まとめ
(さりげなく美人に見えてくる30のメイク法則)
さりげなく美人に見えてくる30のメイク法則

  • バランスの取れたメイクをする。
  • 顔全体のバランスを、考える。
  • 他人のためではなく、自分のために、メイクをする。
  • 元気がないときこそ、メイクをして、ポジティブになる。
  • 状況によって、適したメイクを心がける。
  • 場所によっては、ほくろを目立たせるメイクをする。
  • 普通の肌色の人はゴールドベージュを選び、色白の肌の人はパールホワイトを選ぶ。
  • ビューラーは、持つ手を動かすより、顔を動かす。
  • ビューラーを買うときには、まぶたのカーブにあったビューラーを選ぶ。
  • アイラインは、目尻から描き始める。
  • 綿棒でアイラインを引く。
  • バランスが悪いと感じたとき「手を加えるほど不自然か」と問いかけて、次のステップを判断する。
  • 生理の日は、青ざめた顔を補うメイクをする。
  • 友人からの評判は信じ切らず、自分の肌で確かめてから購入する。
  • 目の下に、1センチくらいの幅でラメ入りのパステルピンクのアイシャドーを入れる。
  • 眉のメイクに、手を抜かないようにする。
  • 画家になって絵を描くイメージで、メイクを始める。
  • わざと、専門用語を使って、質問する。
  • 眉の毛並みを意識しながら、輪郭を描く。
  • 眉のラインからはみ出た毛は切って、ラインより外に生えている毛は抜く。
  • 眉頭から眉山まではペンシルで描き、眉山から眉尻まではパウダーで描く。
  • 眉頭のパウダーを、鼻筋のくぼみにかけて、ぼかす。
  • アイシャドーは、色による膨張や縮小効果を、計算に入れておく。
  • アイシャドーに、季節感を取り入れる。
  • アイシャドーとネイルの色やトーンを、合わせる。
  • 2色のチークを使って、立体感のあるチークに仕上げる。
  • 粉っぽいメイク対策に、フィニッシングブラシを持つ。
  • リップペンシルは、口紅の色ではなく、唇の色に近いものを選ぶ。
  • おでこに自信があるなら、堂々とおでこを見せる。
  • すでに強調されているパーツは、あえてメイクを控える。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION