健康

まとめ
(早朝の散歩習慣のすすめ)
まとめ | 早朝の散歩習慣のすすめ

  • 人類の脳の進化に、驚く。
  • 最も「歩かない時代」に直面していることに、気づく。
  • 面倒でも楽しみを考えられるよう、頭を使う。
  • 便利な乗り物を使った分、歩く習慣をつける。
  • 最初の大変な時期だけ、乗り越える。
  • 散歩をして、脳を刺激する。
  • 100歩を目安に、散歩を始める。
  • 散歩をするなら、早朝に歩く。
  • つらいことは、朝、1つにまとめる。
  • 歩数や歩幅より、背筋に意識を向けて歩く。
  • 同じ道だけでなく、たまには歩いたことのない道も歩く。
  • 運動音痴こそ、散歩を始める。
  • 植物の専門書を持って、散歩に出かける。
  • たくさんの緑があることに、気づく。
  • 適度な運動で、ナチュラルキラー細胞を活性化させる。
  • 適度な運動を、心がける。
  • 靴底を確認して、自分の歩き方を振り返る。
  • 1日に歩いた歩数より、歩き続けている日数で自慢する。
  • 落ち着きたいときはゆっくり歩き、気分を高揚させたいときは、速く歩く。
  • 規則正しくないからこそ、朝、散歩をする。
  • 散歩の習慣ができる前に、散歩用のシューズを買う。
  • 歩数計をつけて歩く。
  • 悩んだときは、たくさん歩いてストレス発散させる。
  • 歩きながら、耳で本を読む。
  • 携帯電話で話しながら、歩く。
  • 「見よう見よう」と心がけながら、歩く。
  • 雨の日こそ、散歩に出かける。
  • 元気がないときこそ、歩いて、元気を取り戻す。
  • 歩くことで骨に刺激を与え、骨を強くさせる。
  • 「いつかしよう」と思っていた散歩を、今すぐ始める。

同じカテゴリーの作品