同棲
同棲の9つのメリット。
生き方
好きな人は、けなすより、褒めて振り向かせる。
生き方

暗い人生に希望の光を見いだす
30の方法

読んだ お気に入り28
14

褒められる側より、
褒める側のほうがいい、
5つの理由。

褒められる側より、褒める側のほうがいい、5つの理由。 | 暗い人生に希望の光を見いだす30の方法

「褒める」と「褒められる」の、どちらがいいですか。

ほとんどの人が、褒められるほうを選ぶでしょう。

褒められると、気分がいいです。

「褒めるのは疲れるばかりではないか」と思います。

 

でも、本当は、褒める側になるほうが、はるかに得です。

褒める側には、5つもメリットがあるからです。

(メリット1)
観察力を鍛えるチャンスになる

褒めるためには、相手のことをよく見て、いいところを探さなければなりません。

大変ではありますが、自分の観察力を鍛えるチャンスになります。

(メリット2)
成長しやすい

相手のいいところを見つけたとき、真似ができるところは、どんどん真似していきましょう。

せっかく素晴らしい点に気づけたのですから、自分に取り入れるチャンスです。

いろいろな人から素晴らしい点を取り入れた分だけ、自分が魅力的になります。

(メリット3)
相手と仲良くなれる

褒めるとは、積極的に人間関係を向上させる方法です。

相手は喜んでくれるため、人間関係がよくなります。

(メリット4)
自分の印象もよくなる

人を褒めると、相手にとって印象がよくなると同時に、自分の印象もよくなります。

褒める人には、前向きで明るく、ポジティブなイメージができます。

(メリット5)
逆に褒められるようになる

人を褒めるには、鋭い観察力が必要です。

つまり、人を褒めるとは、自分の観察力をアピールする機会にもなります。

「うわっ、この人はよく見ているなあ。すごいなあ。すてきだな」と感心され、あなたに魅力を感じるようになります。

結果として、逆に褒められるようになるのです。

まとめ

暗い人生に希望の光を見いだす方法 その14
  • 褒められる側より、褒める側になる。
不得意は、放置でいい。

もくじ
暗い人生に希望の光を見いだす30の方法
褒められる側より、褒める側のほうがいい、5つの理由。 | 暗い人生に希望の光を見いだす30の方法

  1. 希望は、待つものではなく、見つけにいくもの。
  2. 暗い場所から抜け出すことが、希望を見つける第一歩。
  3. 希望は、明るい方向にある。
  4. 後回しにしている仕事を片付けると、希望が見えてくる。
  5. 力があるから行動するのではない。
    行動するから力が出てくる。
  6. 恐怖の克服は簡単。
    目をつぶればいいだけ。
  7. 人生を明るくしたければ、言葉を明るくしなければいけない。
  8. 世界のどこかに、自分と同じ状況の人は、必ずいる。
  9. 世の中には、2とおりの人しかいない。
    上向きの人と下向きの人。
  10. 恥は、大量になると、かえって気持ちよくなる。
  11. 背筋が伸びている人に、疲れている人はいない。
  12. リスクを選べるあなたは、1歩前進する。
  13. 理解できないことに出合ったときこそ、生まれ変わるチャンス。
  14. 褒められる側より、褒める側のほうがいい、5つの理由。
  15. 不得意は、放置でいい。
  16. 高すぎるハードルを乗り越える方法は、単純。
  17. とげのある言葉の、上手な受け止め方。
  18. 実は英語ができなくても、生きていける。
  19. 人生は、あっと言わせるためにある。
  20. 無駄なことをするのが、人生における、最高の贅沢。
  21. 耳をマッサージすると、いらいらした気持ちが落ち着いてくる。
  22. 自分の欠点は、スイカのタネのようなもの。
    邪魔と思いつつ、なければ物足りない。
  23. 表情を作るほど、ストレスが発散できる。
  24. 問題は、問題ではない。
    本当の問題は、焦っている自分。
  25. 普通の状態は、すでに調子がいい瞬間である。
  26. 簡単に絶望するな。
    意地でも希望を持て!
  27. 悩みは、人に話すと、楽になる。
  28. 脳は、否定を理解できない。
  29. 本当にいい思い出とは、楽しい思い出より、つらい思い出。
  30. 今日から始めると、実現が1日早くなる。
    明日から始めると、永遠に実現しない。

同じカテゴリーの作品