人生を豊かにする
30の習慣

22
17

下から上を見て、
判断するのではない。
上から下を見て、
判断するのだ。

下から上を見て、判断するのではない。上から下を見て、判断するのだ。 | 人生を豊かにする30の習慣

「どうすればいいのか」

「どっちがいいのか」

「どれがいいのか」

人生の選択では「どうすればいいのか」と迷うことがあります。

選択に迷い、判断に苦しむときです。

他人に聞いてみたり、評判をうかがってみたり、という手段があります。

しかし、どんなに他人でも、あなたほどあなたのことを知っている人はいません。

「自分にはどうなのか」という質問に関しては、自分しか答えが出せません。

最終的な判断は、やはり自分しだいです。

私は仕事でも恋愛でも、相談をよく受けます。

私が答えるまでもなく、各自、自分でできる簡単な判断方法があります。

「上から下を見る」という方法です。

高いところから、低いところを見るということです。

視点を高くして考えると、物事のさまざまな真実が見えてくるようになります。

地球は低い位置だと平面にしか見えませんが、真実ではありません。

もっと高い位置に上り、宇宙まで高く上がって見ると「地球は丸い」という真実を知ることができます。

どちらが本当の答えかというと、後者の「地球は丸い」という答えです。

高い位置から見ることで、正しい真実が見えてくるのです。

目線が高くなり、鳥のように上から下を見れば、全体を把握でき、バランスを知ることができます。

どうすればいいのかわからないのは、視点が低いからです。

富士山では、麓から頂上へは、どういけばいいのかという道のりはわかりません。

しかし、頂上から麓を見れば、より適切な道のりを一瞬にして知ることができます。

高い位置からは、全体が見えるからです。

下から上へは正しい答えが出せませんが、上から下へは正しい答えが出せるのです。

低い位置だと、全体が見えず、遠くまで見えません。

しかし、視点が高くなると、より遠くが見渡せ、全体を知ることができます。

正しい判断は、上から下を見て考えるほうが、より正しい答えに近づくことになるのです。

あなたは今、視線が低くなっていませんか。

問題にぶつかり、判断に苦しむとき、高い位置から見てみましょう。

低いところにいると、遠くが見えてきません。

もっと意識を高め、視点を高くすることで、より正確な判断が下せるようになります。

人生を豊かにする習慣(22)
  • 視点を高くして考える。
いらない物を捨てると、福がやってくる。

人生を豊かにする30の習慣
人生を豊かにする30の習慣

  1. 人生とは、大きなピラミッド。<br>「行動」という小さな石(意志)から成り立っている。
    人生とは、大きなピラミッド。
    「行動」という小さな石(意志)から成り立っている。
  2. 握れば拳。<br>開けば手のひら。
    握れば拳。
    開けば手のひら。
  3. 恨みは、必ず自分に跳ね返ってくる。
    恨みは、必ず自分に跳ね返ってくる。
  4. 腹は立てない。<br>義理を立てる。
    腹は立てない。
    義理を立てる。
  5. 格言を会話の中に取り入れると、話に説得力が出る。
    格言を会話の中に取り入れると、話に説得力が出る。
  6. 記念日は、あなたと相手がより深く仲良くなるチャンス。
    記念日は、あなたと相手がより深く仲良くなるチャンス。
  7. 勉強では、学びより姿勢が大切。
    勉強では、学びより姿勢が大切。
  8. 結果をすぐ求めない。
    結果をすぐ求めない。
  9. 継続する学習こそが、成長の王道である。
    継続する学習こそが、成長の王道である。
  10. 忙しいと言う人は、本当に忙しい人ではない。<br>面倒くさいやりとりから逃げているだけである。
    忙しいと言う人は、本当に忙しい人ではない。
    面倒くさいやりとりから逃げているだけである。
  11. ごめんなさいという機会は、あなたの欠けている部分を知る機会。
    ごめんなさいという機会は、あなたの欠けている部分を知る機会。
  12. 初めて会う人とも、楽しい会話ができるようになろう。
    初めて会う人とも、楽しい会話ができるようになろう。
  13. 人違いは、出会いのきっかけ。
    人違いは、出会いのきっかけ。
  14. 早起きする人は、みんな、素晴らしい人ばかり。
    早起きする人は、みんな、素晴らしい人ばかり。
  15. ヒマワリの積極性を学ぼう。
    ヒマワリの積極性を学ぼう。
  16. 100パーセントを求める癖をやめよう。
    100パーセントを求める癖をやめよう。
  17. 「テキトウ」に考えることが、最も「適当」である。
    「テキトウ」に考えることが、最も「適当」である。
  18. 人の為(ひとのため)と書いて「偽(いつわり)」と書く。
    人の為(ひとのため)と書いて「偽(いつわり)」と書く。
  19. 自分の願望のために生きると、私利私欲の道に走ることになる。
    自分の願望のために生きると、私利私欲の道に走ることになる。
  20. むかっとしたときこそ、あなたの本性が現れる。
    むかっとしたときこそ、あなたの本性が現れる。
  21. 過去は、変えることができる。<br>今を素晴らしくすることで、過去も素晴らしくなる。
    過去は、変えることができる。
    今を素晴らしくすることで、過去も素晴らしくなる。
  22. 下から上を見て、判断するのではない。<br>上から下を見て、判断するのだ。
    下から上を見て、判断するのではない。
    上から下を見て、判断するのだ。
  23. いらない物を捨てると、福がやってくる。
    いらない物を捨てると、福がやってくる。
  24. スッピンの顔には、花がなくても、安心がある。
    スッピンの顔には、花がなくても、安心がある。
  25. 仮面をかぶって、生きていませんか。
    仮面をかぶって、生きていませんか。
  26. ためらいは、神様からの「まだ早すぎますよ」という警告。
    ためらいは、神様からの「まだ早すぎますよ」という警告。
  27. 本当の勉強とは、意識を高めることである。
    本当の勉強とは、意識を高めることである。
  28. 断り上手は、世渡り上手。
    断り上手は、世渡り上手。
  29. 前を進むときには、後ろを確認しよう。
    前を進むときには、後ろを確認しよう。
  30. 人生は、丸くなるための旅路である。
    人生は、丸くなるための旅路である。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION