執筆者:水口貴博

当たり前だけど大切な
30の日常言葉

26
8

「実は」

「実は」 | 当たり前だけど大切な30の日常言葉

「実は」の「実」というのは、果物の「実」のことを言います。

果物で一番おいしいところは「実」の部分です。

会話の一番おいしい部分は「実は(じつは)」と日本語では表現します。

つまり「大切なことは」という意味です。

「実はね、昨日、彼氏と喧嘩しちゃって」というふうに使うと、大切なことを強調できます。

聞く側もわかりやすく、会話が進めやすくなります。

果物でおいしい部分がないと楽しめないように、会話でもおいしい部分がないと楽しめません。

プライベートなことを無理やり告白する必要はありません。

心を開いた会話をするときに、ほのかに使えばいいのです。

当たり前だけど大切な日常言葉(26)
  • おいしい部分は「実は」と表現する。
「似ているね」

当たり前だけど大切な30の日常言葉
当たり前だけど大切な30の日常言葉

  1. 「ありがとう」
    「ありがとう」
  2. 「ごめんなさい」
    「ごめんなさい」
  3. 「お願いします」
    「お願いします」
  4. 「なるほど」
    「なるほど」
  5. 「そうだね」
    「そうだね」
  6. 「それから?」
    「それから?」
  7. 「それでいいんだよ」
    「それでいいんだよ」
  8. 「その調子!」
    「その調子!」
  9. 「大丈夫」
    「大丈夫」
  10. 「へえ」
    「へえ」
  11. 「すみません」
    「すみません」
  12. 「もっと」
    「もっと」
  13. 「いいんじゃない?」
    「いいんじゃない?」
  14. 「うん」
    「うん」
  15. 「……」
    「……」
  16. 「もし」
    「もし」
  17. 「なぜ」
    「なぜ」
  18. 「なるほど、そうだね」
    「なるほど、そうだね」
  19. 「お先にどうぞ」
    「お先にどうぞ」
  20. 「おはようございます」
    「おはようございます」
  21. 「すてきだね」
    「すてきだね」
  22. 「俺たちって」
    「俺たちって」
  23. 「あのね……」
    「あのね……」
  24. 「~だから打ち明けるんだけど」
    「~だから打ち明けるんだけど」
  25. 「本当は」
    「本当は」
  26. 「実は」
    「実は」
  27. 「似ているね」
    「似ているね」
  28. 「よし」
    「よし」
  29. 「おまじない」
    「おまじない」
  30. 「もっと早く出会いたかったね」
    「もっと早く出会いたかったね」

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION