さりげなく美人に見えてくる
30のメイク法則

30
5

メイクをしない決断が必要になることもある。

メイクをしない決断が必要になることもある。 | さりげなく美人に見えてくる30のメイク法則

顔のすべてのパーツに、メイクをしようとする女性がいます。

いわゆる、フルメイクです。

すべてのパーツをメイクすれば、間違いなく美しくなるだろうと思います。

とにかくできることをすべてやろうとする心意気は素晴らしいです。

しかし、その意気込みが必ず成就するかどうかは、場合によります。

主張の弱いところなら、メイクによって、より美しさが引き立てられるでしょう。

一重まぶたの人がアイメイクをすれば、魅力的な目元になるに違いありません。

生まれつき眉が短い人なら、眉マスカラによって、顔のバランスが整います。

しかし、場合によっては、メイクをしないほうがいい場合もあります。

すでに強調されているパーツです。

たとえば、生まれつき、まつげが濃くて長い人がいます。

そういう人は、無理にマスカラをする必要はありません。

最初から濃いまつげを余計にメイクで強調すると、まつげだけが浮いてしまいます。

一方、生まれつき、眉毛の量が多い人もいます。

眉毛の量が多いなら、眉マスカラをする必要はありません。

最初から濃いパーツにメイクをすると、強調されすぎてしまいます。

むしろ印象を弱くするため、切ったり抜いたりして、形を整えたほうがいいでしょう。

もちろんより強調して美点にするメイクもありますが、まれです。

アンバランスなメイクになりやすく、どことなく不自然に見えやすくなるのです。

する決断より、しない決断です。

自分の顔を見てみましょう。

生まれつき、強調されているパーツはありませんか。

メイクは、何でも施せばいいわけではありません。

大切なのは、バランスです。

「顔が整う」というのは「バランスが取れている」ということです。

最初から強調されているなら、その部分はあえてメイクをしない決断が、正解です。

弱いパーツは強調しつつ、すでに強調されているパーツは控えめにするのです。

全体として、うまくバランスが整うように仕上げましょう。

さりげなく美人に見えてくるメイク法則(30)
  • すでに強調されているパーツは、あえてメイクを控える。
まとめ

さりげなく美人に見えてくる30のメイク法則
さりげなく美人に見えてくる30のメイク法則

  1. 薄化粧が好きという男性の本音。
    薄化粧が好きという男性の本音。
  2. 「塗ればきれいになる」という考えから、卒業する。
    「塗ればきれいになる」という考えから、卒業する。
  3. 「他人に見られても大丈夫」という、最低限のメイクばかりになっていませんか。
    「他人に見られても大丈夫」という、最低限のメイクばかりになっていませんか。
  4. ポジティブになるからメイクをするのではない。<br>メイクをするからポジティブになる。
    ポジティブになるからメイクをするのではない。
    メイクをするからポジティブになる。
  5. メイクの技術は、仕事や恋愛に生かすことができる。
    メイクの技術は、仕事や恋愛に生かすことができる。
  6. ほくろの場所によっては、隠すのではなく、わざと目立たせるほうがいいこともある。
    ほくろの場所によっては、隠すのではなく、わざと目立たせるほうがいいこともある。
  7. 光を与えるハイライトは、少し明るめがちょうどいい。
    光を与えるハイライトは、少し明るめがちょうどいい。
  8. ビューラーを持った手を動かすのは、失敗のもと。
    ビューラーを持った手を動かすのは、失敗のもと。
  9. 品質や評判より大切なビューラー選びのポイント。
    品質や評判より大切なビューラー選びのポイント。
  10. アイラインを目頭から描き始めるのは、難しい。
    アイラインを目頭から描き始めるのは、難しい。
  11. ペンシルタイプのアイラインをぼかす、最も簡単な方法。
    ペンシルタイプのアイラインをぼかす、最も簡単な方法。
  12. なぜ、いつの間にか厚化粧をしてしまうのか。
    なぜ、いつの間にか厚化粧をしてしまうのか。
  13. 生理による顔色の変化に、気づいていますか。
    生理による顔色の変化に、気づいていますか。
  14. 女性の肌は、本当に忙しい。
    女性の肌は、本当に忙しい。
  15. 瞳がきらきら輝く、メイクテクニック。
    瞳がきらきら輝く、メイクテクニック。
  16. メイクで一番印象を決めるのは、目ではなく、実は眉。
    メイクで一番印象を決めるのは、目ではなく、実は眉。
  17. 「遊び心」は、メイクを上達させるキーワード。
    「遊び心」は、メイクを上達させるキーワード。
  18. 専門用語を使うことで、化粧販売員は、本気になる。
    専門用語を使うことで、化粧販売員は、本気になる。
  19. 自分の眉の毛並みを、知っていますか。
    自分の眉の毛並みを、知っていますか。
  20. 切るか、抜くか、剃るか。<br>眉毛の手入れをする2つのルール。
    切るか、抜くか、剃るか。
    眉毛の手入れをする2つのルール。
  21. ペンシルとパウダーの両方を使い分けると、眉はもっと美しく仕上がる。
    ペンシルとパウダーの両方を使い分けると、眉はもっと美しく仕上がる。
  22. ノーズシャドーは、ブロウライナーの最後の一工夫で、実現できる。
    ノーズシャドーは、ブロウライナーの最後の一工夫で、実現できる。
  23. 明るいアイシャドーは、目を大きくする。<br>暗いアイシャドーは、目を小さくする。
    明るいアイシャドーは、目を大きくする。
    暗いアイシャドーは、目を小さくする。
  24. モテる女性は、アイシャドーに、季節感を取り入れる。
    モテる女性は、アイシャドーに、季節感を取り入れる。
  25. アイシャドーとネイルの統一感は、さりげなく印象アップにつながる。
    アイシャドーとネイルの統一感は、さりげなく印象アップにつながる。
  26. 2色のチークを使えば、美しさのレベルがさらに上がる。
    2色のチークを使えば、美しさのレベルがさらに上がる。
  27. 粉っぽいメイクの悩みは、フィニッシングブラシ1本で、解決できる。
    粉っぽいメイクの悩みは、フィニッシングブラシ1本で、解決できる。
  28. リップペンシルは、口紅ではなく、唇の色に近いものを選ぶ。
    リップペンシルは、口紅ではなく、唇の色に近いものを選ぶ。
  29. おでこに自信があるなら、堂々と見せるほうが、美人に見える。
    おでこに自信があるなら、堂々と見せるほうが、美人に見える。
  30. メイクをしない決断が必要になることもある。
    メイクをしない決断が必要になることもある。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION