人生に行き詰まったときの
30の言葉

30
3

いらいらしたときは、
大空に浮かぶ雲を眺めよう。
ぼんやり眺めているだけで、
心が落ち着く。

いらいらしたときは、大空に浮かぶ雲を眺めよう。ぼんやり眺めているだけで、心が落ち着く。 | 人生に行き詰まったときの30の言葉

いらいらしたときは、大空に浮かぶ雲を眺めよう

いらいらしたとき、簡単に心を静める方法があります。

大空に浮かぶ雲を眺めましょう。

美しい青を背景に、白い雲が浮かんでいるでしょう。

自然が生み出した感動的な光景です。

ぼんやり眺めているだけでいいのです。

ちらっと見るのではありません。

じっくり眺め、堪能してください。

大空の光景が視界いっぱいに入るように眺めましょう。

眺めているときは、できるだけ頭を空っぽにするのがポイントです。

大空に浮かぶ雲には、心を落ち着かせる効果がある

しばらく眺めていると、心に変化が生まれます。

ぴりぴりしていた気持ちがだんだん静まり、落ち着いてきます。

急に時間の流れ方が穏やかに感じられます。

大空に浮かぶ雲には、心を落ち着かせる効果があります。

心の傷を癒して、リラックスを促してくれます。

ゆっくり動く雲を眺めていると、心もその動きにつられ、だんだん気持ちが落ち着いてくるのです。

大空は、私たち人類がまだ猿だったころからずっと存在しています。

大空を眺めていると、古いDNAが刺激され、懐かしい気持ちにしてくれます。

太古から存在する光景を、今でも肉眼で見ることができるのは感慨深いものがあります。

大空に浮かぶ雲そのものが「巨大なお守り」

私たちの頭の上には、心強い味方がいます。

いつもあなたの上から味方が見守ってくれているのですから、これほど心強いことはありません。

大空に浮かぶ雲そのものが「巨大なお守り」と言ってもいいでしょう。

いらいらしているときに限りません。

怒りや不安、落ち込みや悲しみを感じたときも同じです。

嫌なことがあって心がすさんでいるときも、大空に浮かぶ雲を眺めましょう。

また精神的ストレスを軽減させる効果も抜群です。

ぼんやり眺めているだけでいいのですから、これほど簡単なことはありません。

大空に浮かぶ雲を眺めていると、どんな心も心が落ち着くのです。

人生に行き詰まったときの言葉(30)
  • いらいらしたときは、大空に浮かぶ雲を眺めて、心を落ち着かせる。
まとめ

人生に行き詰まったときの30の言葉
人生に行き詰まったときの30の言葉

  1. あなたの失敗は、ちょっと転んだだけのこと。<br>また起き上がって歩き始めればいい。
    あなたの失敗は、ちょっと転んだだけのこと。
    また起き上がって歩き始めればいい。
  2. 壁にぶつかったときは、こうつぶやこう。<br>「これだから人生は面白い」
    壁にぶつかったときは、こうつぶやこう。
    「これだから人生は面白い」
  3. 不可能の壁に当たったら、人生のターニングポイントにする。
    不可能の壁に当たったら、人生のターニングポイントにする。
  4. 文句を我慢しても、精神衛生上よくない。<br>限度を超えた迷惑は、きちんと言ったほうがいい。
    文句を我慢しても、精神衛生上よくない。
    限度を超えた迷惑は、きちんと言ったほうがいい。
  5. 外に出たくない日もあっていい。<br>家にいないとできないことを楽しめばいい。
    外に出たくない日もあっていい。
    家にいないとできないことを楽しめばいい。
  6. 「楽しまなければいけない」と思うと、逆に楽しめない。<br>「楽しもう」と思うと、スムーズに楽しめる。
    「楽しまなければいけない」と思うと、逆に楽しめない。
    「楽しもう」と思うと、スムーズに楽しめる。
  7. 付き合いが長くなるにつれて、相手のことを見なくなっていませんか。
    付き合いが長くなるにつれて、相手のことを見なくなっていませんか。
  8. 「ダメかもしれない」と考えたところで、いいことは1つもない。
    「ダメかもしれない」と考えたところで、いいことは1つもない。
  9. 時には誰かに甘えることもあっていい。<br>強がってばかりでは、心や体が持たない。
