若いうちにやっておくべき
30のこと

7
44

幸せな死の瞬間から遡って、
今、
どうすればいいのかを考えることが大切。

幸せな死の瞬間から遡って、今、どうすればいいのかを考えることが大切。 | 若いうちにやっておくべき30のこと

目標と目的は、似たような意味を持ちながら、別物です。

目的が最後のゴールとすれば、目標はその前に立ちはだかるたくさんのハードルです。

1つハードルをクリアすれば、また次のハードルがあります。

次々とハードルをクリアしていくことは、目標を達成していくことです。

小さなハードルでも、それを乗り越えれば確実に最終的なゴールである目的に近づけます。

走っている本人がしっかりゴール(目的)を意識し、そこに正しく近づくために目の前のハードルを乗り越えているからです。

ゴールを意識せずに、ただやみくもに走っていたのでは、いつまで経ってもゴールへとたどり着けません。

人生も同じです。

あなたが今、目標を飛び越える前に、まず向かうべきゴールを設定しなくてはなりません。

進む前に、進む方法を定め、この目標は本当に目的に近づいているのかをいま一度見直してみる必要があります。

あなたにとっての人生の目的とは何でしょうか。

あなたにとっての人生の目的とは「幸せな人生」を指します。

私だけでなく、世界共通、みんなの願いです。

では、幸せな人生を決める決定的なポイントは、どこにあるのでしょうか。

それが「死の瞬間」です。

人生の最終地点とは死の瞬間であり、その瞬間から逆に遡って「今」を考えていく必要があります。

「いい人生だった。よい人間関係に恵まれ、自分の人生は幸せそのものだった」

人間は誰でも死の瞬間に思い残すことなく、この世を去りたいと思います。

死の瞬間に自分の人生を振り返り、本当によい人生だったのかどうかを判断します。

幸せだったかどうかを判断するのは「死の瞬間」にわかることなのです。

「若いころから死を考えるなんて、縁起が悪い」

そんな声が聞こえてきそうですが、そんなことを言う人は今しか考えていない視野の狭い人です。

視野が広い人は、自分はいずれ最後は死ぬこともわかっていて、それを視野に入れた上で今を生きています。

若かろうが大人でも、いずれにせよ最後には死ぬことは曲げようのない事実なのです。

すべての人は、人生の最終地点として、死の瞬間から考える必要があります。

ほとんどの人が「今→死」の順番で、人生を設計しようとします。

しかし、本当の幸せな人生設計は「死→今」というふうに、死の瞬間から今に遡り、考えていく必要があるのです。

今現在から未来を考えるのではなく、未来から今現在を反対方向で見ていくのです。

未来とはいつのことを指すのかというと、すなわち死の瞬間です。

死の瞬間に、心から喜べる人生だったと思えるような人生を、死の瞬間から逆算して今を作っていく必要があるのです。

よい人生を考えるには、今現在から考えません。

今現在のことばかりにとらわれていると、目の前の欲ややるべきことを間違えたりしてしまいます。

見栄を張って一軒家を買ったあげく、何十年ものローンの返済に苦しむ未来になる。

肩書や地位を追いかけて仕事をした結果、健康を崩し、入院してしまう未来になってしまう。

既婚であるにもかかわらず、不倫をして、家族崩壊という未来につながってしまう。

今を中心に見るということは、人間でいう「主観的」になっているという状態です。

周りが見えなくなり、正しい判断が自分ですら、わからなくなります。

しかし、未来から今を見ると「客観的」になれます。

これは未来の幸せにつながるのかどうかが、わかるようになります。

大胆ですが、あなたの人生の最終地点は、死の瞬間です。

死の瞬間から今を考えていると「これは自分の幸せにつながる道ではない」と、客観的に判断ができるようになります。

死の瞬間を視野に入れて考えることが大切です。

この世から去る瞬間に「何て幸せな人生だったのだろう」と心から思える人生を送れるような人生設計をするのです。

若いうちにやっておくべきこと(7)
  • 幸せな死の瞬間から遡って、今、どうすればいいのかを考える。
祖父と祖母のいる当たり前の日常を、経験しておく。

若いうちにやっておくべき30のこと
若いうちにやっておくべき30のこと

  1. 若い時期だからこそ、できることがある。
    若い時期だからこそ、できることがある。
  2. 若いうちなら、失敗も許される。
    若いうちなら、失敗も許される。
  3. 三日坊主で、自分を知る。
    三日坊主で、自分を知る。
  4. 好きなことを知れば、迷うことはなくなる。
    好きなことを知れば、迷うことはなくなる。
  5. 好きなことをたくさんして、得意なことに変えてしまう。
    好きなことをたくさんして、得意なことに変えてしまう。
  6. 好きなことをやって、エネルギーを技に変えよう。
    好きなことをやって、エネルギーを技に変えよう。
  7. 幸せな死の瞬間から遡って、今、どうすればいいのかを考えることが大切。
    幸せな死の瞬間から遡って、今、どうすればいいのかを考えることが大切。
  8. 祖父と祖母のいる当たり前の日常を、経験しておく。
    祖父と祖母のいる当たり前の日常を、経験しておく。
  9. 勉強そのものより、勉強の仕方を学ぶ。
    勉強そのものより、勉強の仕方を学ぶ。
  10. 親しい仲の友人を作っておく。
    親しい仲の友人を作っておく。
  11. 自分が中心で世界が回っている……わけではない。
    自分が中心で世界が回っている……わけではない。
  12. 嫌いなことを、好きなことに変えるという努力をする。
    嫌いなことを、好きなことに変えるという努力をする。
  13. 厳しくつらいことは嫌なこと……というわけでもない。
    厳しくつらいことは嫌なこと……というわけでもない。
  14. 人と同じようにする努力は、自分をなくしてしまう努力になる。
    人と同じようにする努力は、自分をなくしてしまう努力になる。
  15. 好きなことばかりやっていていい。
    好きなことばかりやっていていい。
  16. 若いうちに、自分磨きを精いっぱいしておくこと。
    若いうちに、自分磨きを精いっぱいしておくこと。
  17. 「どっちでもいい」という答え方を卒業する。
    「どっちでもいい」という答え方を卒業する。
  18. よいことも悪いことも、ずっと続くわけではないことを知る。
    よいことも悪いことも、ずっと続くわけではないことを知る。
  19. 精神的な免疫力をつけておく。
    精神的な免疫力をつけておく。
  20. 初めからうまくいくわけがないことを知る。
    初めからうまくいくわけがないことを知る。
  21. 本当のスタートは、ゼロからではない。<br>マイナスから始まるものなのだ。
    本当のスタートは、ゼロからではない。
    マイナスから始まるものなのだ。
  22. 1人の時間をたっぷり経験する。
    1人の時間をたっぷり経験する。
  23. おしゃべりばかりをやめること。
    おしゃべりばかりをやめること。
  24. 今の友人を捨てる。
    今の友人を捨てる。
  25. 一度は、ひどい地獄を経験しておく。
    一度は、ひどい地獄を経験しておく。
  26. 若いうちこそ、恥ずかしい経験をたくさんしておく。
    若いうちこそ、恥ずかしい経験をたくさんしておく。
  27. 夢への階段を踏み外さないこと。
    夢への階段を踏み外さないこと。
  28. 痛みが小さい若い時期に、お金の失敗を経験しておくこと。
    痛みが小さい若い時期に、お金の失敗を経験しておくこと。
  29. 自分探しとは、何かに近づくこと。
    自分探しとは、何かに近づくこと。
  30. 青春を満喫して、自分の根っこを広げておく。
    青春を満喫して、自分の根っこを広げておく。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION