まとめ
(仕事ができる人とできない人の30の違い)
仕事ができる人とできない人の30の違い

  • お金と手間暇をかけて、外見を磨く。
  • 名刺は、ズボンのポケットなどに入れず、名刺入れに入れておく。
  • 誰とでも名刺交換をするのではなく、大切な人に絞る。
  • 仕事の真似は、全否定するのではなく、参考として受け入れる。
  • 目標は、高く設定するより低く設定する。
  • 目標は、抽象的ではなく、具体的にする。
  • 仕事の意味や目的を意識しながら、仕事をする。
  • 午後からではなく、午前から調子を上げるように工夫する。
  • 上司から聞かれる前に、報告・相談・連絡をする。
  • 報告は、経緯・言い訳より、結果・結論から話し始める。
  • お金をかけて学ぶ。
  • ぎりぎりの行動ではなく、余裕を持った行動を心がける。
  • 事情がないかぎり、できるだけ与えられた仕事は早めに終わらせる。
  • だらだらしながら仕事をする時間を減らし、集中して仕事をする時間を増やす。
  • 集中できないなら、すぐ諦めるのではなく、原因を考え、集中できる環境を整える。
  • 予定変更は、まず前倒しから検討する。
  • 一生懸命仕事をしているふりをするのではなく、本当に一生懸命仕事をする。
  • しなくていいことを考え、効率化を図る。
  • 家族を犠牲にしながら仕事をするのではなく、家族を大事にしながら仕事をする。
  • デリケートな仕事は、完成してからではなく、試作品の段階で仮提出する。
  • 難しい課題があれば、成長できる絶好のチャンスだと思って、挑戦する。
  • 限界を感じたら、恥も外聞も捨て、素直に人を頼る。
  • 不明点は、恥を覚悟の上、勇気を出して質問する。
  • 頼りになる相談役を見つけておく。
  • 「睡眠も仕事の一環」と考え、普段から十分な睡眠を心がける。
  • 世の中の変化を拒まず、楽しみながら受け入れる。
  • ストレスは、酒や食より、運動で発散させる。
  • 会社に利用されるのではなく、利用する。
  • 転職をするなら「逃げの手段」ではなく「キャリアアップの手段」として活用する。
  • 仕事に必要な知識がひととおり身についた後も、勉強を続ける。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION