仕事効率化

仕事ができる人とできない人の
30の違い

5
11

仕事ができない人は、
お金をかけないで学ぼうとする。
仕事ができる人は、
お金をかけて学ぼうとする。

仕事ができない人は、お金をかけないで学ぼうとする。仕事ができる人は、お金をかけて学ぼうとする。 | 仕事ができる人とできない人の30の違い

勉強にお金をかけるかどうか。

ここが学びの分かれ道です。

同じ情報が得られるなら、有料より無料のほうがよいと考えがちですが、状況によります。

無料にこだわると、勉強の効率を下げる場合があります。

特に本気で学びたい気持ちがあるなら、積極的にお金を出すほうがいいでしょう。

仕事ができない人は、お金をかけないで学ぼうとします。

 

たとえば、図書館を利用すれば、ただで本を借りたり読めたりします。

無料の講座や勉強会、無償配布の情報誌、インターネットからの情報収集でも、勉強は可能です。

もちろん無料で学ぶのはいいのですが、なかなか身につきません。

頭のどこかに「どうせ無料だから」という安易な気持ちがあります。

経済的な痛みがないので「元を取ってやる」「しっかり吸収しよう」「必ず身につける」という必死さが足りません。

学ぶ量が多い割に吸収力が弱く、なかなか身についてくれないのです。

仕事ができる人は、お金をかけて学ぼうとします。

同じことを学ぶにしても、無料より有料を選びます。

読みたい本があれば、身銭を切って読みます。

学びたい講座があれば、お金を払って受講します。

成功者によるセミナーや勉強会があれば、参加料が高くても、会いに行こうとします。

とりわけ仕事に関係する最新情報や重要情報には、お金を払ってでも手に入れようとします。

お金を払うと経済的な痛みが伴うので、本気になれます。

「必ず元を取るぞ」という熱意と意欲が自然と高まり、学びの効率がよくなります。

同じ本を読むにしても、人に借りて読むのと買って読むのとでは、吸収力が違います。

やはり本を買って読むほうが、吸収力が強い。

お金はかかりますが、吸収力の向上に役立っていると思えば、支払う価値はあるでしょう。

お金を払って学ぶほうが身につきやすく、短期的に急成長ができます。

無料が常によいとは限りません。

時にはしっかりお金をかけて学ぼうとすることも大切です。

仕事ができる人とできない人の違い(11)
  • お金をかけて学ぶ。
仕事ができない人は、ぎりぎりで行動する癖がある。
仕事ができる人は、余裕を持って行動する習慣がある。

もくじ
仕事ができる人とできない人の30の違い
仕事ができない人は、お金をかけないで学ぼうとする。仕事ができる人は、お金をかけて学ぼうとする。 | 仕事ができる人とできない人の30の違い

  1. 仕事ができない人は、外見に無頓着。<br>仕事ができる人は、お金と手間暇をかけて外見を磨く。
    仕事ができない人は、外見に無頓着。
    仕事ができる人は、お金と手間暇をかけて外見を磨く。
  2. 仕事ができない人は、名刺をズボンのポケットから取り出す。<br>仕事ができる人は、名刺入れから取り出す。
    仕事ができない人は、名刺をズボンのポケットから取り出す。
    仕事ができる人は、名刺入れから取り出す。
  3. 仕事ができない人は、誰とでも名刺交換をする。<br>仕事ができる人は、必要な人物に絞って名刺交換をする。
    仕事ができない人は、誰とでも名刺交換をする。
    仕事ができる人は、必要な人物に絞って名刺交換をする。
  4. 仕事ができない人は、真似を全否定する。<br>仕事ができる人は、参考として積極的に真似をする。
    仕事ができない人は、真似を全否定する。
    仕事ができる人は、参考として積極的に真似をする。
  5. 仕事ができない人は、目標を高く設定して、途中で挫折する。<br>仕事ができる人は、目標を低く設定して、達成感で突っ走る。
    仕事ができない人は、目標を高く設定して、途中で挫折する。
    仕事ができる人は、目標を低く設定して、達成感で突っ走る。
  6. 仕事ができない人は、目標が抽象的。<br>仕事ができる人は、目標が具体的。
    仕事ができない人は、目標が抽象的。
    仕事ができる人は、目標が具体的。
  7. 仕事ができない人は、仕事の意味や目的に興味関心がない。<br>仕事ができる人は、仕事の意味や目的を意識している。
    仕事ができない人は、仕事の意味や目的に興味関心がない。
    仕事ができる人は、仕事の意味や目的を意識している。
  8. 仕事ができない人は、午後から調子を上げる。<br>仕事ができる人は、午前から調子を上げる。
    仕事ができない人は、午後から調子を上げる。
    仕事ができる人は、午前から調子を上げる。
  9. 仕事ができない人は、上司に聞かれてから報告・相談・連絡をする。<br>仕事ができる人は、上司から聞かれる前に報告・相談・連絡をする。
    仕事ができない人は、上司に聞かれてから報告・相談・連絡をする。
    仕事ができる人は、上司から聞かれる前に報告・相談・連絡をする。
  10. 仕事ができない人は、経緯・言い訳から話し始める。<br>仕事ができる人は、結果・結論から話し始める。
    仕事ができない人は、経緯・言い訳から話し始める。
    仕事ができる人は、結果・結論から話し始める。
  11. 仕事ができない人は、お金をかけないで学ぼうとする。<br>仕事ができる人は、お金をかけて学ぼうとする。
    仕事ができない人は、お金をかけないで学ぼうとする。
    仕事ができる人は、お金をかけて学ぼうとする。
  12. 仕事ができない人は、ぎりぎりで行動する癖がある。<br>仕事ができる人は、余裕を持って行動する習慣がある。
    仕事ができない人は、ぎりぎりで行動する癖がある。
    仕事ができる人は、余裕を持って行動する習慣がある。
  13. 仕事ができない人は、着手が遅く、ぎりぎりに終わらせる。<br>仕事ができる人は、着手が早く、早めに終わらせる。
    仕事ができない人は、着手が遅く、ぎりぎりに終わらせる。
    仕事ができる人は、着手が早く、早めに終わらせる。
  14. 仕事ができない人は、だらだらしながら仕事をするのが好き。<br>仕事ができる人は、集中して仕事をするのが好き。
    仕事ができない人は、だらだらしながら仕事をするのが好き。
    仕事ができる人は、集中して仕事をするのが好き。
  15. 仕事ができない人は、集中ができなくて諦める。<br>仕事ができる人は、集中できない理由を考えて、環境を整える。
    仕事ができない人は、集中ができなくて諦める。
    仕事ができる人は、集中できない理由を考えて、環境を整える。
  16. 仕事ができない人は、予定変更の際、後ろ倒しにする。<br>仕事ができる人は、前倒しにする。
    仕事ができない人は、予定変更の際、後ろ倒しにする。
    仕事ができる人は、前倒しにする。
  17. 仕事ができない人は、一生懸命仕事をしているふりをする。<br>仕事ができる人は、本当に一生懸命仕事をしている。
    仕事ができない人は、一生懸命仕事をしているふりをする。
    仕事ができる人は、本当に一生懸命仕事をしている。
  18. 仕事ができない人は、しなければいけないことを考え、押しつぶされる。<br>仕事ができる人は、しなくていいことを考え、効率化を図る。
    仕事ができない人は、しなければいけないことを考え、押しつぶされる。
    仕事ができる人は、しなくていいことを考え、効率化を図る。
  19. 仕事ができない人は、家族を犠牲にしながら仕事をする。<br>仕事ができる人は、家族を大切にしながら仕事をする。
    仕事ができない人は、家族を犠牲にしながら仕事をする。
    仕事ができる人は、家族を大切にしながら仕事をする。
  20. 仕事ができない人は、完成してから提出する。<br>仕事ができる人は、試作段階で仮提出する。
    仕事ができない人は、完成してから提出する。
    仕事ができる人は、試作段階で仮提出する。
  21. 仕事ができない人は、難しい課題から逃げる。<br>仕事ができる人は、難しい課題だからこそ挑戦する。
    仕事ができない人は、難しい課題から逃げる。
    仕事ができる人は、難しい課題だからこそ挑戦する。
  22. 仕事ができない人は、意地でも1人でやり遂げようとする。<br>仕事ができる人は、限界を感じたら、潔く人に手伝ってもらう。
    仕事ができない人は、意地でも1人でやり遂げようとする。
    仕事ができる人は、限界を感じたら、潔く人に手伝ってもらう。
  23. 仕事ができない人は、不明点があっても、恥ずかしくて質問しない。<br>仕事ができる人は、恥を覚悟の上、勇気を出して質問する。
    仕事ができない人は、不明点があっても、恥ずかしくて質問しない。
    仕事ができる人は、恥を覚悟の上、勇気を出して質問する。
  24. 仕事ができない人は、困ったときに頼れる人がいない。<br>仕事ができる人は、頼りになる相談役がいる。
    仕事ができない人は、困ったときに頼れる人がいない。
    仕事ができる人は、頼りになる相談役がいる。
  25. 仕事ができない人は「睡眠は仕事を怠けているのと同じ」と考えている。<br>仕事ができる人は「睡眠も仕事の一環」と考えている。
    仕事ができない人は「睡眠は仕事を怠けているのと同じ」と考えている。
    仕事ができる人は「睡眠も仕事の一環」と考えている。
  26. 仕事ができない人は「変化したくない」と思っている。<br>仕事ができる人は「変化しないほうが危険」と思っている。
    仕事ができない人は「変化したくない」と思っている。
    仕事ができる人は「変化しないほうが危険」と思っている。
  27. 仕事ができない人は、ストレスを酒と食で発散させる。<br>仕事ができる人は、運動で発散させる。
    仕事ができない人は、ストレスを酒と食で発散させる。
    仕事ができる人は、運動で発散させる。
  28. 仕事ができない人は、会社に利用される。<br>仕事ができる人は、会社を利用する。
    仕事ができない人は、会社に利用される。
    仕事ができる人は、会社を利用する。
  29. 仕事ができない人は「逃げの手段」として転職をする。<br>仕事ができる人は「キャリアアップの手段」として転職をする。
    仕事ができない人は「逃げの手段」として転職をする。
    仕事ができる人は「キャリアアップの手段」として転職をする。
  30. 仕事ができない人は、途中で勉強をやめる。<br>仕事ができる人は、とにかく勉強を続ける。
    仕事ができない人は、途中で勉強をやめる。
    仕事ができる人は、とにかく勉強を続ける。

同じカテゴリーの作品