人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
生き方
10代のうちなら、お金の失敗も、いい勉強。
投資
損をしても、得を取ればいい。
人生論
学校では、お金の勉強をさせてくれない。
金銭感覚
お金は働いて得られるもの。
決してもらうものではない。

学校ではえてくれない
30のお

お気に入り8 読んだ
29

失敗いうちにさせておくこと
大人になってからのお失敗

金で失敗をして自分を責める暇があるなら、失敗から教訓を学びましょう。

お金の失敗は、誰でも必ずあります。

最初は、お金の使い方や危険性がよく分からないため、いろいろ苦しむ経験をするでしょう。

お金で友達をなくす。

お金につられて騙される。

借金でストレスを感じる。

いろいろ失敗が山ほどあることでしょう。

お金の失敗をしたことがない人は1人もいません。

 

しかしそんなとき、自分を責めて終わるのではありません。

同じ過ちが繰り返されないよう、しっかり反省することが大切です。

お金の失敗は、大人になってからのほうが痛い。

家庭があり、子供がいるような人にとってのお金の失敗は、もっと痛いのです。

できるだけ早いうちにお金に関する失敗を経験しておき、そこから使い方や知恵を学ぶことが必要です。

お金の失敗は、子供のころにしておくことが理想です。

子供のころの失敗なら、金額が小さいのでまだ取り返しがつきます。

子供の使うお金が小さな金額だからとはいえ、軽く考えないことです。

たった1万円の失敗でも、子供にとっての1万円は大きなお金です。

あなたも子供だったころ「1万円」というお金は大金に思えたのではないでしょうか。

大人になれば1万円はすぐ稼げますが、子供のころに1万円というお金は、大きなお金に感じます。

その1万円で、お金の使い方を学んだり痛みを感じたりしておくことは、将来のための大きな投資になります。

子供のころにできるだけ多くの金銭トラブルを経験しておくほうが、大人になってからの金銭トラブルが減ります。

早いうちにお金の痛みを味わうことは、学校で勉強することがないため、重要な勉強の1つです。

学校では教えてくれないお金の考え方 その29

  • 大人になるに、
    いろいろなお失敗経験して、
    勉強しておく
お金を気持ちに変えよう。
プレゼントをして感謝をすれば、もっと幸せになれる。

もくじ
(学校では教えてくれない30のお金の考え方)

同じカテゴリーの作品