失恋・別れ

まとめ
(彼氏彼女と別れたいときに考えたい30のこと)
まとめ | 彼氏彼女と別れたいときに考えたい30のこと

  • 自分にとって恋人とはどんな存在か、考えてみる。
  • つらい気持ちを、気が済むまで紙に書く。
  • 10年後の未来を想像してみる。
  • いつか訪れる別れを意識しながら、今の人間関係を大切に接していく。
  • 告白より別れ話のほうが大変であることを理解しておく。
  • 別れを受け入れることを「新しい人生を受け入れる」と考える。
  • 自己評価が低くて別れたくなったら、すぐ別れようとせず、自分磨きに励む。
  • 交際を目的化しない。
  • 別れを前提として付き合わない。
  • 風邪を引いたときの反応を見る。
  • 恋人が既婚者だと分かれば、どんな事情でも、即刻別れる。
  • 相手との同意があったなら、期間にかかわらず、お付き合いをしていたと考える。
  • カップル向けのサービスで、別れの判断を惑わされない。
  • 転勤や引っ越しくらいで別れを考えてしまったときの、自分の本音に気づく。
  • 「友達関係・恋人関係」と「夫婦関係」の2つの違いを知る。
  • 健康のために、別れを決断する。
  • 低い年収を別れの理由にするとき、自分の強い依存心の強さに気づく。
  • 自分のためのわがままは避け「相手のためのわがまま」を言う。
  • 別れのつらさが決まるポイントを知る。
  • 過去の別れ方を尋ね、相手の本当の人間性を探る。
  • 理解できなくてもいいので、理解しようとする姿勢だけは持つ。
  • 別れは、常に後味が悪いものだと思い込まず、後味のいい別れ方にしようと考える。
  • 告白のときは、電話やメールであっても、別れ話のときは、会って話すようにする。
  • 相手のためにする別れは、本当の愛と考える。
  • 別れ話を切り出す側も、傷ついていることを理解する。
  • 振られる側より振る側のほうがつらい傾向があることを理解する。
  • 1人では難しく感じたときは、素直に人の助けを求める。
  • 失恋は、成功談でもあり失敗談でもあると考える。
  • 「運命の人ではなかった」と分かっただけでも、ありがたいことだと考える。
  • 別れの場面では、振る側・振られる側に関係なく、全力を尽くす。

同じカテゴリーの作品