空気が読める人になる
30の方法

8
29

いきなり話しかけない。
クッション言葉から入ろう。

いきなり話しかけない。クッション言葉から入ろう。 | 空気が読める人になる30の方法

空気が読めない人は、用事があるときに、いきなり話しかけます。

相手の状況などは見ず、自分の用事があるから、突然相手に話しかけようとします。

この「いきなりさ」が空気を壊してしまうのです。

もしかしたら、相手は考えている途中かもしれませんし、仕事の途中、勉強の最中、物思いにふけっている途中かもしれません。

そんなときに「あのさ。この前の話だけど」と突然用件を話し始められると「えっ、なになに?」と、相手は驚いてしまいます。

中には「挨拶もなしに、突然話しかけないで」と、いら立つ人もいるでしょう。

いきなり話しかけることは、空気を壊してしまう行為です。

いきなり話しかけてはマナー違反です。

では、こういうときにはどうすればいいのでしょうか。

空気を大切にするためには、クッション言葉から入るのです。

自分の用事を話し始める前に、相手の状態を気遣って「クッション言葉」から入ります。

「お忙しいところ、恐れ入ります」

「今、ちょっといいですか」

「今、お時間、大丈夫ですか」

「おはようございます。ちょっとお話があるのですが」

「お疲れ様です。今、お忙しいですか」

どうでしょうか。

いきなり用件を話しかけられることに比べれば、いくぶん柔らかい入り方になりましたね。

挨拶を兼ねて、柔らかくクッションのように話しかけると、相手も話を受け入れやすくなります。

クッション言葉は、空気を大切にする言葉です。

相手の状態を見ながら、できるだけ空気を壊さないように話しかけましょう。

空気が読める人になる方法(8)
  • クッション言葉を使って、話しかける。
言いたいことがあっても、言いにくい雰囲気では発言できなくなる。

空気が読める人になる30の方法
空気が読める人になる30の方法

  1. 空気が読めないと、いつの間にか人に迷惑をかけてしまう。
    空気が読めないと、いつの間にか人に迷惑をかけてしまう。
  2. 男性が年を取れば「紳士」と「オヤジ」の2とおりにわかれる。
    男性が年を取れば「紳士」と「オヤジ」の2とおりにわかれる。
  3. 声の大きさを調整できるようになろう。
    声の大きさを調整できるようになろう。
  4. 言葉のオウム返しを、習慣にしよう。
    言葉のオウム返しを、習慣にしよう。
  5. 携帯の着信音は、雰囲気を壊しやすいと心得る。
    携帯の着信音は、雰囲気を壊しやすいと心得る。
  6. 遠慮は、しないほうがいい。
    遠慮は、しないほうがいい。
  7. 遅刻によって、空気が壊れる。
    遅刻によって、空気が壊れる。
  8. いきなり話しかけない。<br>クッション言葉から入ろう。
    いきなり話しかけない。
    クッション言葉から入ろう。
  9. 言いたいことがあっても、言いにくい雰囲気では発言できなくなる。
    言いたいことがあっても、言いにくい雰囲気では発言できなくなる。
  10. 1回の話が長いと、空気が悪くなる。
    1回の話が長いと、空気が悪くなる。
  11. 初対面では、すぐ年齢を聞かないこと。
    初対面では、すぐ年齢を聞かないこと。
  12. ポケットに手を入れ、足組みをしながら話をしないこと。
    ポケットに手を入れ、足組みをしながら話をしないこと。
  13. 「自分は見られている」という意識、忘れていませんか。
    「自分は見られている」という意識、忘れていませんか。
  14. 話し合いでは、空気が命。
    話し合いでは、空気が命。
  15. 真剣に学びたい習い事ほど、1人で参加しよう。
    真剣に学びたい習い事ほど、1人で参加しよう。
  16. 食べきれない食事を食べろと強要すると、空気が悪くなる。
    食べきれない食事を食べろと強要すると、空気が悪くなる。
  17. 相手の表情には、無言のメッセージが含まれる。
    相手の表情には、無言のメッセージが含まれる。
  18. アルコールが飲めないからとはいえ、拒否をしない。
    アルコールが飲めないからとはいえ、拒否をしない。
  19. ひそひそ話を、大声で話さない。
    ひそひそ話を、大声で話さない。
  20. 披露宴では、早めに到着すると、たくさんの得がある。
    披露宴では、早めに到着すると、たくさんの得がある。
  21. 「早くして!」せかしすぎると、余計に遅くなる。
    「早くして!」せかしすぎると、余計に遅くなる。
  22. 携帯電話の魔法にかかってしまうと、周りが見えなくなってしまう。
    携帯電話の魔法にかかってしまうと、周りが見えなくなってしまう。
  23. はじめの一声があるかないかによって、空気が決まる。
    はじめの一声があるかないかによって、空気が決まる。
  24. 自慢話をすると、空気が悪くなる。<br>失敗談を話すと、空気がよくなる。
    自慢話をすると、空気が悪くなる。
    失敗談を話すと、空気がよくなる。
  25. オヤジはいつでもどこでもネクタイを緩める。
    オヤジはいつでもどこでもネクタイを緩める。
  26. 濡らした洗面台を、きれいにしてから出よう。
    濡らした洗面台を、きれいにしてから出よう。
  27. 忙しくなればなるほど、空気が読めなくなる。
    忙しくなればなるほど、空気が読めなくなる。
  28. 「尊敬=説教」と、勘違いをしない。
    「尊敬=説教」と、勘違いをしない。
  29. 喫煙者に、もの申す!タバコを吸わない人のこと、考えていますか。
    喫煙者に、もの申す!タバコを吸わない人のこと、考えていますか。
  30. モテる人は、お手伝いというプレゼントをする。
    モテる人は、お手伝いというプレゼントをする。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION