言葉

当たり前だけど大切な
30の日常言葉

読んだ お気に入り8
17

「なぜ」

「なぜ」 | 当たり前だけど大切な30の日常言葉

「なぜ」を使うと、話の奥が深くなります。

自分に対して使ってもいいし、他人に使ってもいいでしょう。

「なぜなんですか?」と聞くと、相手はそのわけを話してくれます。

わけを話すということは、話の奥が深くなるということです。

「それなりのわけ」があることを話すことは、プライベートになっています。

相手も知らず知らずのうちに、自分のプライベートを話すことになり、知らず知らずのうちに仲良くなっています。

これは、魔法です。

私は相手と仲良くなりたいと思うときに、さりげなく「なぜ」と聞くことにしています。

この「さりげなく」が重要です。

相手に負担をかけては、単なるセクハラになるため、軽くさりげなく聞くことが大切です。

さりげなく聞くと、さりげなく答えてくれます。

次第に仲良くなります。

ゆっくり仲良くなればいいのです。

負担のかからないお付き合いは、長続きします。

まとめ

当たり前だけど大切な日常言葉 その17
  • さりげなく「なぜ」を使って、仲良くなる。
「なるほど、そうだね」

もくじ
当たり前だけど大切な30の日常言葉
「なぜ」 | 当たり前だけど大切な30の日常言葉

  1. 「ありがとう」
  2. 「ごめんなさい」
  3. 「お願いします」
  4. 「なるほど」
  5. 「そうだね」
  6. 「それから?」
  7. 「それでいいんだよ」
  8. 「その調子!」
  9. 「大丈夫」
  10. 「へえ」
  11. 「すみません」
  12. 「もっと」
  13. 「いいんじゃない?」
  14. 「うん」
  15. 「……」
  16. 「もし」
  17. 「なぜ」
  18. 「なるほど、そうだね」
  19. 「お先にどうぞ」
  20. 「おはようございます」
  21. 「すてきだね」
  22. 「俺たちって」
  23. 「あのね……」
  24. 「~だから打ち明けるんだけど」
  25. 「本当は」
  26. 「実は」
  27. 「似ているね」
  28. 「よし」
  29. 「おまじない」
  30. 「もっと早く出会いたかったね」

同じカテゴリーの作品