執筆者:水口貴博

まとめ
(別れ話で話し合いをするときの30の心得)
別れ話で話し合いをするときの30の心得

  • 別れ話は、一方的にならず、相談から入る。
  • 1回の別れ話は、90分を目安にする。
  • 別れ話にかける時間は、お付き合いの期間に応じて見積もっておく。
  • 別れ話は、早口で話すのではなく、ゆっくり話す。
  • カフェやレストランで別れ話を切り出すなら、がっつりした食事をするのは避け、軽食程度にする。
  • 別れ話では、お互いお酒を飲まない。
  • カフェインが含まれた飲み物を飲みながら、別れ話を切り出す。
  • 恋人からもらったプレゼントを別れ話のときに返却して、決意と誠意を見せる。
  • 相手を傷つけるようなことは、言わない。
  • 相手の体に触れながら別れ話をしない。
  • 別れ話には「別れる」という言葉をはっきり使う。
  • 別れ話では、余計な冗談を言わない。
  • 別れ話に、別れたときの素晴らしさを伝える。
  • 本当の理由が極めて重大な内容なら、自己責任の上、隠す方法も検討する。
  • 自分の言い分は、3分以内を目安にして、簡潔にわかりやすくまとめる。
  • 不快な過去を取り上げるなら、決定的な出来事を、1つか2つ取り上げる程度にする。
  • 同情で別れを撤回しない。
  • 別れ話を切り出すときは、弱気にならず、堂々と訴える。
  • 別れるときの理由は、嘘ではなく、正直に言う。
  • 別れを切り出す側は、できるだけ泣かないようにする。
  • 「冷めた」という理由で別れを切り出すなら、具体的な話も添えて話す。
  • 別れ話が重苦しくなって停滞したときは、一度トイレ休憩を挟む。
  • 別れ話で出てくる「わかった」という意味に注意する。
  • 相手の悪かったところを言うときは、ストレートな表現は避け、柔らかい表現で言い換える。
  • 別れ話で相手が怒ってきたときは、できるだけ反論は避け、素直に謝っておく。
  • 別れ話を保留にするときは、期限を決めておく。
  • 無言の時間を大切にする。
  • へらへら笑いながら、別れ話をしない。
  • 別れ話には、感謝も伝える。
  • 別れ話が長引いて、終電を過ぎたときは、タクシーを使う。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION