執筆者:水口貴博

当たり前だけど大切な
30の日常言葉

12
13

「もっと」

「もっと」 | 当たり前だけど大切な30の日常言葉

「もっと」という言葉は、大きなパワーが込められた一言です。

しかし、使い方1つで、人を偉人にさせ、一方で人をダメにさせてしまう言葉です。

「もっと話が聞きたい」

「もっと頑張って」

「もっと欲しい」

いい響きにも、悪い響きにもなります。

「もっと」は、よい意味で使いましょう。

「もっと仕事ができるようになりたい。もっと勉強したい」という「向上心」で使うといいのです。

私も日頃から「もっと」を心がけています。

ここでとどまらないためにも、もっと前に進みたい欲求があります。

それが私にとっての精神的なエネルギーになっています。

当たり前だけど大切な日常言葉(12)
  • 「もっと」という向上を心がける。
「いいんじゃない?」

当たり前だけど大切な30の日常言葉
当たり前だけど大切な30の日常言葉

  1. 「ありがとう」
    「ありがとう」
  2. 「ごめんなさい」
    「ごめんなさい」
  3. 「お願いします」
    「お願いします」
  4. 「なるほど」
    「なるほど」
  5. 「そうだね」
    「そうだね」
  6. 「それから?」
    「それから?」
  7. 「それでいいんだよ」
    「それでいいんだよ」
  8. 「その調子!」
    「その調子!」
  9. 「大丈夫」
    「大丈夫」
  10. 「へえ」
    「へえ」
  11. 「すみません」
    「すみません」
  12. 「もっと」
    「もっと」
  13. 「いいんじゃない?」
    「いいんじゃない?」
  14. 「うん」
    「うん」
  15. 「……」
    「……」
  16. 「もし」
    「もし」
  17. 「なぜ」
    「なぜ」
  18. 「なるほど、そうだね」
    「なるほど、そうだね」
  19. 「お先にどうぞ」
    「お先にどうぞ」
  20. 「おはようございます」
    「おはようございます」
  21. 「すてきだね」
    「すてきだね」
  22. 「俺たちって」
    「俺たちって」
  23. 「あのね……」
    「あのね……」
  24. 「~だから打ち明けるんだけど」
    「~だから打ち明けるんだけど」
  25. 「本当は」
    「本当は」
  26. 「実は」
    「実は」
  27. 「似ているね」
    「似ているね」
  28. 「よし」
    「よし」
  29. 「おまじない」
    「おまじない」
  30. 「もっと早く出会いたかったね」
    「もっと早く出会いたかったね」

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION