人生の教科書



スキル
自分で自分を、変えることはできない。
ファッション
能力の向上より、意識の向上のほうが大切。
投資

お金を使って心も豊かにする
30の方法

お気に入り27 読んだ
8

隠せば隠すほど、
お金はどんどんと減っていく。

隠せば隠すほど、お金はどんどんと減っていく。 | お金を使って心も豊かにする30の方法

多くの場合、人は「隠すため」にお金を使っています。

何をかくすのかというと「弱み」や「コンプレックス」です。

あなたも、心当たりがありませんか。

  • かっこつけるため
  • 弱みを見せないため
  • 優位になるため
  • 見栄を張るため
  • 肩書を手に入れるため
  • コンプレックスを隠すため
  • 寂しい心の穴を埋めるため

一戸建てを購入することも、ブランドを買いあさることも、携帯電話に執着していることも、弱みを隠すためにしていることです。

楽しむためにしているのではなく、弱みを見せないよう虚勢のためにお金を使っているわけです。

こういうことにお金を使っている人は、お金を無駄に使ってしまいます。

知らない間にどんどんとお金が減っていき、貯金もありませんが、楽しみもありません。

余計に物が増えるため、たくさんの執着が生まれ、さらに精神的な自由が失われる悪循環になるのです。

弱みを他人に知られたくないからと、自分の価値が上がるような物を買い、身につけ、価値が上がったような錯覚を起こします。

自分の弱みがなくなってしまったかのように感じるでしょう。

 

しかし、実際は蓋をしているだけであって、何も改善されていないのです。

これは、心が豊かになるようなお金の使い方ではありません。

改善がなく、隠すためにお金を使っているからです。

 

では、そもそもの自分の弱みとコンプレックスを改善させるための方法はないのでしょうか。

思いきって、公開していけばいいのです。

隠そうとすればするほど「見られたくない」という執着が強くなり、余計に悪循環へと陥っていきます。

ですが、開き直って、公開をして見せた瞬間から、弱みではなくなります。

弱みとコンプレックスは「自分だけの特徴」と考え方を変えることで、突然弱みどころか強みへと変えることができるのです。

弱みはそもそも、考え方を変えるだけで一瞬にして強みへと変えることができるのです。

出っ歯で知られている久本雅美さんは、自分の歯を弱みと考えるどころか、強みと考えています。

隠そうとするのではなく、見せようとしています。

それが彼女のチャームポイントとなり、今テレビで活躍することができているのです。

芸能界では彼女しかできないことですから、人気者になっています。

視力がいい人には、視力が悪い人の光景や苦労が分かりません。

それは弱みと考えるのではなく、強みと考えればいいのです。

視力が悪い人には、その人しか分からない世界が広がっているということです。

身長が低い人にはそれなりの苦労がありますが、その人しか味わえない世界です。

身長が高い人にもそれなりの苦労がありますが、それもその人しか味わえない世界です。

一見弱みと思えるようなことも、生かし方を変えることで、一瞬にして弱みを強みへと変えることができるのです。

強みに変えることは、難しいことではありません。

隠すことではなく、開き直って見せていくだけでいいのです。

これが、本当の改善ということです。

くさい物ほど蓋をするのではなく、出していくことが大切なのです。

まとめ

お金を使って心も豊かにする方法 その8
  • 弱みは、隠すのではなく、見せていく。
次のページ >>
新しいものにお金をかけるのではなく、メンテナンスにお金をかける。

もくじ
(お金を使って心も豊かにする30の方法)

同じカテゴリーの作品