人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
出会い
心の扉は、まず自分から開けよう。
人付き合い
男性から「女性」として意識させる方法。
自分磨き
尊敬される人は、包容力がある。
生き方
好きなことをしていると、心が老いることはない。
心の健康
ぼうっとしていたからこそ、潜在意識が表面化する。
心の健康
勝ち負けより、楽しさを意識するほうがいい。

空気めるになる
30方法

お気に入り23 読んだ
13

「自分られているという意識
れていませんか

「自分は見られている」という意識、忘れていませんか。 | 空気が読める人になる30の方法

気を読むために必要なことは「見られている」という意識です。

見られているということが意識できると、生活のあらゆる面において、空気が自然と読める人になれます。

  • 廊下の歩き方
  • 食事の食べ方
  • 電話の対応の仕方
  • 友達との話し方
  • 会議中の態度
  • トイレでの振る舞い

自分はいつも誰かに見られている感覚を持つと、自然と背筋が伸びてきます。

恥ずかしく思われたくないからです。

見られている意識が、恥ずかしく思われたくない意識に変わり、自分で自分を振り返ることができるようになります。

見られている感覚は、人間に品を与え、成長させるのです。

この感性が抜けてしまうと、オヤジと化してしまいます。

オヤジは「自分が見られている」という感性が抜けているため、だらだらになっています。

自分が恥ずかしいことをしても、それにすら気づいていません。

だから品が抜け、成長どころか、退化しているのです。

  • 「誰も見てないからいいや」

そのように思うことはありませんか。

誰も見てないからいいやと思ってしてしまう行動が、あなたをオヤジにさせてしまうのです。

気をつけましょう。

空気が読める人になる方法 その13

  • 「自分られているということを、
    意識して行動する
話し合いでは、空気が命。

もくじ
(空気が読める人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品