    時には誰かに甘えることもあっていい。
    強がってばかりでは、心や体が持たない。
  10. トラブルが起こったら、こう叫ぼう。<br>「ナイス、トラブル!」
    トラブルが起こったら、こう叫ぼう。
    「ナイス、トラブル!」
  11. 「驚いたら負け」と思っている人は、楽しい人生を送れない。
    「驚いたら負け」と思っている人は、楽しい人生を送れない。
  12. 仲直りは、まず心の中で「ごめんなさい」と謝ることから始まる。
    仲直りは、まず心の中で「ごめんなさい」と謝ることから始まる。
  13. いらいらしたときは、とにかく歩こう。<br>歩いた距離に比例して、気持ちが静まってくる。
    いらいらしたときは、とにかく歩こう。
    歩いた距離に比例して、気持ちが静まってくる。
  14. 人に挨拶することは、人生に挨拶すること。<br>人に明るく声をかければ、運気が高まる。
    人に挨拶することは、人生に挨拶すること。
    人に明るく声をかければ、運気が高まる。
  15. 人のトラブルを、すべて自戒にする一言。<br>「自分も人のことは言えない」
    人のトラブルを、すべて自戒にする一言。
    「自分も人のことは言えない」
  16. ごみを拾えば拾うほど、心がきれいになって運もよくなる。<br>ごみを拾うだけで、あなたは神様になれる。
    ごみを拾えば拾うほど、心がきれいになって運もよくなる。
    ごみを拾うだけで、あなたは神様になれる。
  17. アクシデントが起こったら、今まで一番つらかったことを思い出そう。
    アクシデントが起こったら、今まで一番つらかったことを思い出そう。
  18. 勧められたことは、すぐ試さないと、意味がない。
    勧められたことは、すぐ試さないと、意味がない。
  19. ブルーになったら、ブルーを見よう。<br>不思議と心が落ち着くだろう。
    ブルーになったら、ブルーを見よう。
    不思議と心が落ち着くだろう。
  20. 不機嫌を認めないから、なかなか不機嫌が直らない。<br>素直に不機嫌を認めたほうが、早く機嫌が直る。
    不機嫌を認めないから、なかなか不機嫌が直らない。
    素直に不機嫌を認めたほうが、早く機嫌が直る。
  21. 勉強のときだけ、吸収を意識するのではない。<br>体験のときも、意識すると吸収力が高まる。
    勉強のときだけ、吸収を意識するのではない。
    体験のときも、意識すると吸収力が高まる。
  22. 逃げ切れないとわかったら、真っ向から立ち向かえ。
    逃げ切れないとわかったら、真っ向から立ち向かえ。
  23. 「大丈夫。<br>こんなに空が青いのだから」と言うだけで、前向きになれる。
    「大丈夫。
    こんなに空が青いのだから」と言うだけで、前向きになれる。
  24. お金を使ったとき「消えたね」と思わないこと。
    お金を使ったとき「消えたね」と思わないこと。
  25. 安易なアドバイスなら、最初からしないほうがいい。
    安易なアドバイスなら、最初からしないほうがいい。
  26. 頭の働きが悪くなったときは、肩と首を回すだけでいい。
    頭の働きが悪くなったときは、肩と首を回すだけでいい。
  27. 人生は、ちょっとの差で変わる。<br>「もうちょっとだけ頑張ろう」を繰り返そう。
    人生は、ちょっとの差で変わる。
    「もうちょっとだけ頑張ろう」を繰り返そう。
  28. 周りの期待に応えすぎると、疲れる。
    周りの期待に応えすぎると、疲れる。
  29. できなくて諦めているのではない。<br>ほとんどの人は、やる前から諦めている。
    できなくて諦めているのではない。
    ほとんどの人は、やる前から諦めている。
  30. いらいらしたときは、大空に浮かぶ雲を眺めよう。<br>ぼんやり眺めているだけで、心が落ち着く。
    いらいらしたときは、大空に浮かぶ雲を眺めよう。
    ぼんやり眺めているだけで、心が落ち着く。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION