです。
     

  13. マスカラは、ただ上下に塗らない。

    マスカラを塗るとき、あなたはどのような塗り方をしていますか。
    上まつげは、上に向けて塗る。
    下まつげは、下に塗る。

  14. メガネをかける人は、強調される目元に注意する。

    メガネは、視力を矯正するだけでなく、目元を強調させる効果もあります。
    メガネをかけると、ずいぶん雰囲気が変わります。
    メガネは、おしゃれの一部です。

  15. 眉間のうぶ毛は、そるのではなく、あえて抜く。

    うぶ毛の処理と言えば、かみそりを使うのが一般的です。
    うぶ毛は細く短く、顔の広範囲であるため、かみそりを使うと便利ですね。
    かみそりでうぶ毛を処理した後、顔色が明るくなった経験はありませんか。

  16. 眉をくっきり仕上げつつ眉間はすっきり見せる、プロの技。

    眉毛の生え方は、個人差があります。
    個人差はあるものの、やはり眉頭の毛の生え方は、ぼんやりしている人が多いことでしょう。
    ぼんやりした眉頭はシャープな印象に欠け、自分のイメージに合わないことがあります。

  17. 下まつげは、2段階で塗ると、きれいに決まる。

    下まつげのマスカラは、簡単なようで難しい。
    下まつげは、短くて細く、塗りにくい。
    無理につけようとすると、まぶたに接触して、つい汚してしまいやすいのです。

  18. 小顔に見せるチークのシェーディング・テクニック。

    「顔を小さく見せたい!」
    そう思ったら「シェーディング」というテクニックを試してみましょう。
    シェーディングとは、その名のとおり、顔に影を作るテクニックのことです。

  19. 指先で塗るメイクは、力加減が大切。

    メイクは、すべてパフやブラシを使うばかりではありません。
    指先を使ってするメイクもあります。
     

  20. 目を際立たせる上級テクニック。
    インサイドラインとは。

    目を際立たせる方法の1つとして「インサイドライン」というメイクテクニックがあります。
    インサイドラインとは、上まつげが生えている部分より、さらに内側に入れるアイラインのことを言います。
    つまり、まつげと眼球の間の粘膜部分に入れるアイラインです。

  21. 眉のメイクが決まりやすく、崩れにくくさせる一工夫。

    「眉のメイクが決まりにくい。崩れやすい」という悩みがあります。
    原因は、眉のメイクそのものより、化粧下地やファンデーションです。
    先に塗っている化粧下地やファンデーションが邪魔になるため、眉を整えるとき、発色や持ちを悪くさせる原因になるのです。

  22. 自分の顔を見続けていると、目の感性がだんだん鈍くなる。

    青空に雲があれば、しばらくじっと見続けてみましょう。
    10秒ほど見続けた後、別のところに視線を移すと、驚きます。
    目に雲の像が、しばらく残り続けているのです。

  23. 「ぼんやり」と「くっきり」を両立させる、アイシャドーの上級テクニック。

    ちょっと変わったアイシャドーのテクニックをご紹介します。
    万人向けのメイクではありませんが、アイシャドーのグラデーションを残しつつ、くっきり見せるテクニックです。
    まずファンデーションを、スポンジに含ませます。

  24. 面長と丸顔で使い分ける、バランスのいいチークの入れ方。

    チークを入れるとき、何か意識していることはありますか。
    「え? 頬の辺りに、丸く入れるだけなんだけど」
    何となく適当に、チークを円状に描いている女性も多いのではないでしょうか。

  25. チークは、入れ方を2段階にすれば、崩れにくくできる。

    「チークが崩れやすいなあ」
    皮脂の分泌が多い体質の人は、メイクが崩れやすくて悩みます。
    ファンデーションなら、メイクが多少崩れても、対処ができます。

  26. あなたの日常には、表情筋を鍛える習慣がありますか。

    美しい女性には、きゅっと引き締まったフェイスラインがあります。
    表情筋を鍛えることで、口角が垂れ下がるのを防いだり、フェイスラインを引き締めたりする効果があります。
    あなたの日常には、表情筋を鍛える習慣がありますか。

  27. チークブラシの一手間が、優しい仕上がりにつながる。

    「チークがどうしても濃くなってしまう。なぜかしら?」
    そういう女性は、チークの付け方に問題があるのではないでしょうか。
    ブラシにチークをつけた後、いきなり頬につけていませんか。

  28. 唇の縦のしわは、普段のリップケアが正直に反映される。

    唇は、なぜ赤いのでしょうか。
    赤い皮膚だからではありません。
    血の色が透けて見えるからです。

  29. リップライナーを使わない、きゅっと引き締まり、ふっくらした唇を作る方法。

    唇をふっくらさせると言っても、いろいろな方法があります。
    リップライナーで唇の輪郭を少しはみ出す方法が、一般的です。
     

  30. メイクブラシを持ち歩くのが面倒。
    そこで女が試される。

    ある女性と一緒にお茶をしていたとき、話の流れから「持ち物チェック」の話題になりました。
    テレビ番組の中には、抜き打ちで、出演者の持ち物をチェックするイベントがあります。
    「あの芸能人は、どういう持ち物を持っているのだろうか」

同じカテゴリーの作品