投資

お金を使って心も豊かにする
30の方法

読んだ お気に入り18
20

お金を使って楽しければ、
損をしても得に変わる。

お金を使って楽しければ、損をしても得に変わる。 | お金を使って心も豊かにする30の方法

「楽しいこと」のためにお金を使うと、人生が好循環に回るようになります。

楽しいことなら、痛みやつらさといった苦痛さえも快感であり、成長へと変えていくことができるようになるからです。

楽しいことには、利益損得という計算はまったくありません。

得するからやっているわけではなく、単に楽しいからやっているため、損をしても楽しいことには変わりありません。

楽しいことをやっていれば、時には失敗や痛みやつらさといった苦痛も当然出てくることでしょう。

ですが楽しいがゆえに「なるほど」→「勉強になる」→「次からはこうしよう」というステップを踏むことができるようになります。

失敗が、体験として蓄積され、成長へと変わるのです。

これが成長するということです。

楽しいことをやっていれば、心が豊かになるだけでなく、負けすらも成長へと変えていく一石二鳥の効果があります。

楽しいことをやっていれば、人生が好循環に回るようになるのです。

うまくいってもいかなくても、勝っても負けても、とにかくすべてが成長だからです。

私は今、HappyLifeStyleを運営し、自分が楽しんでいます。

 

たしかに多少お金のかかる面もあります。

時にはクレームなどによって、厳しいコメントを頂くこともあります。

 

しかし、これが好きなことだから「なるほど」と素直に受け止めることができるようになります。

もっと上手になりたいからこそ「この失敗を生かそう」と思ってしまうのです。

「思おう」としているのではなく「思ってしまう」ことがポイントです。

これは好きで楽しいからこそ、自然にできることです。

もし嫌いなことをいやいややっていれば、ささいな失敗で「もうやめた自分にはできない」と弱音を吐いてしまうでしょう。

好きでもなく楽しくもないことは、最初から続かないのです。

本当の成長は、楽しいことの中にあります。

お金は、楽しいことのために使うことが、心の豊かにつながるのです。

まとめ

お金を使って心も豊かにする方法 その20
  • 楽しいことをして、成功も失敗も、すべて成長に変える。
こだわりにお金を使うことが、心の豊かさにつながる。

もくじ
お金を使って心も豊かにする30の方法
お金を使って楽しければ、損をしても得に変わる。 | お金を使って心も豊かにする30の方法

  1. 心を豊かにするためにお金を使おう。
  2. もしものときには、お金を使いたくても使えない状態になっている。
  3. お金は、自分磨きのために使おう。
  4. お金は時間と余裕を作るために、使う。
  5. 自由を手に入れるつもりで、かえって不自由が増えないか。
  6. 所有することにお金を使うのではない。
    手放すことにお金を使うのだ。
  7. 幸せは、どれだけ心を楽しんでいるかで計る。
    決してお金が基準ではない。
  8. 隠せば隠すほど、お金はどんどんと減っていく。
  9. 新しいものにお金をかけるのではなく、メンテナンスにお金をかける。
  10. プラスアルファの発想。
    もっと素晴らしいものになるようにお金を使う。
  11. 我慢が付きまとうことは、長続きしない。
  12. 自分磨きには、お金を惜しまないこと。
  13. 自分が楽しむために、お金を使うだけでいい。
  14. 新しい出会いにばかりお金をかけない。
    今の人間関係を深めるためにお金を使う。
  15. あなたに足りないものは、お金ではない。
    やりたいことなのだ。
  16. やりたいことを見つけるために、お金を使う。
  17. おいしい食事は、心も体も健康にしてくれる。
  18. 好きな人とのコミュニケーションは、電話よりデートにお金をかける。
  19. 損得で決めるのではない。
    楽しいかどうかで決める。
  20. お金を使って楽しければ、損をしても得に変わる。
  21. こだわりにお金を使うことが、心の豊かさにつながる。
  22. お金はあなたの家来。
    あなたが動かさなければ、動いてくれない。
  23. 今は「所有をしない豊かさ」の時代。
  24. 心地よい睡眠に、お金をかけてもいい。
  25. おすそ分けをすれば、人間関係も自然に深まる。
  26. 文化のある物を、実際に使ってみる。
  27. 物によって、ライフスタイルを向上させよう。
  28. お金を使わなければ、リッチになれない。
  29. テレビの中の人物は、あなたの友達ではない。
  30. 心の豊かさの基本は、親との関係にある。

同じカテゴリーの作品